News

2012年9月19日(水)

アニメファン必見! 9月末に放送される『ベルセルク 黄金時代篇I』や劇場版『Fate/stay night』などの名作5タイトルを一挙紹介

文:電撃オンライン

 世界中で楽しまれている日本のアニメーション。ロボットアニメ、冒険活劇など数多くの作品が海を渡り、ファンを作り続けている。その中でもファンタジー作品、特にダークファンタジーと呼ばれるジャンルは、海外のトップクリエイターたちに大きな刺激を与え、製作される映画にもさまざまな形で影響を与えている。

ダークファンタジー特集

 そこで電撃オンラインでは、9月25日からWOWOWで放送されるダークファンタジーアニメ作品5タイトルについて、その魅力に迫ってみた。どの作品も一度は見ておきたい作品ばかりなので、ぜひチェックしてほしい!

■“ベルセルク・サーガプロジェクト”第1弾『ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵』

ダークファンタジー特集

 本格ダークファンタジーとして、1989年の連載開始から現在進行形で絶大な人気を誇る三浦建太郎氏のコミック『ベルセルク』。中世ヨーロッパをベースに剣と魔法の世界で繰り広げられる、愛と憎しみ、魂のぶつかり合いの物語だ。その人気は日本を飛び出し、コミックの累計発行部数はなんと全世界で3,300万部にも及んでいる。

 1997年にTVアニメ化されたが、原作漫画の世界観すべてを新たに映像化する“ベルセルク・サーガプロジェクト”が2012年に始動! その皮切りとして、ファンの間でも人気が高い“黄金時代”が3部作として映画化されることになった。『ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵』は、その第1弾だ。アニメーションは、世界でも最高峰の技術を誇るSTUDIO 4℃が手掛けている。

●『ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵』ストーリー

 ミッドランド王国とチューダー帝国の百年戦争が続く戦乱の世。身の丈を超える長剣を背負った一匹狼の傭兵ガッツは、あるとき凄腕で知られた騎士を倒し、傭兵集団“鷹の団”を率いるグリフィスから目を留められる。

 秘めた野望からどうしてもガッツを仲間に欲しいグリフィスは決闘を申し入れ、結果、敗北を喫したガッツは鷹の団の一員となる。やがてガッツは期待以上の戦果を上げ、彼もまた仲間との絆に安らぎを感じていくが……。

ダークファンタジー特集

 壮大な戦闘シーンとは対照的に描かれる、孤独な傭兵・主人公ガッツと傭兵集団を率いるグリフィスの心の動きは、劇場化にあたっても精緻に描かれている。たくましくも繊細なガッツ、美しくも冷酷さをあわせ持つグリフィス、対照的な性格の2人が出逢い、惹かれあい、戦いを通して絆を固めていくも、やがて訪れる宿命に翻弄されていく。

 過去に放送されたTVアニメ以降も映像化のオファーが絶えなかった『ベルセルク』。原作者をはじめとする関係者の心を動かしたのは、これまで『鉄コン筋クリート』をはじめとするアニメ作品にとどまらず、浜崎あゆみさんなどのミュージックビデオなども手掛けてきたSTUDIO 4℃だった。

 『ベルセルク』に欠かせない戦闘シーンを臨場感あふれるスケール感で描くために、表現方法にも新たな手法を導入。3DCGの迫力に加えて、繊細な手描きの映像を融合するなど、新たな表現領域にチャレンジしている。

 また、映像化は困難といわれていた『ベルセルク』の魅力の1つとも言えるエロスとバイオレンスシーンにも挑戦。TVアニメ版ではこれらのシーンが再現されず、物足りなさを感じていた人もいるのでは? 見どころの1つである戦闘シーンなどが、壮絶かつリアルに再現されている。業界の常識を打ち破り、濃密に再現されているので必見だ。

 さらに物語の舞台となっている中世ヨーロッパの建築物や甲冑、人馬入り乱れる大軍勢同士の激突シーンなどは、徹底的に時代考証の裏付けが行われた。戦闘シーンでは、西洋剣術の専門家にも指導を受け、モーションキャプチャーによる剣さばきも取り入れられている。木々や花々など自然もリアルに描かれ、美しさの中に重厚感あふれる壮大な舞台が物語に彩りを添えた映像の完成度の高さは、グリフィス役の櫻井孝宏さんも見惚れたほどだ。

 『覇王の卵』はあくまでもプロジェクトの第1弾。2012年6月に公開された第2弾『ドルドレイ攻略』、2013年正月第2弾公開予定の第3弾『降臨』へと続く壮大な物語の序章を見逃すな!

 なお、電撃オンラインでは『ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵』のガッツ役・岩永洋昭さんから、ダークファンタジー特集についてのコメントをいただいたので、以下で紹介する。映画本編についてのインタビュー記事は後日に掲載するので、ぜひそちらもチェックしていただきたい。


ダークファンタジー特集

●ガッツ役・岩永洋昭さんのコメント

 元々バンパイアものは少し興味があるので、『バンパイアハンターD』は見ています。なので、バンパイアつながりで『BLOOD THE LAST VANPIRE』も気になりますね。以前、ヨーロッパのアニメーションにはまったことがあったりして、意外とアニメに興味を持っているほうなので、ダークファンタジーアニメ特集にラインナップされているすべてのタイトルが気になります。全部、見てみたいですね。


■放送スケジュール
『ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵』
 2012年9月30日 23:45~ WOWOWプライム

→初HD化される『バンパイアハンターD』と
劇場版『Fate/stay night』を紹介!(2ページ目)

(C) 三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社/BERSERK FILM PARTNERS
(C)2001 菊地秀行/「バンパイアハンターD」製作委員会
(C) TYPE-MOON / Fate-UBW Project
(C)2000 Production I.G/ANX・SCEI・IPA
(C)2005 タツノコプロ/鴉-KARAS-製作委員会
(C)2011 NAMCO BANDAI Games Inc.
(C)2011 士郎正宗/青心社・「アップルシードXIII」製作委員会

1 2 3

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。