News

2012年6月25日(月)

気になるPSP『化物語 ポータブル』の会話劇をチェック! そして元吸血鬼の“ぱない”キャラクターも参戦決定!

文:電撃オンライン

『化物語 ポータブル』の購入はこちらから

Amazon.co.jp
前へ 1 2

■ 刃の下に、心あり。忍野忍が参戦決定! ■

忍野忍(おしの しのぶ) CV:坂本真綾
『化物語 ポータブル』

 廃墟となった学習塾跡で、忍野メメと同居していた吸血鬼のなれの果て。見た目は小学校の低学年くらいで、見事な金髪と抜けるような白い肌が印象的。現在は、阿良々木暦の影の中に潜んでいる。

『化物語 ポータブル』 『化物語 ポータブル』
▲もともとは伝説の吸血鬼として強大な力を有していた忍。ゲームではどんな会話を繰り広げるのだろうか?

■ 思い出のアノ場所が会話劇の舞台に ■

 本作では、会話劇の舞台を選択することができる。背景が変われば会話劇の演出の見え方なども変わってくる。お気に入りの場所を選んで会話劇を堪能しよう。

『化物語 ポータブル』 『化物語 ポータブル』 『化物語 ポータブル』
▲校門前……暦たちが通う直江津高校の校門前。夕方になり、人通りもまばらになった校門前でどんな会話がなされるのか。
『化物語 ポータブル』 『化物語 ポータブル』 『化物語 ポータブル』
▲浪白公園……母の日に暦と真宵が出会った公園。時間帯によって風景に変化があるので、会話劇に合った時間帯を選ぼう。
『化物語 ポータブル』 『化物語 ポータブル』 『化物語 ポータブル』
▲学習塾跡……忍野メメが使っていた学習塾跡。使われていない学習机や椅子が山積している。
『化物語 ポータブル』 『化物語 ポータブル』 『化物語 ポータブル』
▲市街地……いろいろなキャラクターと出会う市街地。選んだ登場人物たちの邂逅を再現することもできる。
『化物語 ポータブル』 『化物語 ポータブル』 『化物語 ポータブル』
▲神社……すっかりさびれてしまった神社。市街地とは打って変わって、どこか怖い雰囲気が漂ってくる。

(C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
(C)2012 NBGI
※画面は開発中のもの。

データ

▼『化物語 ポータブル』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:その他
■発売日:2012年8月23日
■希望小売価格:5,981円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『化物語 ポータブル(初回限定生産版)』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:その他
■発売日:2012年8月23日
■希望小売価格:9,505円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

前へ 1 2

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。