News

2012年6月11日(月)

『DEMONS’ SCORE(デモンズ・スコア)』ってどんなゲーム? スクウェア・エニックスの時田プロデューサーにガッツリ聞いてみた!

文:電撃オンライン

 スマートフォンで最高水準の映像クオリティを実現したiOS/Android『DEMONS’ SCORE』。“ブレイクビーツアクションゲーム”と銘打たれた本作は、リズムACTのようなゲーム性であり、操作に戸惑うことなく、誰でも気軽に楽しめるのがポイントとなっている。

『DEMONS’ SCORE』

 とはいえ、単純でライトなゲーム性というわけではなく、章(ステージ)が進むにつれ、すさまじい数のタッチ操作が瞬時に要求されるなど、へビィユーザーも唸る場面が待ち受けている。そういった場面でも、ライトユーザーがクリアできるようなシステムが用意されており、言い換えれば、やり応えと幅広さを兼ね揃えた、ユーザー層を問わないゲーム性と表現してよいだろう。

 音楽が1つのカギとなる本作において、楽曲のコンポーザーには、『サクラ大戦』シリーズの田中公平氏、『キングダムハーツ』シリーズを手がけた下村陽子氏など、人気音楽家が多数参加。章ごとに異なる音楽に合わせて、爽快なタッチプレイを楽しむことができる。

 章という単位で構成されていることから、本作にはストーリー性も存在する。行方不明となった父を探すべく、父が働いていた研究所を訪れる少女セレニティ(主人公)。そこで彼女は、悪魔の力を自身に憑依させる“Demons' Score”というアイテムを手に入れるのだった。

『DEMONS’ SCORE』 『DEMONS’ SCORE』 『DEMONS’ SCORE』

 おおよそのゲーム概要を以上で解説してきたが、『DEMONS’ SCORE』には、まだまだ数多くの魅力的な要素が隠されている。それらを可能な限り紐解くべく、E3 2012の会場で、本作プロデューサーの時田貴司氏へインタビューを行った。

『DEMONS’ SCORE』

――まず、本作が生まれた経緯について教えていただけますか?

 もともと、スクウェア・エニックスらしいインパクトのあるモバイルアプリを作りたいと思っていた時に、iOS『Infinity Blade』というリッチなコンテンツがちょうど出てきました。そんな時、イニスさんというDS『押忍!闘え!応援団』を作った開発会社さんと懇意になったんです。

 イニスさんは、ゲームエンジン“Unreal Engine 3”を使ったゲーム開発が得意な開発会社でした。それであれば、スクウェア・エニックスが得意とするキャラクターや世界観と、イニスさんの音ゲーで培ってきた開発ノウハウを生かして、Unreal Engine 3を使った新しいタイプの気軽に遊べるアクションゲームが作れないか、と考えたのがはじまりです。

――“ブレイクビーツアクションゲーム”というジャンル名が非常に特徴的ですが、これはどういったものなのでしょうか?

 音楽に合わせて画面の状況が変わっていき、そこでアクションゲームのように、タップやスラッシュ、連打などの操作をする、音ゲーとアクションを融合させたような新しいタイプのジャンルです。

――譜面上での操作方法は、どのぐらい種類があるのでしょうか?

 シンプルに説明すると、タップとスラッシュとトレースの組み合わせですね。それをメインに、連打、2連打、3連打などの操作があります。

――本作の開発期間について教えてください。

 去年の5月ぐらいから開発をしているので、約1年ぐらいですね。今回は、Unreal Engine 3を使うというコンセプトにしても、イニスさんとやることにしても、ベクトルが非常に明確でした。最初の1カ月ぐらいで基本的な要素が決まり、「あとはどこまでやるか」というところに注力できたのが大きいですね。

――画面写真を見ると、西洋ファンタジー風の世界観に見えますが、剣以外にも銃が登場します。本作はどのような世界観になっているのでしょうか?

 世界観は、限りなく現代に近いアメリカをイメージしています。イニスさんには外国のスタッフがたくさんいらっしゃるので、スクウェア・エニックスのローカライズスタッフが開発初期段階から参加する形をとらせてもらい、意見を取り交わすようにしました。画面写真では洋ゲーのように見えると思いますが、そういう意味では、無国籍ゲームのような感じですね。

――主人公・セレニティはどのようなキャラ設定なのでしょうか?

