News

2012年6月11日(月)

協力プレイでゲーム中の演出も倍増! 『Dead Space 3』プレゼンレポート

文:電撃オンライン

 エレクトロニック・アーツは、“E3 2012”の自社ブースにて『Dead Space 3』のプレゼンテーションを行った。

 本作は、米国現地時間6月4日に行われたエレクトロニック・アーツのカンファレンスで発表された『Dead Space』シリーズ最新作。主人公は前作や前々作と同様にIssac Clarke(アイザック・クラーク)となる。開発もこれまで同じくVisceral Gamesが担当する。

 プレゼンでは、カンファレンスにて流された実機プレイと同様のシーンを紹介しつつ、カンファレンスでは語られなかった協力プレイについての解説が行われた。

■協力プレイ時はムービーシーンの演出がかなり増えていた

 プレゼンで行われた開発陣によるデモプレイでは、主人公のアイザックが宙吊りのまま、目覚めるところからスタートした。その後、宇宙船から脱出して、奇妙にうごめくネクロモーフと呼ばれる化け物に襲われながらも、なんとか基地らしく場所にたどり着いたアイザック。その後、基地に入ろうとした際にクモのような巨大なネクロモーフに襲われ、あえなくアイザックはバラバラになってしまう。

 もちろんバラバラになってしまってはリトライするしかないのだが、リトライ時には2人目のキャラクターが協力プレイとして、ログインしてきた。このように1人プレイ時でも、シームレスに2人プレイへ移行できるという。前回同様に基地へとたどり着いた2人だが、前回と異なるのは、ここで仲間と語り合う演出シーンが増えていることだった。本作は、ゲームの各所に1人プレイ時と2人プレイ時で差別化が行われているようだ。

 その後、前回やられてしまった巨大ネクロモーフを倒して、先へと進むとカンファレンスでの実機プレイでも登場した巨大なドリルとの戦いに遭遇する。ドリルの動きを止めつつ、ドリルの中心部を攻撃する……のだが、同時にネクロモーフも襲い掛かってくる。ネクロモーフに気を取られていると、ドリルでバラバラになってしまう。しかし、ドリルばっかり見ているとネクロモーフに襲われてしまう。こうした緊迫感のある場面が本作の醍醐味であるといえる。

 なんとか殺人ドリルを止めたアイザックたちは、基地から外に出る。すると、超巨大なネクロモーフの姿を見た後に何やら敵らしき人間の一団と撃ち合いになる。従来作では、あくまでネクロモーフが戦う相手だったが、今作では人間の勢力も敵の一部であるらしい。やがて、先ほど見たネクロモーフに敵の一団が吸い込まれていき、アイザックたちの善戦はするものの、飲み込まれてしまう。そうして体内で目覚めたアイザックは、さらに巨大ネクロモーフの器官らしき管に流されていき、その先で怪しくうごめく光が……といったところでロゴが登場して終了した。

 これまでは、宇宙船“石村号”の中など閉じた空間でのホラー要素が強かった『Dead Space』シリーズだが、今作になって惑星内と行動範囲が広がった結果、ホラー要素がやや薄れて、SF要素が増えたように思われる。とはいえ、細かい箇所ではびっくり箱的な演出も多く、『Dead Space』らしさも失われてはいないように感じた。

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。