News

2012年7月5日(木)

【G-netプレイレポート】PSP版『Dies irae』をレビュー! これこそ珠玉の中二病バトルAVGだ!!

文:ごえモン

『Dies irae ~Amantes amentes~(ディエス・イレ ~アマンテース アーメンテース~)』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 どうも、電撃オンラインのごえモンです。僕の渇望(ねがい)は“ギャルゲー世界の主人公になりたい”です! このルールが最強だと思うんですけどいかがでしょう? だって女の子にモテモテになれるし、主人公補正のおかげで敵に負けないですからね!!

『Dies irae ~Amantes amentes~』

 ……えー、意味不明な前振りでごめんなさい。“G-netプレイレポート”第39回でお届けするのは、lightから6月28日に発売されたPSP用ソフト『Dies irae ~Amantes amentes~(ディエス・イレ ~アマンテース アーメンテース~)』のレビューです。ファンの皆さんはすでにオールクリアしていると思うので、ここでは「『Dies irae』って何?」という人に向けて本作の概要や魅力をお伝えしますよ!

■ディエス・イラエじゃなくて“ディエス・イレ”ですよ!

 この機会に声を大にして言いたいのが、『Dies irae』の読み方は“ディエス・イレ”だってことです。電撃オンラインの人間は、「ディエス……なんだっけ?」とか「ごえモン、ディエス・イラエってさぁ」みたいなことを言いやがるんですよ。何度教えたって覚えやしねぇ(笑)。

 ちなみに、“ディエス・イレ”とは“怒りの日”というキリスト教における“終末思想”のこと。そっち系のゲームや本に詳しい人であれば、知っている可能性もありますが、実は音楽として非常に有名。「ディー、エース、イッレッ♪」という壮大なメロディは、映画やCMなどでも使われていて、たぶん知らない人はほとんどいないんじゃなかと思います。耳にすれば「あ! 聴いたことあった!!」と気が付くはずです。そんな“終末思想”の1つ“怒りの日”を題材にした“学園伝奇バトルオペラアドベンチャー”が本作。ちょっと長いので「何そのジャンル?」と思うかもしれませんが、プレイすれば、このジャンル名がいかに的確に本作を表しているかがわかります。

『Dies irae ~Amantes amentes~』 『Dies irae ~Amantes amentes~』
▲個性的な登場人物が紡ぎ出すこの壮大なオペラを、ぜひぜひ多くの人に体験してほしいものです。本当におもしろいので!

 元々は、2007年にlightから発売された『Dies irae ~Also sprach Zarathustra~』がこのゲームの初出。通称2007年版と呼ばれるこの作品のシナリオに、大幅な加筆修正が行われて2009年7月に発売されたのが新装版『Dies irae Also sprach Zarathustra ~die Wiederkunft~』です。

 そこから、さらに2つのルートが追加されたのが『Dies irae ~Acta est Fabula~』になります。俗に2009年版と呼ばれるこの作品をPSPに移植したのが、今回の『Dies irae ~Amantes amentes~』というわけ。「たくさんあってよくわからないよ!」と思う人も多いと思います。でもPSP版をプレイしておけば、すべてを補完できるので何も問題ありません。……エロい人は、2009年版をプレイしてね(笑)。個人的にはPSP版か、PSP版をさらに移植したPC版をプレイするのが一番な気がしています。

『Dies irae ~Amantes amentes~』 『Dies irae ~Amantes amentes~』
▲画像左が新装版で右が2009年版。2007年版をプレイしたのもいい思い出ですね。僕は螢が好きだったので当時はいろいろとありましたが、その後の無料パッチのおかげで2009年版をプレイし、無事にファンになることができました。

 PSP版で追加された部分を紹介すると、まずはアフターストーリーが2本。戦闘シーンの追加。そして、これまでに発売されたドラマCDのAVG化です。ちなみに、ドラマCDがAVG化されたものはDisc2に収録されています。メインメニューのExtraに分類されていて、本編のルートをクリアするごとに開放されていく仕組みです。

 ドラマCD部分をプレイするにはDisc2に、本編をプレイするにはDisc1に入れ替える必要があります。本編とオマケ、きっぱりDiscを分けたのは、入れ替える手間が少なくなるので評価したいです。ただ、本編の中に入れ込んでほしかった、という気持ちも少しだけあります……が、画像などをもっと圧縮しなければならなくなるので、やっぱりこれでOKです(笑)。

『Dies irae ~Amantes amentes~』 『Dies irae ~Amantes amentes~』
▲ドラマCDを今から集めるのは大変。なので、PSPから始めるのが一番の近道です。ドラマCD部分が収録されたおかげで、さらにキャラに愛着を持てますし、物語を深く知ることができます。
『Dies irae ~Amantes amentes~』
▲ドラマCD部分以外に、一部アフターストーリーがDisc2に収録されています。

→圧倒的強者とのバトルがアツい!(2ページ目)

(C) 2012 light All Rights Reserved.

1 2 3

データ

イメージ
▼『Dies irae ~Amantes amentes~(ディエス・イレ ~アマンテース アーメンテース~)』
■メーカー:light
■対応機種:PSP
■ジャンル:ADV
■発売日:2012年6月28日
■希望小売価格:6,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

イメージ
▼『Dies irae ~Amantes amentes~(ディエス・イレ ~アマンテース アーメンテース~)(初回限定版)』
■メーカー:light
■対応機種:PSP
■ジャンル:ADV
■発売日:2012年6月28日
■希望小売価格:8,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『Dies irae ~Amantes amentes~(ディエス・イレ ~アマンテース アーメンテース~)』ダウンロード版
■メーカー:light
■対応機種:PSP
■ジャンル:AVG
■発売日:2012年7月5日
■価格:7,140円(税込)
▼『Dies irae ~Amantes amentes~(ディエス・イレ ~アマンテース アーメンテース~)』
■メーカー:light
■対応機種:PC
■ジャンル:AVG
■発売日:2012年8月31日
■希望小売価格:9,240円(税込)
 
■『Dies irae ~Amantes amentes~(ディエス・イレ ~アマンテース アーメンテース~)』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『Dies irae ~Amantes amentes~』Gユウスケ描き下ろしクロスポスター
■メーカー:アスキー・メディアワークス
■発売日:2012年8月下旬
■希望小売価格:4,500円(税込)
 
■『Dies irae ~Amantes amentes~』Gユウスケ描き下ろしクロスポスター
Amazon.co.jp電撃屋

関連サイト

関連記事

この商品を買った人はこんな商品も買っています (Amazon.co.jpより)

Facebookコメント

注目記事

週間アクセスランキング

[集計期間2014年 09月24日~09月30日]

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。