News

2012年6月4日(月)

Wii Uで世界中のリビングをつなぐ! “ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012”で岩田氏がWii Uの機能やコンセプトについて説明

文:電撃オンライン

 本日6月4日に任天堂は、インターネットプレゼンテーション“ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012”を実施。そこで公開された情報を、まとめてお届けする。

“ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012”

 “ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012”は、アメリカ・ロサンゼルスにて現地時間6月5日~7日に行われる“Electronic Entertainment Expo(E3) 2012”に先駆けて行われた。同社の取締役社長・岩田聡氏が開発中のゲームハード・Wii Uについて、直接発表した。

“ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012”

 任天堂では、2008年からWiiの後継機はどういうものになるか議論してきたという。現在世界では、同じ部屋にいるのに別々のことをしている“ALONE TOGETHER”という状況は、珍しいことではない。携帯ゲーム機やスマートフォンなど、文明の利器の発達によって生活は便利になったが、人々の暮らしていく中で、それが最適な状況ではないと、岩田氏は語った。

“ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012”

 そこで考えられたのが、Wii U GamePad(ゲームパッド)。この名称は、海外で発売されたNES(Nintendo Entertainment System)のコントローラがGamePadと呼ばれていたことに加えて、このコントローラがWii Uというゲームのコントローラであること、見た目がパッド状であることから名付けたとのこと。

“ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012” “ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012”
“ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012” “ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012” “ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012”

 昨年の“E3 2011”でコントローラを発表して以来、いろいろな意見が出たため、それらを踏まえてさまざまな変更がなされたという。スライドパッドから倒すスティックへ変更され、押し込み操作も可能となった。また、裏面もにぎりやすい形状になっている。

“ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012” “ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012” “ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012”

 左側下部には、対応カードやフィギュアを読み込む“NFC リーダー・ライター”を搭載。右側下部には、Wii Uが起動していなくてもTVの赤外線リモコンになる“TV コントロール”が用意されている。ゲームをいかに手軽に始めてもらうかを模索して、“TV コントロール”という機能を加えたという。

“ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012” “ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012” “ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012”

 タッチスクリーンに加えて、モーションセンサーやジャイロセンサーも存在する。コントローラ操作の熟練度が高い人もそうでない人も、同じラインから始められることは1つの特徴であると、岩田氏は語っていた。

“ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012” “ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012”

 また、コントローラに画面が搭載されているため、自由に場所を選ばず楽しめる。他の人がTVを使っていても、自由にどこでもゲームを楽しめることで、ゲーム熟練者が遊ぶハードとしても適しているとのことだ。

“ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012” “ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012”
“ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012” “ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012” “ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012”

 標準的な操作入力はすべて備えている上に、Wiiリモコンにヌンチャク、バランスWiiボードやWiiハンドルもそのまま使用可能。さらに、ワイヤレスで快適なゲームプレイを体験できる、Wii U PRO コントローラも用意される。

 ここで岩田氏が紹介したのは、1本のイメージ映像。Wii U GamgPadを使うことで、リビングでの新しい繋がりができるようになることは、これまでに紹介してきたこと。さらに、他の家のリビングにいる人とも繋がれるような機能を多数用意したという。

“ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012” “ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012” “ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012”
“ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012” “ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012” “ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012”

 動画の中では、ゲームに行き詰ったあるプレイヤーが登場。そこで、Wii Uの機能を使い、現在のプレイ状況をテキストでアップする。それを見た友だちから連絡が来たが、これを断り、他のユーザーにWii Uのビデオチャットで連絡することに。攻略法を聞くことで、状況を打破していた。

“ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012” “ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012”
“ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012” “ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012”

 また、Miiが多数登場して、さまざまな発言をしているという不思議な映像が公開された。これは、遊んでいる人のMiiと投稿したコメントを見られれるMiiverse(ミーバース)という新機能。MiiとUniverseを組み合わせた造語で、ゲームを終了させることなく呼び出せ、テキストなどのコミュニケーションを行える。すべてのWii UゲームはMiiverseに対応しているとのこと。

“ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012” “ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012” “ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012”
“ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012” “ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012” “ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012”

 さらにゲーム中に、直接Miiverseを表示することも可能だ。Wii U GamePadには、タッチスクリーン型のモニターがあるので、テキスト入力だけでなく、テキストを読むのも簡単に行える。また、手書きメモや表情アイコンによって、より共感しやすくなっていると、岩田氏はその魅力をアピールした。

“ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012” “ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012”

 ソーシャルウィンドウが、Wii U GamePad上に登場することで、世界中のリビングゲームが繋がる。さらに、Wii U発売直後ではないが、将来的には、3DSやPC、スマートフォンなどさまざまなハードをNINTENDO NETWORKにアクセスできるようにしたいと考えているという。

“ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012” “ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012”

 最後に岩田氏は、「Wii Uで、世界中のリビングルームが共感で繋がるWii Universeを目指していく」と力説。詳細については、任天堂カンファレンスでのプレゼンテーションで紹介するというので、楽しみにしておこう。なお、このプレゼンテーションではWii Uについてのみ紹介し、3DSについてはまた別の機会に行うとのことだ。

(C)2012 Nintendo

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。