News

2012年8月23日(木)

インディ・ジョーンズを目指す日本一の社長の進路を変えたのは『ファイナルファンタジーV』だった!【電撃日本一】

文:電撃オンライン

 この“新川社長インタビュー”は、日本一ソフトウェアの設立20周年を記念する特設ページ“電撃日本一ソフトウェア”の連載コーナー。2013年の7月までの長期間にわたって、社長である新川宗平氏にさまざまな話をお聞きしていく。

 第4回目となる今回は、新川社長の一風変わった入社話を中心にお届けする。本来は考古学を研究していた新川社長が、ゲーム業界に進むことになったきっかけとは?


“電撃日本一ソフトウェア”

日本一ソフトウェア 代表取締役社長 新川宗平

 1996年に日本一ソフトウェアに入社後、営業、広報、開発と、さまざまな分野でゲーム制作に携わる。多くのタイトルのプロデューサーを務めつつ、『魔界戦記ディスガイア』などのシナリオを執筆。2009年7月に同社の代表取締役社長に就任したのちも、『絶対ヒーロー改造計画』のシナリオを執筆、『魔女と百騎兵』のプロデューサーを務めるなど、ゲーム制作の現場に立ち続ける。


■世界の遺跡で冒険するために考古学を専攻していた新川社長がなぜゲーム業界に?

――今回は新川社長がゲーム業界を目指し始めたきっかけについてお聞きします。子どものころからゲーム業界に興味があったんですか?

新川:いいえ、幼いころからの夢はインディ・ジョーンズになることでした。

――え? 冒険家になりたかったということですか?

新川:そうですね。世界を股にかけた大冒険をしたくて、大学では考古学を専攻していました。大学を卒業したら、フリーの考古学者として世界の遺跡をめぐるつもりでした。

 念を押しておきますが、冗談じゃなくて本気でしたよ(笑)。

――それがなぜ、ゲーム業界を目指すことに?

新川:ある日、スーパーファミコンの『ファイナルファンタジーV』を遊んだら、これがむちゃくちゃ楽しかったんですよ! ジョブチェンジやアビリティの組み合わせによるカスタマイズがすごくおもしろくて、「こういうシステムは誰がどうやって考えているんだろう?」とか、「自分だったらこんなシステムを作ってみたい!」という考えが止まらなくなってしまい……。

 これはもう、自分にこの道に進めという天啓だろうと思って、その日のうちに進路を変えて、次の日からゲーム業界1本に切り替えて就職活動を始めました。それが大学3年生の時ですね。

 そもそもゲームは小学生のころから大好きで、ファミコンが発売される前から遊んでいました。それこそインベーダーゲームやジャンピューターなどがはやっていたころから好きでしたし、大学に入ってからもゲームのために昼夜逆転の生活をすることもありました。でも、『ファイナルファンタジーV』に出会うまでは、ゲーム業界を目指そうなんて考えたこともなかったですね。

――そこまで衝撃が大きかったんですね。

新川:それぐらい、いてもたってもいられなかったんでしょうね。ゼミの先生に理由を説明した時は、ポカーンとした顔をされてしまいました。数日前まで考古学者志望だったのが、いきなりゲーム業界ですからね(笑)。

――就職活動中の思い出はありますか?

 当時はゲーム関連企業の最新採用情報が掲載された『ゲーム業界就職読本』という本が有名で、まずはその本を買って、手当たりしだいにアプローチしました。少なくとも50社以上は超えてましたね。

 そういった活動中、以前にお話ししたように『The 鬼退治!!目指せ!二代目桃太郎』の広告を見て日本一ソフトウェアのことを知り、せっかくだからと書類を送ったんです。

――日本一ソフトウェアがあるのは岐阜県ですが、当時、新川社長は岐阜の近辺に住んでいたんでしょうか?