 セレニティは“マジメな大学生”というキャラクター設定です。ゲームを進めていくと、彼女はさまざまな秘密に遭遇していくことになります。『パラサイト・イヴ』の雰囲気に近いかもしれないですね。『パラサイト・イヴ』の悪魔バージョンで、その他なんでもありみたいな感じかと。

――公開されているストーリーでは、セレニティが行方不明になった父親を探すところから物語がスタートするようなことが書かれていました。

 物語の舞台は父親が研究をしていた研究所なのですが、その中は魔界になっています。そのため、ステージ(章)ごとにガラっとストーリーが変わっていきます。ゲーム中で経験値をためることでモードが増えていき、そのモードによってエンディングが変わるマルチエンディングを採用しています。

 モードは、イージー、ノーマル、ハードの3種類があり、最初はイージーをプレイすることになります。イージーをクリアしたり、経験値を溜めていくことで、他のモードがアンロックされていきます。

――ゲームのボリュームはどのぐらいあるのでしょうか?

 各章にザコ戦とボス戦が収録されています。さらに、イージー、ノーマル、ハードの3種類があり、全部クリアすると結構時間がかかります。RPGではないので、プレイ時間が数十時間ということはないですが、うまい人でもある程度はやり込まないとクリアできないステージが出てきますよ。ノーマルの後半ぐらいから、それなりに歯ごたえが出てくると思います。

――本作の見どころの1つに、グラフィックがあると思います。グラフィックについて、特に注目してほしいポイントはありますか?

 本作のステージを大きく分けると、ザコ戦扱いの“ボスに向かうまでの主観視点”ステージと、ボスと格闘しながらドラマティックな演出の中で音ゲーをプレイするステージ、この2つがあります。

――例えば、ボス戦のドラマティックな格闘シーンだけをのちほど見られるような、ギャラリー的なモードはあるのでしょうか?

 それはありませんが、「操作なしで見られるようにしたい」という意見は社内でありました。ただ、ストーリーモードでクリアしたステージは、フリーモードで何回でも遊べるので、そこでじっくり観賞していただければと思います。

――楽曲を手掛けるコンポーザー陣も大きな魅力ですよね。

 そうですね。現在は田中公平さんと下村陽子さんを発表していますが、その他にもさまざまなゲームミュージックを手掛けた方や、社内スタッフが参加しています。コンポーザーや出演声優の情報は、6月の中旬以降、E3が落ち着いた段階でご紹介できると思います。

――楽曲の曲調は、世界観に合わせてダークなイメージで統一しているのでしょうか? それともバリエーションに富んだ内容になっているのでしょうか?

 楽曲のバリエーションはさまざまです。コンポーザーさんには、それぞれ得意な世界観がありますので、初期の段階からリクエストをいただきました。その曲調やコンポーザーさんの個性を反映させたような悪魔をデザインしています。例えば、下村さんからは「ラテン系がやりたいです」というリクエストをいただきました。それなら、メキシコのマスクマンだろうと(笑)。そのような感じで、楽曲と悪魔のラインナップが増えていきました。

――契約して憑依させた悪魔によってセレニティの姿や声が変わるわけですね。

 詳しくはまだ内緒ですが、悪魔ごとに「おぉ! この人が!!」と思っていただけるようなキャスト陣になっていますよ。とても人気のある声優さんや、現在ブレイクしている某アイドルグループにも出演いただきました。本作では、倒した悪魔と新しく契約できるようになるので、言い換えれば豪華な声優さんの声が手に入るということになります。

――憑依させた悪魔によって姿が変わるということですが、武器も変化するのでしょうか?

 セレニティは、タップ操作とスラッシュ操作にそれぞれ対応した剣と銃を持っているのですが、契約する悪魔によって、姿と一緒に武器の形も変わります。さらに、武器だけじゃなく、憑依させる悪魔によって姿や声、能力、ステータス、アビリティなども変わります。アビリティの例を挙げると、経験値が2倍になるものや、HPが減りにくくなるものなどがあります。

――悪魔を憑依させた画像をいくつか拝見したのですが、胸が強調された衣装が結構多いですね(笑)。

 基本的に、胸とかお尻は強調するようにしています(笑)。マジメな女の子が悪魔に憑依されることによって、セクシーになったりカッコよくなったり、ぶっとんだりするという、そんな人格の豹変がおもしろいのかなと思います。

――なるほど。マジメな女子大生がどこまで変貌するか、楽しみにしています! ちなみに、現在の開発状況はどのぐらいでしょうか?

 98%ぐらいです。あとは、デバッグのみですね。

――配信日の発表を楽しみにお待ちしております。それでは、最後に日本の読者に向けてメッセージをお願いします。

 本作は“悪魔をダウンロード”することをテーマにした、非常にわかりやすくてバラエティに富んだゲームになっています。近いタイミングでリリースしたいと思っていますし、これから濃い情報がたくさん出てきますので、ぜひご期待ください!

(C)2012 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

データ

▼『DEMONS’ SCORE』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:iOS/Android
■ジャンル:ACT
■配信日:2012年夏
■価格:未定

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。