News

2012年9月20日(木)

『モンスターハンター4』の太刀と弓を体験――太刀はジャンプ気刃斬りが爽快! 弓は剛射で手数が増える!?

文:電撃オンライン

 千葉の幕張メッセで開催されている東京ゲームショウ2012のカプコンブースにて、3DS用ソフト『モンスターハンター4』を体験したので、その模様をお届けする。

東京ゲームショウ2012 東京ゲームショウ2012

 筆者がプレイした武器は、太刀と弓。変更点を中心に、それぞれのインプレッションをお届けする。

■太刀――“ジャンプ気刃斬り”をどう使うか

 基本的なモーションやシステムは従来通りなので、戦術も今までのものがそのまま通用すると考えていい。Xボタン+Aボタンで出せる斬り下がりからの派生で、“気刃踏み込み斬り(Rボタン)”が使えるようになったので、ヒット&アウェイに重宝する。

 新アクションはジャンプ中に出せる“ジャンプ気刃斬り”。その名の通りジャンプ中に“気刃斬り”を繰り出すアクションだが、練気ゲージが白以上の場合は、“気刃斬りII”のようなモーションで連続で斬り付ける“ジャンプ気刃二連斬り”に変化する。着地からは各種攻撃に派生が可能。また、回避行動で隙も消せる。“気刃大回転斬り”で納刀しつつレベルを上げ、近くに段差があれば“ジャンプ気刃二連斬り”を狙っていくのが太刀の新しい戦術だろうか。リーチもあるので、高低差による不利はあまりなく、ぶらさがっているケチャワチャを下から普通に斬り付けることができて便利だった。

■弓――“剛射”で手数は増えそうだが……?

 弓は新たに“操作タイプ2”が追加に。

 ・通常撃ち:Rボタン(押しっぱなしで溜め)

 ・武器出し溜め……Rボタン+Xボタン+Aボタン

 ・照準モード……Xボタンで切り替え(十字ボタンorタッチパネルで操作可能)

 ・武器出し矢斬り……スライドパッド+Xボタン

 ・近接攻撃+Aボタン

 ・ビン装填……XボタンAボタン

 ・剛射or曲射……溜め中か通常撃ち後にAボタン

 従来の操作タイプ1と大きく異なるのは、溜めがRボタンになったことと、照準の切り替えが変わったことだろうか。筆者は、タッチパネル左上に十字ボタンを置いていわゆるモンハン持ちをしているので、操作タイプ1の方が使いやすそうに思えた。

 注目の新アクションは“剛射”。これは曲射に代わり使えるアクションで、武器によって剛射か曲射か設定されている。試遊版で使えた弓は剛射タイプだ。

 剛射は、溜め中に放つと1レベル上の矢を強制的に発射する。通常撃ちからも連続で繰り出せ、こちらも恐らくレベルが上がった状態で発射される。弾速は速く、まとまった矢が一直線に飛ぶ。貫通のような軌道だったが、弓によって軌道が変わる可能性はありそう。また、近距離では派手なエフェクトが出なかったので、クリティカル距離(そもそも剛射にあるのかどうかはっきりとはわからないが)は遠目に設定されているように感じた。通常撃ちに加えて手数を増やせるのでできるだけ多く使いたいところだが、隙は曲射と同じくらいあるので、多用は禁物だろう。

 また、ジャンプ中に出せる攻撃は“武器出し矢斬り”とおとなしめ。ジャンプするために納刀する必要があるので、他の武器と比べて納刀が遅めの弓は、あまりジャンプせずクリティカル距離を保って攻撃し続けるいつもの戦術でいいように思えた。ただし、フィールドの高低差が激しいので、上下に気を配りつつクリティカル距離を保つのはかなり大変。十字キーによる照準をフルに活用する必要がありそうだ。

 なお、電撃オンラインでは、東京ゲームショウ2012で各武器についての体験レポートを掲載している。会場に足を運べなかった人はもちろん、プレイした人もぜひチェックしてほしい。

⇒操虫棍の体験レポートはこちら!
⇒大剣の体験レポートはこちら!
⇒片手剣の体験レポートはこちら!
⇒双剣の体験レポートはこちら!
⇒ハンマーの体験レポートはこちら!
⇒狩猟笛の体験レポートはこちら!
⇒ランスの体験レポートはこちら!
⇒ガンランスの体験レポートはこちら!
⇒スラッシュアックスの体験レポートはこちら!
⇒ライト・ヘビィボウガン&狂竜ウイルスの体験レポートはこちら!

■東京ゲームショウ2012 開催概要
【開催期間】
 ビジネスデイ……2012年9月20日~21日 各日10:00~17:00
 一般公開日……2012年9月22日~23日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込)
※小学生以下は無料

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

データ

▼『モンスターハンター4』
■メーカー:カプコン
■対応機種:3DS
■ジャンル:アクション
■発売日:2013年9月14日
■希望小売価格:5,705円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。