News

2012年9月21日(金)

カプコン『DmC Devil May Cry』の試遊などで使用されている『レグザ』の魅力とは? シニアプロモーター・小林彰博さんに聞いてみた

文:電撃オンライン

『DmC Devil May Cry(ディーエムシー デビル メイ クライ)』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 現在開催中の“東京ゲームショウ2012”。そのカプコンブースでは、試遊台の多くに東芝の液晶TV『レグザ』を使用している。どういった観点から『レグザ』を使用しているのか? カプコンのシニアプロモーター・小林彰博さんに伺ってみた。

東京ゲームショウ2012
▲こちらは、レグザを使用している『DmC Devil May Cry(ディーエムシー デビル メイ クライ)』の試遊台。

――今回カプコンブースでは、何台の『レグザ』を使用しているのでしょうか?

東京ゲームショウ2012
▲小林彰博さん。

 今、皆さんにご覧いただいた『DmC Devil May Cry(ディーエムシー デビル メイ クライ)』で24台の『レグザ』を使っています。また、その他のゲームにも『レグザ』を使用しています。

――それだけ多くの試遊台にレグザを使用する理由とはどこにあるのでしょうか?

 なんと言っても、低遅延と高画質の両方を備え持っているという点が非常に大きいです。特にタイムラグ(遅延時間)の短さは素晴らしいです。アクションゲームにとって操作性は命とも言える部分ですので、操作から反映までのタイムラグは短ければ短いほどありがたいと思っています。

――特に本作のアクションはスピード感がありますからね。

 そうですね。スピード感のあるアクションであればあるほど、低遅延の恩恵は強いと思います。シリーズのウリの1つに“スタイリッシュ”なアクションであるということがありますが、『レグザ』はその部分を問題なく楽しんでいただけるTVだと思います。

――続いて“画質のよさ”について、『レグザ』がどう優れているのか聞かせていただけますか?

 最近のゲームは非常に進化していて、実写と見間違えるほどクオリティの高い作品が増えています。とは言え、色使いなどの細かい面ではそれぞれに特徴があるんですよ。例えば『DmC Devil May Cry』では、国内の他のゲームとはまた違った色使いのステージがあって、そのステージごとの“赤”や“青”といったイメージの色がより鮮やかに出ていると思います。

東京ゲームショウ2012 東京ゲームショウ2012
▲実際に小林さんに『DmC Devil May Cry』をプレイしてもらっているところ。実際に試遊に行く際は、色の鮮やかさなどにも注目してもらいたい。

――具体的には、どんなところで“赤がよく映える”と感じましたか?

 う~ん、ぶっちゃけて言うと常に感じられるのですが……。言い方を変えましょう(笑)。他のモニターと比べてみると、暗い場面などではよく感じるのですが、『レグザ』であれば、そうした場面でも真っ黒になったりせずに、しっかりと暗がりの中の世界観を写し出していて、ゲームの世界をより深く楽しむことができると考えています。また、先ほどスタイリッシュという言葉を使いましたが、本作では世界観においてもスタイリッシュさを求めています。そうした部分でも、『レグザ』の画質の高さはプラスに作用していると思います。

――それでは最後に、読者へメッセージをお願いします。

 東京ゲームショウも、明日9月22日からはいよいよ一般公開となります。『DmC Devil May Cry』を遊びにいらっしゃる方は、ゲームを楽しんでいただくことはもちろん、そうした『レグザ』のよさを少しでも感じてもらえればと思います。

――ありがとうございました!


 続いて、レグザの中でも特に先進の3D映像とネットワーク機能を有する機種『レグザ ZP3』を紹介していこう。このTVは、明るくて透明感のある映像の美しさはもちろん、液晶TVにつきものの遅延時間に注意した、まさしく“ゲームを遊ぶのにうってつけなTV”。その速さとなめらかさ、そして映像の美しさにはどんな秘密があるのか? そのこだわりを以下で紹介していこう。

■ 遅延時間を極限まで短くする“3Dゲーム・ターボ” ■

 ボタン入力から画面で実際にキャラクターなどが動くまでのタイムラグ(遅延時間)を短縮するための機能。メモリ制御技術により、約0.7フレームの低遅延を実現している。『DmC Devil May Cry』のように、即座に判断し、操作する必要があるアクションゲームをプレイする際には、とても便利な機能と言えるだろう。

『レグザ ZP3』
▲従来の『Z1』シリーズとの比較を図で表したもの。約4割も遅延を短縮している。

■ なめらかさの秘密は“ゲームスムーズモード”にあり! ■

 フレームとフレームの間を補完するフレームを生成し、挿入することで、なめらかに動く映像を演出するシステム。特にムービーシーンなどで力を発揮する機能と言えるだろう。

『レグザ ZP3』
▲ただ単に映像がなめらかになるだけでなく、アクションゲームなどの移動時に発生する残像を低減する効果も。

■ “超解像技術”で美しい映像をより美しく! ■

3.レグザはゲームがキレイ!

 画素数がフルHDに満たない映像を、フルHDにアップコンバートした時に、細部の色彩や質感を復元して輪郭部までも精細に再現する――それが“超解像技術”だ。

 肌の質感や、自然物の細部をよりリアルに表現してくれるこの機能。リアルさを増すことで、ゲームへの没入感をこれ以上ないくらい高めてくれる。

『レグザ ZP3』
▲もともと高画質なフルHDゲームにこそ効果がある。ただでさえ恐ろしいシーンが、より恐ろしく……。

■ 『レグザ ZP3』スペック ■

幅×高さ×奥行

101.7×69.4×25.4cm

画面サイズ

42V型

液晶パネル方式

フルHDクリアパネル

画素数 水平×垂直

1,920×1,080

HDMI入力端子[1080p入力対応]

4

D5映像入力端子

1

価格

オープンプライス

備考

外付けUSBハードディスク録画対応/シアターグラス3D


(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

データ

▼『DmC Devil May Cry(ディーエムシー デビル メイ クライ)』
■メーカー:カプコン
■対応機種:PS3
■ジャンル:アクション
■発売日:2013年1月17日
■希望小売価格:6,657円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『DmC Devil May Cry(ディーエムシー デビル メイ クライ)』
■メーカー:カプコン
■対応機種:Xbox 360
■ジャンル:アクション
■発売日:2013年1月17日
■希望小売価格:6,657円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。