News

2012年9月20日(木)

【週刊ガンダム バトオペ】蒼い死神“ブルーディスティニー1号機”を先行プレイ! EXAMの実力はいかに!?

文:ophion

 ニュータイプを裁くためのシステム“EXAM”を搭載し、原作で多くのユーザーに衝撃を与えたモビルスーツ(MS)、ブルーディスティニー1号機(以下、BD1号機)。『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』への実装直前となる今回は、先行プレイで得た感触や、その脅威の性能について、独占レポートをお届けします!

【週刊ガンダム バトオペ】

■基本性能はプロトタイプガンダムにやや劣る?

 バンダイナムコゲームスの開発室に到着し、早速BD1号機で出撃……と言いたいところですが、どのようなMSかもわかっていない現状。まずは出撃前にスペックをチェックします。コスト250の格闘型MSということもあり、プロトタイプガンダムとどちらが高性能なのかが気になるところ。確認してみたところ、MS自体の性能はプロトタイプガンダムをやや下回る数値でした。しかし、副兵装4種にシールドまで装備と、武装は非常に充実していました。

 主兵装は新規兵装の“100mmマシンガン改”に“90mmマシンガン”。さらに、陸戦型ガンダムがベースの機体だけあって、“陸戦GD用ビーム・ライフル”を装備できます。ビーム・ライフル自体はプロトタイプガンダムも装備できるのですが、陸戦GD用ビーム・ライフルは集束撃ちが可能。「これは格闘も射撃もこなせる、超ハイスペックMSに違いない!」と、乗る前からテンションはすでに絶頂といったところでした。

【週刊ガンダム バトオペ】 【週刊ガンダム バトオペ】
▲プロトタイプガンダムと比較すると、機体性能はやや見劣りする模様。スキルに気になるものがありますが、それはこれから書いていきます。
【週刊ガンダム バトオペ】 【週刊ガンダム バトオペ】
▲主兵装の種類も非常に充実。ただ、さすがにバズーカ系統の兵装は装備できませんでした。

→BD1号機、大地に立つ! 兵装の性能は?(2ページ目)

(C)創通・サンライズ

1 2 3

データ

▼『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PS3
■ジャンル:ACT
■配信日:2012年6月28日
■価格:無料(アイテム課金)
▼『機動戦士ガンダム バトルオペレーション ザ・マスターガイド』
■発行:アスキー・メディアワークス
■発売日:2012年6月28日
■定価:1,050円(税込)
 
■『機動戦士ガンダム バトルオペレーション ザ・マスターガイド』の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。