News

2012年9月10日(月)

時代や勢力を自由に選んで三國志を楽しめる! 『真・三國無双6 Empires』から基本的なゲームの流れを紹介

文:電撃オンライン

 コーエーテクモゲームスは、11月8日に発売するPS3用ソフト『真・三國無双6 Empires』の新情報を公開した。

『真・三國無双6 Empires』

 本作は、一騎当千の爽快アクションと“国取り”のシミュレーション要素の両方が楽しめる『Empires』シリーズの最新作。本作では、個々の“生き様”にスポットがあてられ、プレイヤーの行動次第で多彩に変化する自由度の高いゲームを楽しめる。新規プレイアブル武将として徐庶(じょしょ)が登場する他、戦闘に駆け引きが生まれる“絶招秘計(ぜっしょうひけい)”、エディット機能の大幅強化など、新要素も盛り込まれている。

 公開されたのは、ゲームモードの1つ“争覇モード”における“旗揚げ”、“外交”、“イベント戦闘”といった基本的な流れについて。プレイヤーは、自分で作成したエディット武将で、好きな時代や勢力を選んで自分だけの三國志を楽しめる。

 ゲームを開始する際に設定が可能なのは、“難易度”、“エディット武将”、“同社が運営する携帯端末向けWebサイト・MobileJOYの特典適用“、“武将死亡の有無”の4項目。難易度は、天国、易しい、普通、難しい、修羅の5種類から選択できる。エディット武将の設定では、争覇モードへのエディット武将の登場や、無双武将や汎用武将をエディット武将と入れ替えられる“武将入替”の設定が可能だ。それぞれ、好みに応じて設定しよう。

『真・三國無双6 Empires』 『真・三國無双6 Empires』

●まずは6種類のシナリオから1つを選んでスタート

 本作のシナリオは、“184年 黄巾の乱”、“190年 反董卓連合”、“200年 官渡の戦い”、“208年 赤壁の戦い”、“249年 正始の変”、“???年 英雄集結(ランダムシナリオ)”の6種類から選択が可能。また、一定の条件を満たすと、“虎牢関の戦い”をはじめとする特別な戦闘が発生する。

『真・三國無双6 Empires』 『真・三國無双6 Empires』 『真・三國無双6 Empires』

 ゲーム開始時に在野の立場を選んだ場合は、プレイヤー武将1人だけの状態から戦闘で力を蓄えつつ、まずは勧誘で仲間を増やして放浪軍の結成を目指していく。放浪軍として旗揚げ戦に挑戦して勝利すると、建国が可能となる。

『真・三國無双6 Empires』 『真・三國無双6 Empires』
▲1人の状態からゲームスタート。▲旗揚げ戦に勝利した際には、丘の前で建国を宣言するイベントが発生する。

 建国後は、他の勢力との覇権争いが始まる。国同士の戦いでは、他国との同盟の締結や、武将の勧誘、街に投資して収入を上げるなど、国力を高める軍略が重要となる。

『真・三國無双6 Empires』 『真・三國無双6 Empires』
▲他の勢力から、同盟の申し入れがくることもある。▲他勢力の武将も、色々な手段で登用が可能だ。

●あの有名な戦いをプレイヤー自らが体験!?

 プレイ中に一定の条件を満たすと、歴史上の有名な戦いを模したイベント戦闘が発生する。“虎牢関の戦い”では、袁紹を盟主とする連合軍に参加して、董卓軍と戦うことになる。

『真・三國無双6 Empires』
『真・三國無双6 Empires』 『真・三國無双6 Empires』
▲戦闘が始まり、袁紹が連合軍を鼓舞する。▲呂布が出現し、プレイヤーの前に立ちはだかる。
『真・三國無双6 Empires』 『真・三國無双6 Empires』
▲呂布の絶招秘計“天下無双”が発動!▲絶招秘計に対し、プレイヤーも絶招秘計を発動する。
『真・三國無双6 Empires』 『真・三國無双6 Empires』
▲強敵には無双乱舞で立ち向かおう。▲無双乱舞“天狼七星陣”で、呂布を撃破!

 各武将に設定されている友好度や、プレイヤー武将の名声値は、プレイヤーの行動によってさまざまに変化し、それによってイベントが発生する場合がある。友好度が高い武将とは、義兄弟の契りを結んだり、結婚したりできる。

『真・三國無双6 Empires』 『真・三國無双6 Empires』
▲趙雲と義兄弟となったプレイヤーキャラクター。自分だけの物語を作っていこう。

(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.

データ

▼『真・三國無双6 Empires』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:PS3
■ジャンル:アクション
■発売日:2012年11月8日
■希望小売価格:5,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。