News

2012年7月6日(金)

原作者・鎌池和馬先生の書き下ろしシナリオもあり! 『とある魔術と科学の群奏活劇(アンサンブル)』が発売決定

文:電撃オンライン

『とある魔術と科学の群奏活劇(アンサンブル)』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 バンダイナムコゲームスは、PSP用ソフト『とある魔術と科学の群奏活劇(アンサンブル)』を発売する。発売日と価格は未定。

『とある魔術と科学の群奏活劇(アンサンブル)』

 本作は、電撃文庫で刊行されている小説シリーズ『とある魔術の禁書目録(インデックス)』と、そのスピンアウト作品のコミック『とある科学の超電磁砲(レールガン)』がクロスするアドベンチャーゲーム。異なる4つの物語が複雑に絡み合って展開される仕組みになっており、物語はそれぞれ“魔術(表)編”、“魔術(裏)編”、“科学(表)編”、“科学(裏)編”と銘打たれている。シナリオの中には、原作者・鎌池和馬先生の書き下ろしシナリオもある。

 さらに、タイトルの“アンサンブル”には、別の意味も隠されているという。開発は、『とらドラ・ポータブル!』や『俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブルが続くわけがない』のガイズウェアだ。

●ゲーム画面を公開!

『とある魔術と科学の群奏活劇(アンサンブル)』
▲インデックスとの会話シーン。主人公・上条当麻はすでに彼女と出会っているようだ。
『とある魔術と科学の群奏活劇(アンサンブル)』 『とある魔術と科学の群奏活劇(アンサンブル)』 『とある魔術と科学の群奏活劇(アンサンブル)』
▲御坂美琴との会話シーン。『超電磁砲』からは、白井黒子、佐天涙子も登場する。

(C)鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX
(C)鎌池和馬/冬川基/アスキー・メディアワークス/PROJECT-RAILGUN
(C)2012 NBGI
※画面は開発中のもの。

データ

▼『とある魔術と科学の群奏活劇(アンサンブル)』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:ADV
■発売日:2013年2月21日
■希望小売価格:5,981円+税

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。