News

2012年6月18日(月)

6月28日に配信予定の『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』DLCから“セカイパックVol.02”について紹介

文:電撃オンライン

『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 ガストは、発売中のPS Vita用ソフト『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』について、ダウンロードコンテンツ(DLC)の情報を公開した。

 オンライン専用タイトル『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』は、“7つの次元を越えた先に、本当に存在する世界”をコンセプトとした“サージュ・コンチェルト”シリーズの1作目。“7次元コミュニケーション”とジャンル付けされた本作では、7次元先の世界で生活している少女・イオンとのコミュニケーションを主体とした、今までにない体験を楽しめる。

 公開されたのは、6月28日に配信予定の“セカイパックVol.02”について。あらすじや世界観設定の他に、アドベンチャーパートが明らかになった。画像からは、以前に紹介した2人のキャラクターが登場しているのを確認できる。

† 世界観紹介 †

夢ノ珠(官営第4号居住揚陸)
『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』

 コロンというものが世の中に登場し、まだ民営コロンがなかったころの古いコロン。当時さまざまなコロンを開発していた帝国の、4 番目の実用コロンである。

 このコロンは、人々に驚きと賞賛をもって迎えられた。なぜならこのコロンは、リトルラシェーラ(ミニ地球)とも言えるもので、自ら重力を生成し、惑星と同じくどの場所にでも人が住めるからであった。このコロンの出現により、この世界のテクノロジはまた1つ飛躍したかに思えた。

 しかし、このコロンは後に社会問題となるのであった。原因は不明だが、重力装置にTzWが行き渡らない場所が次々と出始め、その区画の重力がなくなってしまうという事態が発生したのである。

 また、そういった現象はいつ、どこで発生するか分からず、運悪く下向きの時に断線した場合、地上に真っ逆さまということも多々発生することになった。

 しかし、このコロンから他のコロンや地上に戻ろうにも、ほとんどの住民にはお金も移る先もない。このコロンの住人のほとんどは移住を諦め、鎖で家をくくりつけて、杭を打ち込むなどの耐落下工事をし、最悪の事態に備えている。

† “セカイパックVol.02”あらすじ †

 万寿沙羅を旅立ったイオンが辿り着いた街、夢ノ珠。そこで彼女を迎えたのは、沢山の人々だった。彼らは万寿沙羅を救った皇女イオンを賞賛し、歓迎しに来ていたのである。イオンはパリーと名乗る天文街区の区長に案内され、街一番のホテルに案内される。そのホテルで一人の活発な少女と出会う。

 彼女の名はネイ。イオンは出会ったばかりの元気なネイに積極的なアタックと歓迎を受け、半ば強引に一緒に行動することになるのであった。

 そんなこんなで夢ノ珠の街を2人で観光していると、この街の不穏な話をいくつか耳にする。1つは、この街は天文の民と地文の民が、街を二分して争っていること、そしてもう1つは、この夢ノ珠の重力場が異常を来していて、年間でかなりの人たちが落下し、犠牲となっていること。

 イオンは万寿沙羅を救ったことから、人々に、この街も救ってくれるであろうことを期待されていたのだ。だがしかし実際はといえば、何をしたらいいかわからず、天文と地文のいざこざに巻き込まれるばかり。

 そんな中、地文の人々の中に見知った影を見つける。それはイオンのライバルにして地文側の皇帝候補・カノイールであった。

 天文の民と地文の民とのいざこざ。そしてそれぞれの派閥のトップとも言えるイオンとカノン。この夢ノ珠に、真の幸せを与えられるのは、はたしてどちらなのか……。

† “セカイパックVol.02”のアドベンチャーパートを紹介 †

 夢ノ珠で偶然知り合ったイオンに懐いて同行するネイ。持ち前の明るさと行動力から、イオンを振り回し、毎日波瀾万丈な生活を彼女にプレゼントしている。

ネイ(ネィアフラスク)

ネイ(ネィアフラスク)
『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』
CV: 内田真礼
『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』 『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』
▲イオンが泊まっている場所を、わざわざ確かめに来るネイ。これが彼女とイオンの出会いの始まりとなる。
『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』 『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』
▲ジェノムのテレフンケンに、なにかを見てもらおうとしている。▲天文の皇女であるイオンが、地文の街を歩いている。ジェノムがいると、恩恵があるのか?

 ネイと行動をともにしていると、管営第4号居住揚陸、通称“夢ノ珠”の地文街区の区長・クーリンと天文地区の区長・パリーと出会う。天文と地文それぞれが対立している中で、イオンの物語は進んでいく。

天文街区長・パリー(パラライノ)地文街区長・クーリン
CV: 森谷里美CV: 新垣樽助
『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』 『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』
▲天文側の区長パリー。地文側についた裏切り者たちとは、誰のことなのか?
『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』 『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』
▲地文の皇女であるカノンは、地文側の区長クーリンを通してイオンを呼んできた。
『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』 『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』
▲イオンの目の前でパリーとクーリンが、天文と地文に分かれて対立している。区長同士だと対立が過激になるらしいが、彼らには対立する理由が過去にあるようだ。
『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』 『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』
▲カノンの希望との事だが少々強引に物事が進んでいるようだ。カノンから、地文の民を天文側に連れていかれるということを聞かされる。
『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』 『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』
▲チューブ・カンパニーの社長であるネプツール。万寿沙羅のビッグフラワーに感激しているようだ。
『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』 『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』
▲カノンは地文の皇女として役割をまっとうしようとしている。クーリンが協力するには、チューブ・カンパニーに断線問題を解決しないといけないらしい。

(C)GUST CO.,LTD. 2012

データ

▼『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』
■メーカー:ガスト
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:その他
■発売日:2012年4月26日
■希望小売価格:4,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~ AGENT PACK』
■メーカー:ガスト
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:その他
■発売日:2012年4月26日
■希望小売価格:6,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』ダウンロード版
■メーカー:ガスト
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:ETC
■発売日:2012年4月26日
■価格:4,200円(税込)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。