News

2012年6月6日(水)

手元の画面だけでもしっかりと遊べる! 『New スーパーマリオブラザーズ U』プレイレポート

文:電撃オンライン

 いよいよ開幕となった“Electronic Entertainment Expo 2012(E3 2012)”。ここでは当日の任天堂カンファレンスで発表されたばかりの『New スーパーマリオブラザーズ U』のプレイレポートをお届けする。

 本作は、WiiやDSで発売されていた『New スーパーマリオブラザーズ』の続編となるソフト。オブジェクトが立体で描かれた『マリオギャラクシー』シリーズや『スーパーマリオランド 3D』とは異なり、すべて2Dで描かれている。

 Wii U版となる本作の特徴は、やはりなんといっても、Wii U ゲームパッドを使ったプレイ。Wii U ゲームパッドに映された映像と、TVに映された映像はほぼ同一のタイミングで描画されており、手元の画面を見ながら操作をしても、TVを見ながら操作をしても違和感なく操作できるのには驚いた。

▲手元のWii U ゲームパッドの画面は、これだけでも十分遊べるほど高解像度。

 今回の試遊バージョンでは、標準的なコース、アスレチックコース、夜の星のコースの3つが用意されていた。ゲーム内容については、一言でいえば“安心感”といったところ。標準的なコースでは、2Dの『マリオ』のお約束ともいえる仕掛けが満載で、このコースをプレイすれば基本的な動作はひととおり体験できる仕組みとなっていた。

▲標準的なコース。▲奈落への落下が怖いアスレチックコース。▲夜のコースのいたるところにある星は、マリオが乗ると重さで回転するので、姿勢制御が難しい。

 『スーパーマリオブラザーズ3』からの伝統ともいえる、空を飛べるアイテムがコースが始まってすぐに手に入るのもありがたい。今回のマリオは、どんぐりのようなアイテムを取ると、ムササビのように滑空をして空中で速度を制御できるようになる。その他には、ジャンプ中にコントローラ裏のZRボタンを押すことで、高く2段ジャンプできる。ただし、2段ジャンプをした後は落下速度が早くなるため、空中での制御が難しくなる。

▲2段ジャンプを使えばかなり高いところにもたどり着ける。またアスレチックステージで登場した赤い小さなヨッシーは、バルーンのように体をふくらませて一定時間浮いていられるという特性をもつ。

 伝統的な横スクロール2Dマリオとして安心感のある作りになっている本作。その他のステージも早くプレイをしてみたいところだ。(メガネ)

(C)2012 Nintendo

データ

▼『New スーパーマリオブラザーズ U』
■メーカー:任天堂
■対応機種:Wii U
■ジャンル:ACT
■発売日:2012年発売予定
■価格:未定

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。