News

2012年6月6日(水)

惑星でジムの孤独な戦いが始まる――『ロスト プラネット 3』メディア向けプレゼンをレポート

文:電撃オンライン

『ロスト プラネット 3』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 カプコンは、“Electronic Entertainment Expo(E3) 2012”において、PS3/Xbox 360用ソフト『ロスト プラネット 3』のメディア向けプレゼンテーションを行った。

『ロスト プラネット 3』

 本作は、さまざまなプラットフォームで展開されているTPS(サードパーソンシューター)『ロスト プラネット』シリーズの最新作。シリーズ第1作『ロスト プラネット エクストリーム コンディション』への原点回帰をメインテーマに、厳しい自然環境や現住生物“エイクリッド”との戦いの中で、多種多様な登場人物たちの人間ドラマが描かれるという。また、惑星“EDN-3rd”での活動に不可欠な、工業作業用重機“ユーティリティ・リグ”が初登場する。

 プレゼンでは、舞台となる惑星の設定から主人公・ジムにまつわるストーリー、システムの変更点に本作のポイントまで、多岐にわたって解説が行われた。その内容を下記にまとめる。

【設定&コンセプト】

●主人公のジム・ペイトンは、新たな惑星を単身で探索することとなる。
●物語は、ジムが洞窟に入るところからスタートする。
●洞窟などの閉塞的なマップを多く取り入れている。
●“アクション性”が主なコンセプトの1つ。

『ロスト プラネット 3』 『ロスト プラネット 3』
▲狭いマップでうまくアクションを使いこなせるかどうかが、クリアのカギを握るだろう。

【システム】

●本作では、熱エネルギーを必ずしも取る必要がなくなった。
●熱エネルギー持ち帰ると、武器の成長などに利用できる。
●“地図”を入手すると、熱エネルギーが溜まっているポイントを把握できる。
●本作におけるデータポストは、熱エネルギーを集める手段としての役割を持つ。
●リアルタイムで天候が変化する(往路は晴れていたのが、復路は嵐や吹雪になったりする)。
●アンカー、走り、回避、投擲、ストラグルなどのアクションは引き続き採用。
●マルチプレイ専用のアクションも用意されている(こうご期待とのこと)。

『ロスト プラネット 3』 『ロスト プラネット 3』 『ロスト プラネット 3』
▲熱エネルギーがたまる場所には敵が巣を作っていることが多い。巣を壊せばデータポストが現れる。

【その他の注目ポイント】

●ジムの前任者(女性)が惑星の至るところに探索記録を残している(やり込み要素の1つ)。
●ジムが本作で使用するハンティングライフルは、父の形見。
●新しい武器と敵が数多く登場する。
●狭い場所では小さい敵、広い場所では大きい敵が主に出現。とてつもない大きさの敵も。

『ロスト プラネット 3』 『ロスト プラネット 3』
▲洞窟では小さな敵がワラワラと襲ってくる。▲このライフルが父の形見のようだ。

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

データ

▼『ロスト プラネット 3』
■メーカー:カプコン
■対応機種:PS3
■ジャンル:アクション
■発売日:2013年8月29日
■希望小売価格:6,657円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ロスト プラネット 3』
■メーカー:カプコン
■対応機種:Xbox 360
■ジャンル:アクション
■発売日:2013年8月29日
■希望小売価格:6,657円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。