News

2012年5月21日(月)

リディの行く末に浪川さんがハラハラ? 『機動戦士ガンダムUC』episode 5イベント上映初日舞台あいさつをレポ!

文:電撃オンライン

 5月19日、東京・新宿にある新宿ピカデリーにてアニメ『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) episode 5 黒いユニコーン』イベント上映の初日舞台あいさつが行われた。

『機動戦士ガンダムUC』
『機動戦士ガンダムUC』 『機動戦士ガンダムUC』
『機動戦士ガンダムUC』 『機動戦士ガンダムUC』 『機動戦士ガンダムUC』

 この日の舞台あいさつには、バナージ・リンクス役の内山昂輝さん、リディ・マーセナス役の浪川大輔さん、マリーダ・クルス役の甲斐田裕子さん、そして古橋一浩監督と原作小説を執筆した福井晴敏さんが登壇。アフレコにまつわる話や先日制作が発表されたepisode 7の話などを披露した。

『機動戦士ガンダムUC』
▲左から浪川さん、内山さん、甲斐田さん、古橋監督、福井さん。

 いつものように、舞台あいさつは浪川さんが司会をする形で進行。episode 5の感想を聞かれた内山さんは「episode 4でロニが壮絶な最期を遂げて、悲しい思いにとらわれた状態で今回の話が始まったので、自分の意思で再びガンダムに乗るまでがポイントでした」と語る。特にどの部分に注目したのかというと「ブライトさんとの会話シーン。アフレコでも何度もリテイクし、時間をかけて収録しました」とアフレコを振り返った。

『機動戦士ガンダムUC』 『機動戦士ガンダムUC』

 浪川さんによると、バナージとブライトの会話シーンはかなり力を入れて作られたようで、制作スタッフも注目していたシーンだったとのこと。また浪川さんが「内山君が自然に“ガンダムに乗る”という言葉を使っていたのがいいですね」と言うと、内山さんは少し照れたように笑っていた。

『機動戦士ガンダムUC』

 続いて話の矛先が甲斐田さんに向けられる。「前回、大きな動きはあったものの出番があまりありませんでした。今回は出番が多かったので、いつも以上に気合いを入れてスタジオに入りました」と甲斐田さんがコメントすると、福井さんはマリーダの演技について「最初は感情を抜いてもらってロボットのように演じてもらったんですが、それよりも声にちゃんと抑揚はあるんだけど会話が成立しないほうが不気味かと思ってやり直してもらいました。簡単に切り替えてくれたのがすごかったですね」と甲斐田さんの演技について語っていた。

 今回見せ場が多かったリディについて話がおよぶと、浪川さんがせきを切ったようにリディの活躍(?)について語り出す。「前回(episode 4)は馬がいましたけど今回は……バナージはカッコいいし……」とちょっぴりグチっぽく言うと、内山さんが「(リディは)人間くさくていいじゃないですか」とフォロー。

『機動戦士ガンダムUC』 『機動戦士ガンダムUC』

 しかし、フォローに回ったのは内山さんのみ。浪川さんが「最後に拳銃を撃ったリディの気持ちがよくわかります……本当に悲しくなりました」と言うと、会場からは笑いが漏れ、さらに福井さんは「アニメの美形のキャラクターが白目をむくなんて……もしかしたら初めてかもしれない」と追い打ちをかけていた。

 次に感想を聞かれた古橋監督は「スタッフの皆さんが本当に優秀でした。その分またプレッシャーがかかりましたが(笑)」と笑い混じりに答えていた。そして、先日制作が発表されたepisode 7について聞かれた福井さんは「最後は1時間を超える大ボリュームになりそうですが、ファンの皆さんに「増やしただけはあったな!」と言われるようにがんばりたいと思います」とコメントした。

 ここで舞台あいさつは終了の時間に。最後は登壇者が一言ずつ今後の意気込みを語り、拍手に包まれながらステージを後にした。

●浪川大輔さん
 episode 7で完結ということで、これで本当にゴールが見えてきたな、という感じです。最後まで走りきれる気持ちになりました。僕個人の意見としましては、リディがどうなっていくのか非常に気になります。クライマックスに向けて努力いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

