News

2012年6月21日(木)

『ドクロ』の体験版第2弾が本日配信! ユニークな敵キャラクターの情報も公開

文:電撃オンライン

 ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、7月5日に発売するPS Vita用ソフト『Dokuro(ドクロ)』の体験版第2弾を、PlayStation Storeにて本日6月21日に配信した。

 本作は、チョークタッチで描かれた世界が舞台のギミックアクションゲーム。プレイヤーは、操作キャラクターの“ドクロ”が持つ、“ドクロ”と“イケメン” という2つの能力を使い分けながら、姫をゴール地点に導いていく。開発は、『ラグナロク オデッセイ』や『グランディア』シリーズなどを手掛けたゲームアーツが担当している。

 また、本作に登場する敵キャラクターも公開された。見た目はユーモラスだが、いずれも侮れない攻撃を仕掛けてくる。

『ドクロ』
『ドクロ』 『ドクロ』 『ドクロ』
『ドクロ』 『ドクロ』 『ドクロ』
▲レディダーク……物語に絡んでくる魔族の乙女。女王様的な踏みつけやネイル、お色気などで攻撃してくる。
『ドクロ』 『ドクロ』
▲炎のコック……魔界厨房で働く見習いコック。体が炎でできているので、着火に利用できる。▲魔メイド……魔王がブラシから生み出したメイド。つねに掃除をしているが、実際はホコリをまき散らしているだけで、少しもキレイにならない。
『ドクロ』 『ドクロ』
▲魔剣士……鋼鉄の鎧の体には、イケメンでもダメージを与えられない。ステージのギミックを利用すればダメージを与えられるようだ。▲魔植物……花粉で攻撃してくる、魔界にはびこる悪魔の植物。倒した後は、転がして利用できるらしい。
『ドクロ』 『ドクロ』
『ドクロ』 『ドクロ』
▲魔術師……画面全体を塗りつぶす魔法攻撃を使う。白くなった画面は、フロントスクリーンをこすると拭き取れる。
『ドクロ』 『ドクロ』
▲ステージ2以降では、エリアを“パス”することもできる。パスは10回まで可能で、上限に到達しても以前パスしたエリアに再挑戦してクリアすれば、パス回数が回復する。

(C) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

データ

▼『Dokuro(ドクロ)』
■メーカー:ガンホー・オンライン・エンターテイメント
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:アクション
■発売日:2012年7月5日
■希望小売価格:2,286円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『Dokuro(ドクロ)』ダウンロード版
■メーカー:ガンホー・オンライン・エンターテイメント
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:ACT
■発売日:2012年7月5日
■価格:1,800円(税込)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。