News

2012年6月6日(水)

任天堂の遊園地へ行ってみよう! 『NintendoLand』プレイレポート

文:電撃オンライン

 ついに開幕した“Electronic Entertainment Expo(E3) 2012”。ここでは、任天堂カンファレンスで発表されたばかりの話題作・Wii U『NintendoLand』のプレイレポートを、英語にアタフタしているカズがお届けします。

 本作は、任天堂が展開するさまざまなゲームを題材にした12種類のアトラクションがあるテーマパークに、Miiになって遊びに行くソフトです。E3会場では、5種類のアトラクションが遊べました。実際の遊園地のようにブース全体で制限時間があったため、すべてはプレイできませんでしたが、遊ぶことのできた3作品を紹介していきます。

■『DONKEY KONG’S CRASH COURSE』

 言わずとしれた『ドンキーコング』を題材にした1人用のアトラクション。画面は原作そのままのイメージで、遊び方も簡単。ゲームパッドを傾けることで三角形の自機を滑らせ、立体的な迷路を進んでいくだけです。

 そんな感じで進めていくのですが、顔が描かれた部分がどこかに触れてしまうとクラッシュするので、自機が転がらないように動かさないといけません。なら「ゆっくり進めばいいじゃん」と思うでしょう? ところがどっこい、スピードを乗せてジャンプしたり、左右のトリガーを回してオブジェクトを動かしているうちに動いたりするところもあるので、慎重かつ大胆に操作しなければならないんです。

 実際プレイすると「えっ、こんなところで!?」という思いがけないクラッシュが多くて大苦戦(周囲の人も)。シンプルながら非常に奥が深いです。ボクも含めて大体の人がドンキーがいる画面までは行けるのですが、そこで撃沈。シンプルながら奥が深く、やり込み甲斐がありそうな作品でした。

『NintendoLand』 『NintendoLand』 『NintendoLand』

■『Animal Crossing : Sweet Day』

 こちらは『どうぶつの森』をモチーフにしたアトラクションで、わかりやすく言えば“鬼ごっこ”です。Wiiリモコンを持った人は“アニマル”となり、マップでキャンディを集めながら逃げます。対してゲームパッドを持つ人は“ゲートキーパー”となり、左右のアナログスティックで1体ずつ計2体のキャラクターを操作します。

 “ゲートキーパー”は逃げる“アニマル”を3回捕まえれば勝利。“アニマル”は、“ゲートキーパー”に捕まらないように逃げきればいいようです。(※どの台もゲートキーパー側が勝っていたので未確認ですが……)。

 黒服の男たちから逃げる某TV番組が流行っているように、この手のゲームはいくつになっても楽しめますね。本作では、仲間と協力してキャンディを出現させたり、時には裏切って盾にするといった“友情”を試されるのがおもしろさの秘訣でしょうか? また、“ゲートキーパー”の操作がとても目新しいので、ぜひ一度ゲームパッドで体験してほしいですね。

『NintendoLand』 『NintendoLand』 『NintendoLand』

■『Luigi’s GHOST MANSION』

 次にプレイしたのは『ルイージマンション』を元にした、“お化け屋敷”がテーマのアトラクション。ゲームパッド(ゴースト)とリモコン(人間)4人で対戦します。ゴーストは4人全員を驚かせて気絶させ、人間4人は懐中電灯でゴーストのライフをゼロにすれば勝利です。

 ゴースト側の画面には全員の姿が映りますが、人間側にはゴーストが映りません。その代わりに、ゴーストが近くにいるとWiiリモコンが振動するので、それを頼りに懐中電灯(Aボタン)でゴーストを照らしてダメージを与えます。また、気絶した仲間も、一定時間照らしてあげると起こせます。

 優位な立場で襲い掛かるゴースト側の楽しさは言うまでもありませんし、人間側はゴーストがいつどこから襲ってくるかというドキドキ感がたまりません。人間側からすると味方との連携や、懐中電灯の充電(電池が切れると使えなくなります)が重要なため、“戦略”を練るのも楽しさの秘訣。また、ゴースト側はその“心理”を逆手に取るのが、このゲームの楽しさだと感じました。

『NintendoLand』 『NintendoLand』 『NintendoLand』

■残念ながらここで時間切れ……

 ということで、ここでタイムアップとなりました。残るは『謎の村雨城』を題材にした『TAKAMARU’S Ninja castle』と、『ゼルダの伝説』がモチーフの『BATTLE QUEST』の2つ! 明日、明後日でプレイすることができれば引き続きレポートしたいと思います! 操作ガイドを以下に掲載しますので、気になる方はぜひチェックしてください。(カズ)

『NintendoLand』 『NintendoLand』

(C)2012 Nintendo

データ

▼『NintendoLand』
■メーカー:任天堂
■対応機種:Wii U
■ジャンル:ETC
■発売日:2012年発売予定
■価格:未定

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。