News

2012年6月6日(水)

作業をマネジメントするおもしろさはバッチリ! Wii U『ピクミン3』を試遊してみた!!

文:電撃オンライン

 本日行われた任天堂カンファレンスで発表された、Wii U用ソフト『ピクミン3』のプレイレポートをお届けする。

 “E3 2012”の任天堂ブースでプレイできたのは、ステージ内にあるフルーツを7分間の制限時間内にどれだけホームポイント(宇宙船)に集められるかを競う“チャレンジモード”。基本的な操作はWiiリモコンとヌンチャクで行う。Wii Uゲームパッドは、タッチスクリーンにマップが表示され、“エリアのどの部分に何があるか”を簡単に把握できるようになっていた。

『ピクミン 3』
▲Wii Uゲームパッドのタッチスクリーンはこんな感じ。スクリーンに触れると、TVモニター側にマップをクローズアップして映すことができる。どのピクミンに何をさせているのか、どこにどんなフルーツがあるのか一目瞭然。
『ピクミン 3』 『ピクミン 3』
▲空中にいる敵を倒すと、今回初登場となる“ロックピクミン”をゲット! チャレンジモードでは、赤ピクミンとロックピクミンの2種類を使うことができた。
『ピクミン 3』 『ピクミン 3』
▲Cボタンで使うピクミンを切り替えられる。エリア内にあったこの障害物は、赤ピクミンを飛ばしても跳ね返されてしまうが……。▲ロックピクミンを使えば簡単に破壊可能! このようにピクミンを適材適所に配置するのが『ピクミン』シリーズの特徴となっている。

 エリア内にはがれきの山のようなものがあり、これに向かってピクミンたちを飛ばすと、宇宙船へのショートカットを作ってくれる。これに気付くかどうかで、スコアが大きく変わってくる。

 がれきの山に気付いたのが遅かったせいか、目標だったスコア1,000点には及ばず600点くらいでタイムアウトに……。とはいえ、『ピクミン』シリーズの“作業をマネジメントするおもしろさ”を、短い時間でもしっかりと味わうことができた。

(C)2012 Nintendo

データ

▼『ピクミン3』
■メーカー:任天堂
■対応機種:Wii U
■ジャンル:ACT
■発売日:未定
■価格:未定

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。