News

2012年6月7日(木)

生まれ変わったのはダンテだけではない! 『DmC Devil May Cry』プレゼンレポート

文:電撃オンライン

『DmC Devil May Cry(ディーエムシー デビル メイ クライ)』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 カプコンは、E3会場内の同社ブースにおいて、PS3/Xbox 360/PC用ソフト『DmC Devil May Cry(ディーエムシー デビル メイ クライ)』のメディア用プレゼンテーションを開催した。

『DmC Devil May Cry』

 『DmC Devil May Cry』は、全世界で高い人気を誇るACT『デビル メイ クライ』シリーズの最新作。“新生”をテーマに構築されたスタイリッシュアクションで、青年期のダンテがかつてない戦いを繰り広げる。

 開発を担当するのは、イギリスのスタジオ・Ninja Theory(ニンジャ・セオリー)。ゲームの他にも、ロサンゼルスのスタジオ・Screen Gems(スクリーン・ジェムズ)で実写映画の制作が進行している。

 プレゼンでは、まず“リバース(新生)”というコンセプトに伴い「ダンテというキャラクターを一新した」ことと、「新しいダンテは天使と悪魔のハーフでありながら、悪魔を退けていく」という設定について説明された。続いて、ゲーム中盤の“悪魔が経営するクラブ”という一風変わったステージでのデモプレイとあわせて、新たな戦闘システムの解説が行われた。

【ステージ概要】

●悪魔がクラブを経営し、招待した人々を洗脳している。
●ダンテは、それを阻止するために店内に乗り込む。
●支配人の女性(悪魔)の元へたどり着くには、さまざまな関門をくぐり抜けなければならない。
●各関門では、30秒以内に周囲の敵を全滅させなければならない。

【戦闘システム】

●敵によって弱点部位などが設定されており、敵によって戦い方を変えることがコンセプト(銃で羽を撃つと攻撃が届くようになる敵、背後から攻撃すると効果的な敵などが存在する)。
●ダンテと一部の敵には、天使・悪魔の2種類の状態がある(ダンテは切り替え可能)。
●お互いの状態が同じだと、ダメージが与えられない。
●床にも状態を表す色が付くことがあり、異なる状態で乗るとダメージを受ける(敵も同様)。
●一部の敵は強制的に状態を変更させる攻撃を使ってくる。
●ゲージを使った特殊な回避アクションが存在。一瞬敵の動きがスローモーションになる。
●デビルトリガーを使うと画面が白黒になり、ダンテの動きが早くなる他、HPが回復。
●敵の攻撃を弾くことが可能。遠距離攻撃ははね返し、近距離攻撃は相手をひるませる。
●新しいコンビネーションやスタイリッシュアクションがある。
●これらは従来と同様に強化が可能。

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

データ

▼『DmC Devil May Cry(ディーエムシー デビル メイ クライ)』
■メーカー:カプコン
■対応機種:PS3
■ジャンル:アクション
■発売日:2013年1月17日
■希望小売価格:6,657円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『DmC Devil May Cry(ディーエムシー デビル メイ クライ)』
■メーカー:カプコン
■対応機種:Xbox 360
■ジャンル:アクション
■発売日:2013年1月17日
■希望小売価格:6,657円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『DmC Devil May Cry(ディーエムシーデビルメイクライ)』
■メーカー:カプコン
■対応機種:PC
■ジャンル:ACT
■発売日:2013年
■希望小売価格:未定

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。