News

2012年6月19日(火)

『探偵 神宮寺三郎 復讐の輪舞』Web小説第9話を公開! 君島家にまつわる“あの事”とは?

文:電撃オンライン

 アークシステムワークスは、6月28日に発売する3DS用ソフト『探偵 神宮寺三郎 復讐の輪舞』のオリジナルWeb小説第9話“予感と予兆”を公式サイトで公開した。

 本作は、人気推理アドベンチャー『探偵 神宮寺三郎』シリーズの最新作にして25周年記念作品。主人公の探偵・神宮寺三郎をはじめとしたレギュラーメンバーの他に、過去シリーズ作品のキャラクターもつぎつぎと登場する。シリーズ初となる完全3D化を実現した本作では、神宮寺が殺人事件の重要参考人として警察から追われることになる。

 連載中のWeb小説は、ゲーム中の事件が起こる前の神宮寺たちの物語を描いた、本作のシナリオ担当・宮下もこさんによる書き下ろし。第9話は、君島家に訪れた神宮寺が、父の入院をきっかけに慌ただしく動く君島弘樹と鉢合わす場面から始まる。そこで弘樹から、父・龍之介にかんする“あの事”と呼ばれる話題を聞くことになる。

▲オリジナルWeb小説の挿絵。いよいよ次回は最終回となる。

(C)WorkJam / ARC SYSTEM WORKS

データ

▼『探偵 神宮寺三郎 復讐の輪舞』
■メーカー:アークシステムワークス
■対応機種:3DS
■ジャンル:ADV
■発売日:2012年6月28日
■希望小売価格:4,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。