News

2012年5月25日(金)

『ドラゴンズドグマ』の世界をめぐる! オープンワールドを三日三晩歩き続けたプレイインプレッションを公開【後編】

文:電撃オンライン

『ドラゴンズドグマ』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 どうも、電撃オンラインのスケルトンこと男塾先輩です!

 いよいよカプコンより発売されたPS3/Xbox 360専用ソフト『ドラゴンズドグマ』。もうすでにプレイされている方も多いかと思いますが、このプレイインプレッションも今回が最終回。最後は旅の拠点となる領都グラン・ソレンをめぐってみました。

 とにかく広くて、どこに何があるのか、どんなクエストがあるのか迷っているプレイヤーも多いかと思うので、このプレイインプレッションを参考にしていただけたら幸いです。いや、しかし、広いだろこれ……(遠い目)。



■領都グラン・ソレン到着! 広すぎて泣きそうです

 話の流れで、とりあえずグラン・ソレンの街を探索することに。街の噴水広場から、さてどこに行こうかとマップを開いた瞬間、あまりの広さにたじろぐ……。いや、領都というくらいだから、これくらいの広さは覚悟していたけど、これを1つずつ回るのは、どれくらいかかるのだろうか、というレベル。

 だがしかし! それでこそ楽しみがいがあるというもの。どんなお店やクエストが待ち受けているのかワクワクしてきたぞ(空元気)。街の人の情報で、とりあえず宿屋に行くことに。そうだね、宿屋か酒場が情報源というのは、ファンタジーRPGのつねのような気がします。噴水広場に隣接しているので、場所はわかりやすいと思います。

『ドラゴンズドグマ』 『ドラゴンズドグマ』
▲領都グラン・ソレンの噴水広場から、まずは宿屋を目指すことに。この周りに武具屋や道具屋、酒場などが集まっているので、中心的な場所と言えるだろう。
『ドラゴンズドグマ』 『ドラゴンズドグマ』
▲宿屋の主であるアッサラーム。ここで宿泊やスキルの習得、さらに転職なども行える。冒険の拠点となるだろう。

 なるほど、宿屋で転職もできるのか。ここで上位強化職や混成強化職にもなれるので、ちょっと転職してみようかな……と思うも、まずは街の探索が先。メイジになりたい気持ちを抑えつつ、教えてもらったポーンギルドへ向かうことに。

『ドラゴンズドグマ』 『ドラゴンズドグマ』
▲宿屋で話をしていないと、ここから先は通してもらえないようだ。進むとポーンギルドに到着。辺りにはポーンがたくさんいるので、ぼちぼちサポートポーンの変更でもしようかな……。

 ポーンギルドの周りには、サポートポーンがたくさんうろうろしているので、強さをチェック。そうか、サポートポーンは一緒にいてもレベルが上がらないから、自分の強さに合わせて変えていかないといけないんだな。今のレベルは11だから、レベル6のサポートポーンは変え時ということか。うーん……まだそれほど一緒にいる時間が長いわけじゃないけど、それなりに思い入れができてしまったので、別れるのがつらい。と、とりあえずポーンギルドの管理人に話を聞いてみることにしたよ!

『ドラゴンズドグマ』
▲ポーンギルドの管理人であるバーナビー。もちろんリムもあるので、ここからポーンを探すこともできる。
『ドラゴンズドグマ』 『ドラゴンズドグマ』
▲バーナビーに頼まれて、ポーンギルド地下のエヴァーフォールを調べに行くことに。でもちょっと怖いから、まずはもう少し街の探索をしてこようと思うよ!

 エヴァーフォール……怪しい気配……こ、これは、ちょっと心の準備が必要だよね! というわけで街の散策を続けます(後回し多すぎだろ)。と、このポーンギルドにももちろんリムはあるので、サポートポーンを探す時は利用することになるかと。さらに特殊なオンラインクエストなども受注できるとのこと。あと、メインポーンの教育もできます。簡単な問答をすることで、戦闘中の行動とかが変わるみたい。

『ドラゴンズドグマ』 『ドラゴンズドグマ』
▲メインポーンの教育ができるとのことなので、面談風に問答を。そんな穢れのない目で俺を見ないでくれ!

 ポーンギルドを出て、再び街の中を散策。牧場みたいなところで家畜がいたので遊んでみました。いやしかし、いろいろできるなぁ(笑)。

『ドラゴンズドグマ』 『ドラゴンズドグマ』
▲家畜を掴めるかどうか実験してたら乗れた! 小さいのは持つこともできるけど、重量に対しての警告が出るので、所持品が多い時は注意かもです。

 噴水広場に戻って、今度はお店の調査へ。この周りに主要なお店はそろっているので、アイテムや武具の買い物は便利ですね。物語が進むと、ショップの品ぞろえが変わるのかな?

『ドラゴンズドグマ』
▲一旦噴水広場まで戻ってお店などを調査。道具屋、武具屋は品ぞろえが充実しているので、お金をためて装備を整えたい……エヴァーフォールに行く前に何か買ったほうがいいような気がするが、とりあえず我慢。
『ドラゴンズドグマ』 『ドラゴンズドグマ』
▲酒場には立て看板があって、ここでクエストを受注できるようになっている。すでにいくつかのクエストが貼り出してあったので、何か受けてみようかな……。
『ドラゴンズドグマ』
▲そんなことを考えつつ、ふらふらさまよっていると、男からクエストの依頼が。こういうの、まだまだありそう。
『ドラゴンズドグマ』
▲理髪店を発見! ここで髪型や色、肌の色なども変更することができるみたい。
『ドラゴンズドグマ』 『ドラゴンズドグマ』
▲メニューは4種類。下に行くほど、いろいろな箇所を変更できるようになっている。もちろんベースの顔などを大きくいじることはできないので、あしからず。
『ドラゴンズドグマ』
▲屋根の上を移動できる。くれぐれも落ちないように気をつけたい。
『ドラゴンズドグマ』
▲入り組んだ場所を抜けたところにクズ物屋を発見。ここでは貴重なアイテムがたまに流れ着いたりするらしい。あと、贋作の見極めもしてくれるようだ。
『ドラゴンズドグマ』
▲メイソンからも依頼が。なんかいろいろ頼まれすぎてわからなくなってきたぞ……。メニューからクエストの受注状況はすぐに確認できるので、わからなくなったら確認しよう。
『ドラゴンズドグマ』
▲こちらでもまたクエストが発生。男の人が泣いているので、よほどのことがあったんでしょう。これは話を聞かないと(そしてまたクエストが増える)。

 いろいろと回ってみたけど……うーん、広い。まだ細かいところは全部回りきれてないような気がするし、クエストもまだまだありそう。扉が閉まっていて開かない家もあったので、物語が進むと入れるのかもしれないですね。さて、ぼちぼち、エヴァーフォールの探索に向かいますか。

次のページでエヴァーフォールを探索!

(C)CAPCOM CO., LTD. 2012 ALL RIGHTS RESERVED.

1 2

データ

▼『ドラゴンズドグマ』
■メーカー:カプコン
■対応機種:PS3
■ジャンル:アクション
■発売日:2012年5月24日
■希望小売価格:7,610円+税
▼『ドラゴンズドグマ』
■メーカー:カプコン
■対応機種:Xbox 360
■ジャンル:アクション
■発売日:2012年5月24日
■希望小売価格:7,610円+税
▼『ドラゴンズドグマ LIMITED EDITION』
■メーカー:カプコン
■対応機種:PS3/Xbox 360
■ジャンル:ACT
■発売日:2012年5月24日
■希望小売価格:各11,990円(税込)
※イーカプコン専売

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。