●甲斐田裕子さん
 前回、こうしてあいさつをさせていただいてからアっという間にepisode 5の公開を迎えたような印象です。あと1本でさびしいという思いがあったのですが2本になりました。とてもチームワークのいいキャスト陣とスタッフなので、終わりに近づいていくのが残念なところもあります。でも、このチームワークを最後のepisode 7に向けて一生懸命がんばっていきます。どうぞ楽しみに待っていてください。

●内山昂輝さん
 道のりはまだ長いと思います。シリーズを重ねるごとにバナージは大人たちに教えを受けて成長し、内山昂輝自身も成長しなければ! との思いで演じています。完結までまだまだありますが、駆け抜けていくしかないと思っています。episode 7の公開を楽しみにしていてください。

●古橋一浩監督
 早くさびしくなりたいな~と思うこともあります(笑)。そう思ってしまうくらい、とてつもない量の作業が控えています。体力が続く限りがんばりますので、どうぞよろしくお願いいたします!

●福井晴敏さん
 episode 7は、皆さんのご支援がなければ実現できなかったものです。短くなることはいくらでもありますが、長くなることはそうそうないんです。本当に皆さんの投資がまっすぐフィルムに反映されているということであります。episode 7をより手厚くするために引き続き投資をお願いします(会場笑)。今日はどうもありがとうございました。

『機動戦士ガンダムUC』 『機動戦士ガンダムUC』 『機動戦士ガンダムUC』

■『機動戦士ガンダムUC episode 5 黒いユニコーン』イベント上映概要
【上映期間】2012年5月19日~6月1日
【上映劇場】
 東京:新宿ピカデリー/TOHOシネマズ六本木ヒルズ
 神奈川:横浜ブルク13
 千葉:シネプレックス幕張
 埼玉:MOVIXさいたま
 栃木:MOVIX宇都宮
 大阪:大阪ステーションシティシネマ/なんばパークスシネマ
 京都:MOVIX京都
 愛知:ミッドランドスクエアシネマ
 福岡:福岡中洲大洋
 札幌:札幌シネマフロンティア

(C)創通・サンライズ

データ

▼『機動戦士ガンダムUC episode 5 黒いユニコーン』
■発売・販売元:バンダイビジュアル
■品番:BD BCXA-0227/DVD BCBA-3776
■発売日:2012年6月8日
■価格:BD 6,090円/DVD 5,040円(各税込)
 
■BD『機動戦士ガンダムUC episode 5 黒いユニコーン』の購入はこちら
Amazon.co.jp
 
■DVD『機動戦士ガンダムUC episode 5 黒いユニコーン』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『機動戦士ガンダムUC episode 4 重力の井戸の底で』
■発売・販売元:バンダイビジュアル
■品番:BD BCXA-0226/DVD BCBA-3775
■発売日:2011年12月2日
■価格:BD 6,090円/DVD 5,040円(各税込)
 
■BD『機動戦士ガンダムUC episode 4 重力の井戸の底で』の購入はこちら
Amazon.co.jp
 
■DVD『機動戦士ガンダムUC episode 4 重力の井戸の底で』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『機動戦士ガンダムUC episode 3 ラプラスの亡霊』
■発売・販売元:バンダイビジュアル
■品番:BD BCXA-0225/DVD BCBA-3774
■発売日:2011年4月7日
■価格:BD 6,090円/DVD 5,040円(各税込)
 
■BD『機動戦士ガンダムUC episode 3 ラプラスの亡霊』の購入はこちら
Amazon.co.jp
 
■DVD『機動戦士ガンダムUC episode 3 ラプラスの亡霊』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『機動戦士ガンダムUC episode 2 赤い彗星』
■発売・販売元:バンダイビジュアル
■品番:BD BCXA-0224/DVD BCBA-3773
■発売日:2010年11月12日
■価格:BD 6,090円/DVD 5,040円(各税込)
 
■BD『機動戦士ガンダムUC episode 2 赤い彗星』の購入はこちら
Amazon.co.jp
 
■DVD『機動戦士ガンダムUC episode 2 赤い彗星』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『機動戦士ガンダムUC episode 1 ユニコーンの日』
■発売・販売元:バンダイビジュアル
■品番:BD BCXA-0223/DVD BCBA-3772
■発売日:2010年3月12日
■価格:BD 5,040円/DVD 3,990円(各税込)
 
■BD『機動戦士ガンダムUC episode 1 ユニコーンの日』の購入はこちら
Amazon.co.jp
 
■DVD『機動戦士ガンダムUC episode 1 ユニコーンの日』の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。