News

2012年7月30日(月)

志方あきこさんと城南海さんが紡ぐ『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』の世界! 2人のアーティストからのコメントを紹介

文:電撃オンライン

『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 ガストから発売された、PS Vita用ソフト『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』。本作の音楽にかかわる、志方あきこさんと城南海(きずき みなみ)さんへのインタビューを掲載する。

『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』インタビュー

 オンライン専用タイトル『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』は、“7つの次元を越えた先に、本当に存在する世界”をコンセプトとした“サージュ・コンチェルト”シリーズの1作目。“7次元コミュニケーション”とジャンル付けされた本作では、7次元先の世界で生活している少女・イオンとのコミュニケーションを主体とした、今までにない体験を楽しめる。

 7月26日に発売された『電撃PlayStation Vol.523』(アスキー・メディアワークス刊)では、楽曲を担当した志方あきこさんと、カノンの詩魔法のボーカルを担当した城南海さんへインタビューを行った。今回は、誌面に掲載できなったものを含めたインタビューの完全版をお届けする。『シェルノサージュ』を楽しんでいる人だけでなく、お2人のファンもチェックしてほしい。

■志方あきこさんが感じた『シェルノサージュ』の世界観とは!?

『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』インタビュー
▲志方あきこさん

●志方あきこさんのプロフィール●

 これまでに、『アルトネリコ』シリーズの主題歌、ゲーム内音楽を担当した他、TVアニメ『うみねこのなく頃に』や映画『Messiah(メサイア)』などの主題歌を担当するなど、多方面で活躍している。

 民族音楽的なリズムと、多重録音によるコーラスワークで構成された幻想的な世界と歌声で、聴く人を幻想世界へと誘うアーティストだ。



――本作の作曲のオファーが来た時、方向性についてのは話はありましたか?

 “壮大”、“民族音楽のエッセンス”、この2つを軸にした上で、自由に音楽世界を構築してほしい、というとてもありがたくもやりがいのある方向性をご提示いただきました。また、『アルトネリコ』の音楽を気に入ってくださっている方々にも楽しんでいただけるものを、とのご希望もいただきましたので、根幹の部分については『アルトネリコ』の音楽性を受け継いだうえで、重要なエッセンスとしてアジアの民族音楽を意識した方向性を目指しました。

――『シェルノサージュ』の世界観について、どんな感想を抱かれましたか?

 「土屋ディレクターの世界だ! また、このわくわくする世界を体感できるんだ!」と、うれしくなりました。前作『アルトネリコ』シリーズの世界もそうなのですが、土屋ディレクターは「この世界を心行くまで旅したい!」と、そう願ってしまうような、個性的で魅力的な世界を創造されるので、楽曲を作る際にはいつも本当に楽しく作業させていただいております。

 細かい設定が沢山あるので、それを把握するだけでも膨大な作業量なのですが、それなのに、全然苦労を感じない、むしろとても楽しい、そんな魅力を秘めた世界です。

 『アルトネリコ』の世界観よりも、本作の方がよりスケールが大きく、そして、深刻な命題を内に秘めています。今後、シナリオが進むごとに明らかになるそれらの命題を、音楽でもプレイヤーの皆さまにお伝えできるよう、力を尽くしたいと思います。

――今回はテーマ曲などの楽曲提供にとどまらず、ゲーム中のBGMまで、幅広く制作にタッチされているとのことですが、志方さん側から土屋さんに対して提案した部分、もしくは「こうではないか」と思いを伝えた部分などはありますか?

 私の担当キャラクター、イオンの想いや考え、『シェルノサージュ』の世界観について、シナリオを読んだ際に疑問に思った点をよくお伺いしています。イオンだったらこう感じるのではないか、こう行動するのではないか、世界観的にはこういうテイストの楽曲はどうなのか、などなど。

 それに対していつも土屋ディレクターが熱意ある真摯な回答をくださるので、より深くイオンや世界観、物語を理解することができて、本当にありがたく思っています。

 また、BGMについては特に指定がない場所でも、必要だと思われた場合には曲やコーラスを追加しています。そういったご提案も柔軟に取り入れてくださるので、とてもやりがいがあります。

――オープニング、そしてテーマ曲の『ラ・シェール』はすごく心に響く曲ですが、こちらの2曲の聴きどころを教えてください。

『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』インタビュー

 ムービーとともに流れるオープニング曲は、プレイヤーの皆さまがまず初めに体感する『シェルノサージュ』の世界、その入り口だと個人的に思っています。ですので、世界観の壮大さや、また、ムービーによって描かれる荘厳な光景と臨場感を損ねることなくお伝えすべく、沢山のコーラスを重ねたり歌い方を変化させたり、と試行錯誤いたしました。7次元の世界『シェルノサージュ』へと、皆さまを誘うことができましたら、とてもうれしく思います。

