News

2012年6月6日(水)

プラチナゲームズ・神谷英樹氏が放つ新作は爽快なヒーローもの! Wii U専用ACT『Project P-100(仮題)』プレイレポ

文:電撃オンライン

 現在開催されている“Electronic Entertainment Expo(E3) 2012”の任天堂ブースに出展されていた、Wii U用ACT『Project P-100(仮題)』のプレイレポートをお届けする。

『Project P-100(仮題)』

 本作は、『ベヨネッタ』や『ヴァンキッシュ』の制作を手掛けたプラチナゲームズの最新ACTで、ディレクターは神谷英樹氏が担当。プレイヤーはヒーローユニットのリーダーとなって、襲いくる悪のロボットたちを撃退していくことになる。それでは、本作のプレイレポをお届けする。

『Project P-100(仮題)』
▲ゲームが始まるやいなや、さっそうと登場する主人公。なかなかカッコイイ。ちなみに右上の数字は、現在の時刻ではなくタイムオーバーまでの制限時間を示したもの。

 ゲームが始まると、すでに主人公キャラクターの周りには数人のヒーローが付いてきている。主人公が彼らに命令を下すことで、登場する敵にダメージを与えられる。基本技のチームアタックは、敵にダメージを与えるだけでなく、画面左上の電池のようなマークのエネルギーを蓄えられる。

『Project P-100(仮題)』
▲チームアタックで与えられるダメージはさほど大きくないが、チームアタックを当てていくことでエネルギーがためられる。これがかなり重要。

 たまったエネルギーを消費することで、“ユナイトアタック”という強力な攻撃を繰り出すことができる。ユナイトアタックは3種類あり、敵によって使い分けていくことがうまく立ち回るコツになりそうだ。

『Project P-100(仮題)』 『Project P-100(仮題)』 『Project P-100(仮題)』
▲近接距離で力を発揮する回転の速い“ユナイトハンド”。▲少し離れた敵にも届く“ユナイトソード”。▲遠距離の敵に有効な“ユナイトガン”。
『Project P-100(仮題)』
▲ユナイトアタックの選択は、Wii Uゲームパッドのスクリーン入力で決定する。円を描くように入力すればユナイトハンド、直線を描けばユナイトソード、“L”の字を描くようにすればユナイトガンを使用できる。どれも単純な記号なので、TVから目を離さずに入力できる。
『Project P-100(仮題)』 『Project P-100(仮題)』
▲ユナイトアタックは、ただ攻撃するだけでなく障害物を処理する時などにも使う。写真は、閉ざされた倉庫の扉をユナイトハンドを使って開けているところ。
『Project P-100(仮題)』
▲一般市民を助けるのもヒーローの立派な仕事。「Help!」と叫んでいる市民をヒーローたちで囲むと、困っている人たちを助けられる。……というより、新たなヒーローとして一員に迎えて戦力を増強できる。
『Project P-100(仮題)』 『Project P-100(仮題)』
▲こちらはボスキャラ。ボスキャラはヒーローたちよりも大きなやつばかり。攻撃力も大きいので、あまり攻撃を食らわないようにしたいところ。

 並んでいる間に他の人のプレイを見ていたところ、チームアタックを連打して力押しでいくこともできそうだった。しかし、ユナイトアタックを使いこなせるようになると楽しさも爽快さも倍増! さらに、ボスが投げてきた爆弾をハネ返してダメージを与える……なんてことも。見た目がカワイイだけじゃなく、しっかりと遊べる良質なアクションという印象だった。

(C)2012 Nintendo / PlatinumGames Inc.

データ

▼『Project P-100(仮題)』
■メーカー:任天堂
■対応機種:Wii U
■ジャンル:ACT
■発売日:未定
■価格:未定

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。