News

2012年9月1日(土)

『ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII』は強いライトニングの復活がキーワード――ステージイベントをレポート

文:電撃オンライン

 9月1日、2日に渋谷ヒカリエにて開催されている“FINAL FANTASY展”で発表された『ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII』。イベント初日に行われた本作のステージイベントをお届けする。

 ステージには、『ファイナルファンタジーXIII』シリーズのプロデューサーを務める北瀬佳範さん、ディレクターの鳥山求さんらが登場し、本作のコンセプトなどについての説明を行った。

▲北瀬プロデューサー

 まずは、本作のタイトルが『ライトニング リターンズ』となっている点について、北瀬さんは、「『ファイナルファンタジーXIII』発表当時の強いライトニングを復活させたのが今作になる」と語った。

 続いて登場した鳥山さんは、北瀬さんが伝えた強いライトニングについて、『ファイナルファンタジーXIII』が発表されてから、『ファイナルファンタジーXIII-2』までのライトニングをスクリーンに表示し、現在に至るまでのライトニングの変化について解説。

▲鳥山ディレクター
▲2006年当時の『ファイナルファンタジーXIII』のPVより。
▲『ファイナルファンタジーXIII-2』を経て、『ライトニング リターンズ』へ。

 また、本作について数多くあるコンセプトのうちから、“LIGHTNING RETURNS”、“WORLD DRIVEN(ワールド ドリブン)”の2つについて紹介した。このWORLD DRIVENというのは、4つの大陸からなるこの世界で、昼夜を通して生活を体験し、この世界で生きていくということ。そして、ライトニングが生きるこの世界が、残り13日で滅んでいく運命であることも明らかになった。

▲本作のコンセプトの1つ、WORLD DRIVEN。手にしている地球儀は本作の世界を表している。
▲海にかこまれた4つの島が舞台となる本作。しかし、滅亡まで13日と世界の死が目前に迫っている。
▲Facebookの使った、現実世界とのリンクもWORLD DRIVENのうちの1つといえる。

ゲームシステムと世界観などについて紹介
そしてサプライズも!→(2ページ目へ)

(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA

1 2

データ

▼『ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS3/Xbox 360
■ジャンル:RPG
■発売日:未定
■価格:未定

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。