News

2012年7月14日(土)

もう斜め上にはいかない――新国家ブリスティアも発表された『グラナド・エスパダ ルネッサンス』6周年記念パーティ

文:電撃オンライン

 ハンビットが運営する『グラナド・エスパダ ルネッサンス』の6周年パーティをレポートする。

『グラナド・エスパダ ルネッサンス』

 このイベントは、『グラナド・エスパダ』(現『グラナド・エスパダルネッサンス』)の正式サービス開始6周年を祝した、完全招待制のパーティ。東京は渋谷プライム内・スペースシャワーTV THE DINERを貸し切って行われた。

 パーティの司会を務めたのは、声優の儀武ゆう子さんとハンビット広報の土屋宙之さん。お2人の挨拶の後、ハンビット代表取締役のキム・ユラさんと『グラナド・エスパダ』日本運営プロデューサーの中尾圭吾さんが登壇した。キム代表取締役は、「本日のイベントで発表される内容は、他国のいい運営事例を参考にした大幅なシステム変更になります。中尾プロデューサーに作ってもらった構想は、運営者としてはなかなか判断に苦しむものでしたが、『グラナド・エスパダ』をプレイされるすべてユーザーさんに楽しんでもらえるものになると思います」との開会の挨拶が行われた。

『グラナド・エスパダ ルネッサンス』 『グラナド・エスパダ ルネッサンス』
▲MCの儀武さん(左)と土屋さん(右)。▲自ら豪語するように日本語も上達してきたキムさん。

 続いて、開発会社IMCより、GEライブ本部の本部長であるイ・ヨンシクさん、同じく開発チーム長のキム・テヒョンさん、IMC音響監督のグアック・ドンイル(SEVIN)さんが登壇。さらには、『グラナド・エスパダ』の楽曲を手掛ける作曲家の久保田修先生、イラストを手がけるイラストレーターの小林智美先生までもがゲストとして登場した。

『グラナド・エスパダ ルネッサンス』 『グラナド・エスパダ ルネッサンス』
▲わざわざ韓国から来てくれたIMCの皆さん。▲久保田先生&小林智美先生も応援に駆けつけてくれた。

 ゲストの皆さんは会場に招待されたユーザーに混ざってこのパーティを楽しみ、歓談コーナーではおしゃべりを楽しんでいた。また、会場ではキーワードを集めて『グラナド・エスパダ』に関連する単語を連想するクイズも実施。キーワードはゲストや特定の一般参加者が1文字ずつ持っており、いち早く答えが分かった人には豪華プレゼントが贈られた。こういった数多くの催しが用意され、会場は常に活気に満ちていた。

■大規模リニューアルは理想形となるか、迷走となるか。

 一通りの歓談が終わるころ、土屋さんと儀武さん、そして中尾プロデューサーによるリニューアル発表が行われた。その内容は大きく分けると2種類で、1つは新規ユーザー・全ユーザーに向けたバランス調整やサーバ移住サービスといった、既存要素を遊びやすくする施策。そしてもう1つが、すべてユーザーの要望に応える新要素について。中尾さんいわく、今まではユーザーさんの求めるものの斜め上を行ってしまったりしたが、そうならないようにしていきたい」とのことだ。

『グラナド・エスパダ ルネッサンス』 『グラナド・エスパダ ルネッサンス』
『グラナド・エスパダ ルネッサンス』 『グラナド・エスパダ ルネッサンス』 『グラナド・エスパダ ルネッサンス』 『グラナド・エスパダ ルネッサンス』
『グラナド・エスパダ ルネッサンス』 『グラナド・エスパダ ルネッサンス』 『グラナド・エスパダ ルネッサンス』 『グラナド・エスパダ ルネッサンス』
▲まずは、公式生放送でパーティの模様を見ている『グラナド・エスパダ』を知らない人に向けて、本作の魅力を解説。

『グラナド・エスパダ ルネッサンス』 『グラナド・エスパダ ルネッサンス』 『グラナド・エスパダ ルネッサンス』
『グラナド・エスパダ ルネッサンス』 『グラナド・エスパダ ルネッサンス』 『グラナド・エスパダ ルネッサンス』
▲そのうえで、新規ユーザーのためのリニューアルも発表した。
『グラナド・エスパダ ルネッサンス』 『グラナド・エスパダ ルネッサンス』 『グラナド・エスパダ ルネッサンス』
『グラナド・エスパダ ルネッサンス』 『グラナド・エスパダ ルネッサンス』 『グラナド・エスパダ ルネッサンス』
▲アイテムの割引に一部課金システムの無料化、サーバ移住などうれしいことばかり!

 新要素は主な3つの要望に応えるというもの。1つ目の、アップデートが“遅すぎ”という意見に対しては、隔週ペースでアップデートを行っていくとしたうえで、GMピノッキの自信作だという今後のアップデート予定を公表した。

 また2つ目、ユーザーの要望と開発の方向性が“ズレすぎ”という意見については、オープン掲示板やニコニコ生放送によるユーザーと開発陣のディスカッションを実施することで対応。細かい意見を聞くことで「欠片からでも反映できるように取り組む」のだという。

 続く3つ目には、要素が“薄すぎ”という意見をもとに、第1弾“スケールアップデート”として中世ヨーロッパと近代を組み合わせた先進国家“ブリスティア”が実装されることが発表。その際に、新キャラクターが多数登場することも判明した。

『グラナド・エスパダ ルネッサンス』 『グラナド・エスパダ ルネッサンス』
『グラナド・エスパダ ルネッサンス』 『グラナド・エスパダ ルネッサンス』 『グラナド・エスパダ ルネッサンス』
『グラナド・エスパダ ルネッサンス』 『グラナド・エスパダ ルネッサンス』 『グラナド・エスパダ ルネッサンス』
『グラナド・エスパダ ルネッサンス』 『グラナド・エスパダ ルネッサンス』 『グラナド・エスパダ ルネッサンス』
『グラナド・エスパダ ルネッサンス』 『グラナド・エスパダ ルネッサンス』 『グラナド・エスパダ ルネッサンス』
『グラナド・エスパダ ルネッサンス』 『グラナド・エスパダ ルネッサンス』
▲ざっくりまとめると、新要素を隔週ペースで追加、掲示板やインターネット生放送による交流会の実施、新国家ブリスティアの導入ということだ。

 コーナーの最後には、開発会社IMC GamesのGEライブ本部開発チーム長のキム・テヒョンさんが登壇し、「日本の『グラナド・エスパダ』は日本の皆さんのものですので、皆さんの意見をゲームにうまく反映させていきたい。その準備は十分にしております。」とコメントした。なお、7月18日のリニューアルを祝って、全ユーザー(新規ユーザー含む)に豪華アイテムがプレゼントされるとのことだ。

『グラナド・エスパダ ルネッサンス』

→次のページでは、最高峰のバトル・日韓戦の様子をお届け!(2ページ目へ)

(C)2003-2012 IMC Games Co., Ltd. Published by Hanbit Ubiquitous Entertainment Inc.

1 2

データ

▼『グラナド・エスパダ ルネッサンス』
■運営:ハンビットユビキタスエンターテインメント
■対応機種:PC(対応OS:Windows 2000/XP)
■ジャンル:RPG(オンライン専用)
■サービス開始日:2006年7月21日
■プレイ料金:無料(アイテム課金)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。