 『ラ・シェール』はゲームのシナリオパートのEDに流れる曲です。この曲には仕掛けがあります。シナリオの章が終わるごとに、歌がどんどん追加され曲が変化していくという試みです。ゲームとともに章を追うごとに変化していく曲、段々と完成していく曲、そんなものがあったらおもしろいのではないか、と土屋ディレクターにご提案したら興味を持ってくださって、そして、この曲をご制作くださいました。

 各章ごとに追加されるコーラスの歌詞にて、その章にまつわるイオンの想いが描かれています。そのコーラスはゲーム独自の言語である“契絆想界詩”で歌われているのですが、シナリオの核心に触れる内容なので、現時点では日本語訳は未公開となっています。イオンの想いが綴られたその歌詞の真意が公開となる日を、どうぞ楽しみにお待ちください!

――城南海さんが歌われた楽曲の作詞作曲も今回手掛けられていますが、ご自身で歌う場合と提供する場合で意識して変える部分などはありますか? また、提供されました曲のポイントを教えてください。

 自分で歌う場合は、曲の世界観が第一優先ですので、積極的に声や歌い方を、曲や曲中のセクションによりマッチする声色や歌い方に変化させています。声は楽曲を構成する楽器のひとつという捕え方をしています。

 曲を提供させていただく場合は、歌い手さんの“声”や“歌”の個性を大事に楽曲を作り上げる方向性を目指しています。普段自分の収録を行う時とは“声”と“歌”に対するスタンスや取り組み方が真逆なので、城さんのボーカル収録時には貴重な経験をさせていただき、とても勉強になりました。

 提供させていただいた歌曲『天地咆吼』はAメロと呼ばれる少しゆったりとしたテンポのセクションで、城さんの声の個性を意識した作りに、そして、サビの部分では城さんの担当キャラクター、カノンと『シェルノサージュ』の音楽性を意識した作りになっています。そういった点を念頭に置いたうえで聞いていただくと、歌曲のまた違った一面を感じとっていただけるのではないかと思います。

――本作に限らず、作詞作曲を行うときに志方さんがこだわっているポイントは何でしょうか?

 楽曲の世界観を大事にしたい、そう思っています。楽曲の背景を掘り下げて考えていくことで、その世界観が自分の中でより明確に形になっていきます。そのうえで、その世界観を忠実に音で表現できるよう、作編曲や作詞作業にて心がけています。

 今作のようなキャラクターをモチーフにした楽曲の場合は、そのキャラクターを理解する事が何よりも大事だと思っています。ですので、シナリオを何度も読み込んで、自分なりにそのキャラクターの気持ちを追体験し、イメージを膨らませています。

『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』インタビュー
▲土屋暁ディレクター

――土屋ディレクターの作品と縁が深い志方さんですが、同じクリエイターとして土屋さんをどう評価されていますか?

 いつも次から次へと個性的かつ斬新なアイデアを思いつかれるので、「本当にこの方は同じ人間なのだろうか? もしかしたら、7次元世界の方なのかも……」とつねづね思っております(笑)。

 創作に対してとても真摯な方なので、制作上での打ち合わせなどにて、いつもいろいろなことを学ばせていただいております。『シェルノサージュ』の開発でも、佳境の大変な時であってもポジティブに最後まで諦めない土屋ディレクターの不屈の創作魂にいつも励まされる思いです。

――お仕事関連の情報やアピールがあればお願いします。

 7月より、来年3月のコンサートに向けて、ファンの皆さまと一緒に楽しんで行ける様なファンクラブ組織を開始いたしました。また、『ラ・シェール』を収録したCD『ライラニア』が好評発売中です。

『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』インタビュー
▲『ライラニア』(ジャケットイラスト:ウタコ)

次のページで城南海さんへのインタビューを掲載!

(C)GUST CO.,LTD. 2012
(C)Akiko Shikata (C)Frontier Works
(C)2011 PONY CANYON ARTISTS.INC. All Rights Reserved.

1 2

データ

▼『ライラニア』
■販売元:フロンティアワークス
■品番:通常盤 FCCV-0032/初回限定盤 FCCV-0031
■発売日:2012年6月27日
■希望小売価格:通常盤 1,500円/初回限定盤 2,000円(各税込)
 
■『ライラニア(通常盤)』の購入はこちら
Amazon.co.jp
 
■『ライラニア(初回限定盤)』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『アイツムギ/幸せの種』
■品番:PCCA-70338
■発売日:2012年6月20日
■価格:1,000円(税込)
 
■『アイツムギ/幸せの種』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』
■メーカー:ガスト
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:その他
■発売日:2012年4月26日
■希望小売価格:4,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~ AGENT PACK』
■メーカー:ガスト
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:その他
■発売日:2012年4月26日
■希望小売価格:6,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』ダウンロード版
■メーカー:ガスト
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:ETC
■発売日:2012年4月26日
■価格:4,200円(税込)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。