News

2012年6月14日(木)

きっかけとなったのは絵本とデザイナーの書いた手下のドクロ――『ドクロ』開発者トークでその魅力に迫る

文:電撃オンライン

■騎士が主人公なんて普通!? 手下のドクロが主役に大抜てき!

――最初の段階から、PS Vitaを考えていたのですか?

『ドクロ』

風間:ハードは、まったく決まっていませんでした。ただ、不思議な世界観でのアクションゲームにしたかったんです。再度企画を動かすにあたり、グラフィッカーに絵をお願いしたところ、「これしかない!」というビジュアルが上がってきました。

 そのタイミングで、SCEさんからPS Vitaの話をいただきました。PS Vitaは表と裏にタッチパッドがあることを聞いた時が、イケメンとドクロの切り替えを考えていた時期だったので、「これはPS Vitaでやるべき企画だろう!」と思いました。プロトタイプを作ってみたらうまくいきましたね。

――社内コンペである程度の作品ができていたと思うのですが、元々はどういうゲームで、そこからどのように変化したのでしょうか?

風間:最初は、騎士と姫が出てきて、とにかく“お姫様抱っこをする”というものでした。おもしろいと思っていろいろ試していたのですが、騎士が主人公というのが普通で凡庸。ある程度、年齢を重ねた人にはウケるけど、若い人にはウケないと考えていました。

 個人的に、正統派ではない物語やダークヒーローものがすごく好きなんですね。ある時にデザイナーがなんとなく描いていた手下のドクロを見て、「このキャラが主人公だったら、おもしろいのでは?」と思い、主人公を変更しようとしました。その際に、ただ主人公にするだけではなくて、「騎士とドクロが融合して、2つのキャラが切り替わればアクションとしてもよいのでは?」と思って、いろいろと変わっていきました。

――風間さんの頭の中にあった世界観を、デザイナーがイラストに起こして、すぐにできたという形だったのですか?

『ドクロ』

風間:すぐにできましたね。予想外だったのは、デザイナーが非常に優秀で、私の想像を超えたものになったということです。私は“チョークっぽい手触り感のあるデザイン”というオーダーしかしていなくて、キュートさは期待していなかった。ただ、上がってきたデザインを見て、この方向でいくことを決めましたね。メインのデザイナーが女性なので、そこもよかったのかもしれません。

――タイトルの『ドクロ』も、グラフィックができた時に決まったのですか?

風間:最初は仮題でした。

市川:ただ、仮題は途中で変わることが多いんですが、途中で動かなかったですね。

風間:そうですね。途中からは本題にしたいと思いました。

――開発チームは何人くらいなのでしょうか?

風間:最大で12人くらいです。コンパクトですが、その分小回りの効くチームで、いいものができました。

――遊んでいて、音やセリフが少ない世界観になっていると感じました。

風間:それは意識しています。理由は2つあって、絵本のような作りにしているという理由が1つ。もう1つは、7カ国語に対応しているので、あまり国籍に頼らない表現にしたいという理由があります。

市川:個人的には、このゲームは音楽もいいと思っています。やや淡々としているようですが、聞いているとくせになる。この音楽も、世界観を作れる一端を担えたと思います。

『ドクロ』

――黒板でアクションや仕組みの説明をしているのも、国籍に頼らないことを意識したからでしょうか?

風間:はい、意識して作っています。まあ、ああやってゲーム中で説明するのは、最近のトレンドでもあるのですが。

――変身方法が2つある理由を教えてください。

『ドクロ』

風間:うまく変身できず、クリアできないことでストレスがたまるのは避けたかったんです。それで、2パターン用意しました。ゲームの世界観やウリとしては、タッチパッドでの変身を考えていますが、Rボタンのほうが便利なので「上級者はコレしか使わなくなるのでは?」と開発内では話しています(笑)。

――ドクロとイケメンは、ジャンプの回数、姫を抱ける以外にもアクションの違いはあるのですか?

風間:攻撃の効果が違います。ドクロは押し戻す力が強く、イケメンは敵を倒すことができる。あえて倒さずに押し戻すことを利用する場所もあるので、使い分けてください。

――姫のデザインはどうですか? 苦労はありましたか?

『ドクロ』

風間:姫はちょっと試行錯誤しましたね。ずんずん進んでいくので、やんちゃスタイルなデザインもありましたが、守ってあげたくなるような姫ということで、現在のデザインに落ち着きました。

――姫は、少しの段差でも越えられないし、敵を見るとすぐ驚く。なのに、イケメンを見ると「ふふっ」と笑うのには、ちょっと笑ってしまいました。

風間:お守りするべき姫なので、多少わがままです。苦労する分、ステージをこなしていくと愛着を持っていただけるかと(笑)。

――ステージをクリアしても、途切れなく進む作りにしたのはなぜですか?

『ドクロ』

風間:だいたいのゲームでは、クリアするとリザルト画面をはさむと思うんですが、本作はギミックを解くアクション以外に、ストーリーも売りにしたかったので、プレイヤーの気持ちを放したくなかった。そのため、画面の切り替えをしたくなかったというのが理由です。ただし、セーブしたことを知らせるために、花を咲かせるという演出を加えました。

――なるほど。ただ、途切れずに描写するために画面を先読みさせる必要もあり、開発するうえでは大変になりそうですね。

風間:リザルト画面を出したほうが、ステージのつじつまも合わせやすいし、絶対に楽です。ただ、それよりも没入感を失いたくなかったんです。画面を切り替えずに進めると、全部のステージを連続したデータで持たないといけない。1回組むところまではうまくいったんですが、そこから難易度調整で微調整をする際に苦労しました。

――具体的には?

風間:段差を1つ増やそうとか、ギミックを入れるのでずらそうとか調整すると、それ以降のステージをすべて動かす必要がある。企画のスタッフはそうとうきつかったと思うんですが、頑張ってくれました。個人的には、やってよかったと思っています。

3ページ目でシステムやトロフィーなどについて説明!

(C) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

データ

▼『Dokuro(ドクロ)』
■メーカー:ガンホー・オンライン・エンターテイメント
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:アクション
■発売日:2012年7月5日
■希望小売価格:2,286円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『Dokuro(ドクロ)』ダウンロード版
■メーカー:ガンホー・オンライン・エンターテイメント
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:ACT
■発売日:2012年7月5日
■価格:1,800円(税込)

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。