新川:いえ、大学生時代は神奈川県に住んでいました。ただ、特に場所で会社を選ぶということはありませんでしたね。とにかくゲームが作りたかったので、ゲーム開発に携われるなら、ぶっちゃけ、どんな会社でもいいと思っていましたし。

 というのも、いくつかの大手ゲーム会社で面接を受けたところ、大きければ大きいほど、新入社員がゲーム開発の現場に参加できる機会が少ないケースが多かったんですよ。入社後数年はゲームセンターの店員として経験を積まないといけないとか、最初の1年は必ず営業職として働かないといけないとか。だから、自分のやりたいことができるチャンスをもらえる会社なら、どこでもいいと思っていました。

――そんな中、日本一ソフトウェアを選んだ決め手はなんだったのですか?

新川:内定をもらったあとに会社見学に行ったんですが、本当に小さい会社だったんです。同じく見学に来た3~4人の内定者とも、「こういう会社なら自分たちのやりたいことを近いうちにできるかもしれない」という話になって、入社を決心しました。

 ちなみに、あとになって知ったのですが、当時の日本一ソフトウェアがゲーム雑誌に広告を出したのは私が見た1回だけだったそうです。たまたま雑誌に1度だけ掲載された広告を見て資料を送ったら入社が決まったわけで、世の中どこにご縁が転がっているかわからないものですね。そういった経緯があるので、私自身、いまだにいろいろな人とのご縁を大事にしています。

“電撃日本一ソフトウェア” “電撃日本一ソフトウェア”
▲ゲーム雑誌に一度だけ掲載されたという、ある意味でレアな『The 鬼退治!!目指せ!二代目桃太郎』(PlayStation Storeのゲームアーカイブスで配信中!)の広告。当時の新川社長は、その広告を見て日本一ソフトウェアの存在を知ったという。

――そうして入社されてすぐに、『ロジック麻雀 創龍』のディレクターやシナリオを担当することになったわけですから、本当にすごいご縁ですよね。

新川:私が入社した時期は、ちょうど日本一ソフトウェアにとって大きな節目になるタイミングでした。当時は10人前後の会社だったのですが、思い切った新卒採用を実施して、6人の新卒者を採用したんです。一気に社員数を1.5倍にする攻めの姿勢に出たわけですね(笑)。

 そのうちの1人が私で、のちに『どきどきシャッターチャンス 恋のパズルを組み立てて』でキャラクターデザインを担当した森島や、『マール王国の人形姫』のキャラクターデザインを担当した野村良治(現:Ryoji)なども同期として入社しました。

 せっかく同期で入ったんだから、一緒に何か作ろうという話で作ったのが『どきどきシャッターチャンス 恋のパズルを組み立てて』でした。当時は『ときめきメモリアル』のヒットもあって、いわゆるギャルゲーが流行り始めた時期だったので、女の子にメインスポットをあてたゲームにしようということになりました。ただ、まだ開発技術のノウハウが未熟なので、ゼロから新しいものを作れるほどの技術はありませんでした。そこで、当時の我々が持っていたジグソーパズルゲームのノウハウを生かした形ですね。

“電撃日本一ソフトウェア” “電撃日本一ソフトウェア”
▲1997年10月13日に発売された『どきどきシャッターチャンス 恋のパズルを組み立てて』。ジグソーパズルゲームをベースに、美少女AVG要素が盛り込まれている。現在、PlayStation Storeのゲームアーカイブスでプレイできる。

【次回のインタビューは9月13日掲載予定】


◆女性キャラの人気投票を開催中!◆

 設立20周年を記念して、日本一ソフトウェアの女性キャラの人気投票を開催中(締切は8月24日23:59)。投稿いただいた方の中から抽選で3名様に、“日本一ソフトウェア関連グッズが詰まった福袋”をプレゼントします。投稿いただいたメッセージは、今後の“電撃日本一ソフトウェア”で紹介する予定なので、ふるってご応募ください。どんな女性キャラがいたのか思い出したい時は、こちらの記事をチェック!

【女性キャラの人気投票に参加する!】

電撃日本一ソフトウェア

(C)1995 NIPPON ICHI SOFTWARE, INC.
(C)1997 NIPPON ICHI SOFTWARE, INC.

関連サイト

関連記事

Facebookコメント

注目記事

電撃オンラインch

電撃オンラインch(YouTube)

週間アクセスランキング

[集計期間2014年 04月11日~04月17日]

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。