News

2012年9月11日(火)

“絶望”の中にも“希望”はあった――『ロストヒーローズ』の魅力を語り合う座談会をお届け!

文:電撃オンライン

『ロストヒーローズ』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

■本作独自のライドダンジョンは、歯ごたえありすぎ?

ごえモン:ちょうどライドダンジョンの話が出たので、そっちの話題をお願いします。

るーぱ:巨大なボスに巨大戦艦で挑む! っていう雰囲気を味わうだけのコンテンツだと思ってたんですが、想像よりずっと歯ごたえがありますね。

そみん:というか歯ごたえがありすぎ。特に中盤以降。こっちの武装をガンガン破壊するわ、エネルギーダウンの効果まで付与されるわ、一戦でボロボロ(笑)。

ごえモン:うはあ、それはキツイ。そみんさんの場合、どうやって進んだんですか?

そみん:基本は、“1戦終わったら拠点に戻って回復”の繰り返し。あとは逃げ。通常のダンジョンと違ってシンボルエンカウントだから、一方通行でどうにもならない時だけ戦う感じ。ただ、戦艦の装備を集めないと後々に困ることになるから、いずれ挑むことになる戦闘は多い。

るーぱ:序盤だと勝てることが前提の詰め将棋的なバトルなんですけどね。あとは、いかに装甲(HP)とエネルギーが高い状態で戦闘を終えるかが重要。

そみん:あと、ライドバトルのメリットが少ないのが気になったかな。戦闘が長いわりに得られるものが少ないというか。

ごえモン:ガーディアンチップ入手からのフォース取得という意味では、避けては通れないですけどね。あと、アイテムサーチでまれに、キャラのステータスを増加させるアイテムが取れるのがうれしい。

るーぱ:キャラのステータスをMAXにするようなやり込みに使えそうですね。なかなか手に入りませんが。

『ロストヒーローズ』 『ロストヒーローズ』
▲シンボルエンカウント方式を採用しているので、ライドダンジョンでは逃げることも戦略の1つだ。▲本作では、ここでのみ3Dとなって動き回る敵キャラクターを見ることができる。

■キャラクター選択、重視するのは愛か性能か

ごえモン:ここからはキャラ中心に話を進めていきましょう。まずは2人はどのキャラを使っていましたか?

そみん:私は性能とか関係なく発売前から決めていたタロウ、電王、BLACK RX、ダブルオーの4人を選択。特に悩んだのがセブンとタロウ。

るーぱ:セブンはバランスがよくて使いやすそうなパラメータですね。というか、“ウルトラマン”系はスペックが高いです。カラータイマーがあるから常時強いわけじゃないけど、数ターンで終わるザコ戦では無類の強さ。

ごえモン:セブンは『ヒーロー戦記』でも相当強かったですからね。ウルトラマン系はカラータイマーのシステムでうまく他作品と差別化できていました。

『ロストヒーローズ』
▲ウルトラマン系のキャラは総じて能力値が高いが、3ターンごとにカラータイマーが青→赤→青→赤……と変化する。赤になると、クリティカル発生率が上がる代わりに、パラメータが劇的に下がる。メインメンバーに入れるなら、カラータイマーの色に常に気を配る必要がある。

そみん:それでタロウだけど、お気に入りのHEROスキル“ウルトラダイナマイト”が使いにくくて……使用後にHPが1になるって、どう使えと(笑)。

ごえモン:“ウルトラダイナマイト”は、HP1の時に能力が上がるフォースと組み合わせて使うんですよ、きっと。

そみん:ああ、それがあった! 今度試してみよう。

るーぱ:自分もそみんさんと同じく、各シリーズを入れつつ、お気に入りのキャラを入れてタロウ、BLACK RX、ダブル、ウイングゼロのパーティにする予定でした。

ごえモン:でした、ということは変更になったと。

るーぱ:ええ。まだタロウが仲間になっていないので、その代わりにウルトラマンゼロを入れています。それはいいとして、BLACK RXの能力が自分のパーティとマッチしていないんですよね。

そみん:BLACK RX強いけど、なんで?

るーぱ:強いんですけど、他の3人と比べるとどうしても速度が劣ってちょっと持て余すんですよ。なので、今はオーズが入っています。オーズも好きですし。

ごえモン:まあ、そこは人それぞれだけど、好きなら愛と装備品でカバーしてほしいところ(笑)。

るーぱ:したいんですけどね。でも、BLACK RXの速度をカバーする装備品をオーズがつけたら、そこにはどうしても越えられない壁が存在するわけで……。後半“不思議なこと”が起こって、パワーアップするのを期待しています(笑)。

そみん:そう、実はBLACK RXは、○○のステータスが全キャラ中もっとも高いんだけどね。

ごえモン:僕は特撮系をあまり見ていないので、ゼロ、電王、ν、Zとガンダム枠を2つ設けました。で、いずれはガンダム系で統一。

そみん:誰か1人を外すわけだ。

ごえモン:イヤな言い方しますね(笑)。でも、外すとしたら最初から使えるνがベンチ入りかな。スキルもひと通り開放しましたし。

るーぱ:ガンダム系ってステータスがピーキーな印象があるなあ。強い部分は強いけど弱いところを突かれるとすごくモロイ。

ごえモン:多分、序盤で仲間になるνとZのイメージが強いのかと。ボスの攻撃で一撃死したりしますし(笑)。この2キャラはSPが多い分、HPが少ないですからね。でも装備品でHPを補えば、豊富なSPを生かした戦い方ができますよ。

『ロストヒーローズ』
▲1シリーズから5人登場するのに、パーティメンバーが4人というのはシステムの妙の1つ。電撃オンラインでは、混成パーティが人気だった。あなたはどんなパーティにする?

→原作の再現度はどうだった?(3ページ目へ)

(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 (C)石森プロ・東映 (C)創通・サンライズ (C)創通・サンライズ・MBS (C)円谷プロ
※画面は3DS版の開発中のもの。

データ

イメージ
▼『ロストヒーローズ』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:RPG
■発売日:2012年9月6日
■希望小売価格:5,981円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ロストヒーローズ』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:3DS
■ジャンル:RPG
■発売日:2012年9月6日
■希望小売価格:5,981円+税
▼『ロストヒーローズ』ダウンロード版
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP(ダウンロード専用)
■ジャンル:RPG
■発売日:2012年9月6日
■価格:6,280円(税込)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。