News

2012年6月8日(金)

任天堂ブースではWii U『アサシン クリードIII』開発スタッフが来場者に“暗殺のイロハ”を教えてました

文:電撃オンライン

『アサシン クリードIII』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 米国現地時間6月5日~7日にかけて開催されたイベント“E3 2012”。その任天堂ブース内・Wii U試遊コーナーでは、『アサシン クリードIII』開発陣によるデモプレイが行われていた。

 ユービーアイソフトから年内にリリース予定の本作は、人気ACT『アサシン クリード』シリーズの最新作。アメリカ独立戦争の裏で起きていた、アサシン教団とテンプル騎士団の抗争が描かれる。主人公・コナーは、森の中に身を隠したり、木から木に飛び移ったりという新アクションを行える。天候システムの導入によって、自然界の変化が状況にも影響を与えるのが特長だ。

 デモプレイのステージは、大きな船が停泊している港町。ここで開発陣はさまざまな暗殺方法を見学していた我々に見せてくれた。馬車に積まれた牧草の中に潜み、引っ張り込んで殺す。木の枝に吊るして殺す。街の人にターゲットを呼び寄せさせて、物陰に引っ張り込んで殺す、船上のターゲットに後ろから近付き、海に突き落として殺す。住民の会話に加わっているふりをして、ターゲットが通過したところを後ろから殺す……などなど。

『アサシン クリードIII』 『アサシン クリードIII』 『アサシン クリードIII』
『アサシン クリードIII』 『アサシン クリードIII』 『アサシン クリードIII』
▲開発スタッフによる華麗な暗殺ショー。当然今あげたもの以外にもいろいろなものがあるのだろう。
『アサシン クリードIII』 『アサシン クリードIII』 『アサシン クリードIII』
▲暗殺だけでなく、移動する楽しさも伝えていた。民家の中を通り抜けてショートカットする。ロープを使って一瞬で建物の屋上に上るなど。

 途中、暗殺だけではなく市場を舞台にした大立ち回りも披露。派手なアクションの時にはスローモーションによる演出なども織り込まれていた。このあたりの動きも実に滑らかかつ、パターンも豊富だった。

『アサシン クリードIII』
▲こちらはWii U ゲームパッドのスクリーンにを映したもの。ここには街のマップが表示されており、ターゲットの位置などが確認できるものとなっていた。

 ちなみに、ユービーアイソフトブースでは、PS3版の『アサシン クリードIII』を使い、4対4の対戦デモを行っていた。こちらは、数十名のNPCがうろつく中から、ターゲットの4名を見つけて暗殺しつつ、自分たちのテリトリーを広げていくというもの。こちらは反射神経などよりも、洞察力や慎重さを試されるものとなっている。『アサシン クリードIII』の注目度の高さを裏付けるように、どちらのブースにも、連日人が押し寄せていた。

(C)2012 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Assassin’s Creed, Ubisoft, and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the US and/or other countries.

データ

▼『アサシン クリードIII』
■メーカー:ユービーアイソフト
■対応機種:PS3
■ジャンル:アクション
■発売日:2012年11月15日
■希望小売価格:7,400円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『アサシン クリードIII』
■メーカー:ユービーアイソフト
■対応機種:Xbox 360
■ジャンル:アクション
■発売日:2012年11月15日
■希望小売価格:7,400円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『アサシン クリードIII』
■メーカー:ユービーアイソフト
■対応機種:Wii U
■ジャンル:ACT
■発売日:2012年
■希望小売価格:未定

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。