News

2012年8月2日(木)

調査のテーマは人体発火やエシュロン!? 『特殊報道部』第3報では気になるエピソードの一部を紹介!

文:電撃オンライン

『特殊報道部』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 日本一ソフトウェアから8月23日に発売される、PS Vita用AVG『特殊報道部』の第3報をお届けする。

 『特殊報道部』

 本作は、尾張テレビの報道番組『トクホウ』を制作する“特殊報道部”のメンバーが、取材や検証を行いながらさまざまな超常現象の謎を解明していくアドベンチャーゲーム。プレイヤーは主人公の新人AD・柚原遼となり、UFO、未確認生物、人体発火、超能力など眉唾な噂話の真相をつかむため、他の番組スタッフたちと日夜奔走する。キャラクターデザインは漫画家の清原紘さん、BGMはElements Gardenが手掛ける。

 第1報では物語のあらすじと主要キャラクター4人を、第2報では主要キャラクター2人とスタッフたちの仕事内容について紹介した。第3報となる今回は、番組の収録方法と視聴率について解説する他、気になるエピソードの一部を掲載する。また、店舗特典を掲載するので、まだ予約していない人は参考にしてほしい。

■店舗特典

 『特殊報道部』  『特殊報道部』
【ゲームアーク、クレスト宝島、パピルス】描き下ろしテレカ【ソフマップ】描きおろしテレカ
 『特殊報道部』  『特殊報道部』
【アニメイト】描きおろしブックカバー(文庫本サイズ)【ファミーズ、お宝創庫】オリジナルテレカ
 『特殊報道部』  『特殊報道部』
【メ~コレ(メ~テレの通信販売サイト)】尾張テレビ取材メモ【ステラワース】男性キャラクターブロマイド4枚セット

※各特典は、その性質上、数に限りがある。購入時の特典の有無や入手条件など、詳細は各店舗に確認してほしい。


■番組のクオリティが視聴率に直結!

 『トクホウ』は、案内役であるアナウンサー・村瀬知華のナビゲートによって進行していく。番組の収録時に彼女の話に合わせながら、スタジオのモニターにVTRや音声のキュー出し(再生・出力)を行う。番組の進行に合わせて素材を選び、タイミングよくモニターに映し出すことで、番組のクオリティがアップする。

 番組のクオリティは視聴率(評価)に直結しており、取材や検討、そして収録時の行動によって変化する。TV番組である以上、視聴率は無視できない重要な要素。打ち切りを回避し、視聴者に真実を届けるため、よりよい番組制作を心掛けたい。

 『特殊報道部』  『特殊報道部』
 『特殊報道部』  『特殊報道部』  『特殊報道部』
▲完成度の高い番組を制作するには、何を伝えたいかをきちんと理解していなければならない。

→次のページでは、人体発火のエピソードを紹介!(2ページ目へ)

(C)2012 Nippon Ichi Software, Inc./メ~テレ

1 2 3

データ

イメージ
▼『特殊報道部』
■メーカー:日本一ソフトウェア
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:ADV
■発売日:2012年8月23日
■希望小売価格:5,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『特殊報道部』ダウンロード版
■メーカー:日本一ソフトウェア
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:AVG
■発売日:2012年8月23日
■価格:5,000円(税込)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。