News

2012年7月11日(水)

人気AVG『流行り神』の映画化が明らかに! 三森すずこさんと月宮うさぎさんが駆けつけた“日本一ソフトウェア20周年記念プレスカンファレンス”

文:電撃オンライン

『特殊報道部』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 日本一ソフトウェアは、“20周年記念プレスカンファレンス”を本日7月11日に、東京のUDXシアターで開催した。

“日本一ソフトウェア20周年記念プレスカンファレンス”
“日本一ソフトウェア20周年記念プレスカンファレンス” “日本一ソフトウェア20周年記念プレスカンファレンス” “日本一ソフトウェア20周年記念プレスカンファレンス”

 “20周年記念プレスカンファレンス”はイベント名の通り、同社の設立20周年を記念したもの。明日7月12日より1年間を“日本一ソフトウェア20周年祭”として、記念タイトルや記念イベント、記念グッズを展開して盛り上げていくという。

 カンファレンスには、新川宗平代表取締役社長や開発スタッフに加えて、声優の三森すずこさんとアーティストの月宮うさぎさんが登壇。今後リリースされるタイトルや展開について語った。

■1年にわたる“日本一ソフトウェア20周年祭”

 登壇した新川氏は、2013年7月13日で同社が20周年を迎えることに対して、関係者を代表してユーザーにお礼を述べた。「今日1日では、お礼を語り尽くせません!」ということで、1年間にわたってイベントを展開し、たっぷり楽しんでもらうことを明らかにした。

“日本一ソフトウェア20周年記念プレスカンファレンス” “日本一ソフトウェア20周年記念プレスカンファレンス”
▲あいさつを終えた新川氏は、同社の発表会のフォーマルなスタイルであるプリニーのかぶり物を装着した。

 “日本一ソフトウェア20周年祭”のコンセプトは“チャレンジ!!”。新川氏を始めとする日本一ソフトウェアは、大手メーカーではできないこと、おバカなことを期待されていると考えているという。それに応えるべく、社名ロゴを変更することになったとのこと。ここで、新たな社名ロゴが公開された。

“日本一ソフトウェア20周年記念プレスカンファレンス” “日本一ソフトウェア20周年記念プレスカンファレンス”
“日本一ソフトウェア20周年記念プレスカンファレンス” “日本一ソフトウェア20周年記念プレスカンファレンス”
▲新たな社名ロゴの題字を手がけたのは、『おーいお茶』などの題字で有名な安達花鏡さん。これまでのロゴも愛着があったというが、「20周年ということで思い切りました」と、新川氏は変更理由を明かした。

 新川氏は、新規オリジナルタイトルにチャレンジしていくことを明かす。ゲームソフトだけではなく、さまざまなエンターテインメントにチャレンジしていくというので期待しておこう。

 ここでゲストとして、三森すずこさんが登場。三森さんは、自身が演じた『魔界戦記ディスガイア4』の風祭フーカではなく、日本一ソフトウェアの永遠の隠れキャラクターであるアサギのコスプレであった。このことから三森さんからも、「主人公になるのですか?」と新川氏に質問が飛んだが、冷静に「なりません!」と返されていた。

“日本一ソフトウェア20周年記念プレスカンファレンス”

 では、なぜ三森さんがアサギの格好をしていたのか。主人公にはならないが、とあるタイトルで三森さんがアサギの声を担当するために、コスプレしたことが明らかになった。これについて三森さんは「これまでにさまざまな先輩が演じていたキャラ。私なりにアサギをやりたいです」とコメントした。

“日本一ソフトウェア20周年記念プレスカンファレンス”

 新川氏は、20周年記念タイトルとして1年間にリリースするタイトルのシルエットを公開。画像には5つのタイトルに加えて、“and more...?”という気にあるテキストが。どうやら、ここにリストアップしたものだけではないようだ。

■いとうのいぢさんがキャラデザの新作タイトルが判明

“日本一ソフトウェア20周年記念プレスカンファレンス” “日本一ソフトウェア20周年記念プレスカンファレンス”

 今年の4月には、いとうのいぢさんがキャラクターデザインを担当する新規タイトルが発表されていたが、会場ではそのタイトルとなる『神様と運命革命のパラドクス』が公開された。ある日、突然神様に選ばれた高校生が7人の天使たちに囲まれて、願いを叶えていきながら成長していくという物語になっているという。「ライトノベルテイストが強い物語です」と新川氏が説明していたように、これまでの同社の作品とは、異なるテイストになるようだ。

“日本一ソフトウェア20周年記念プレスカンファレンス” “日本一ソフトウェア20周年記念プレスカンファレンス” “日本一ソフトウェア20周年記念プレスカンファレンス”
“日本一ソフトウェア20周年記念プレスカンファレンス” “日本一ソフトウェア20周年記念プレスカンファレンス” “日本一ソフトウェア20周年記念プレスカンファレンス”
“日本一ソフトウェア20周年記念プレスカンファレンス” “日本一ソフトウェア20周年記念プレスカンファレンス” “日本一ソフトウェア20周年記念プレスカンファレンス”

 ここで、作成中という本作のオープニングが公開された。歌・BGMは妖精帝國がすべて担当。なお、妖精帝國もバンド結成15周年ということで、記念すべき年になるようだ。

“日本一ソフトウェア20周年記念プレスカンファレンス”

 新川氏は、『神様と運命革命のパラドクス』について、「ゲームだけでなく、さまざまなメディアに進出していきたい!」と力説。三森さんの「TVアニメとかですか?」という質問に対して、「なんとか実現したいと思っています」と新川氏は答えていた。

次のページで『特殊報道部』や『Z/X』に加えて、新作が明らかに!

(C)2012 Nippon Ichi Software, Inc.
(C)2012 Nioppon Ichi Software, Inc./メ~テレ
(C)BROCCOLI/Nippon Ichi Software, Inc.

1 2

データ

▼『特殊報道部』
■メーカー:日本一ソフトウェア
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:ADV
■発売日:2012年8月23日
■希望小売価格:5,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『神様と運命革命のパラドクス』
■メーカー:日本一ソフトウェア
■対応機種:PS3
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年1月24日
■希望小売価格:6,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『特殊報道部』ダウンロード版
■メーカー:日本一ソフトウェア
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:AVG
■発売日:2012年8月23日
■価格:5,000円(税込)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。