News

2012年9月20日(木)

“救済”か“生贄”か…って、迷いなく“生贄”選びすぎ(笑)! 『ソウル・サクリファイス』のメディアセッションをレポート

文:電撃オンライン

 本日9月20日、東京ゲームショウ2012にて、SCEはPS Vita用ソフト『SOUL SACRIFICE(ソウル・サクリファイス)』の“TGS2012 メディアセッション”を行った。

“救済”か“生贄”か…って、迷いなく“生贄”選びすぎ(笑)! 『ソウル・サクリファイス』のメディアセッションをレポート

 本作は、稲船敬二氏率いるコンセプトが企画・開発を、マーベラスAQLが開発を手掛ける共闘ACT。リアルなファンタジーの世界を舞台に、人間の欲望が描かれる。プレイヤーは魔法使いとなり、“代償”を支払うことで手に入れた“力”を駆使して戦うことになる。

 セッションで進行を務めたのは、アソシエイトプロデューサーを担当する鳥山晃之さん。プレイ動画などを交えながら、『ソウル・サクリファイス』の独特の魅力を説明してくれた。

“救済”か“生贄”か…って、迷いなく“生贄”選びすぎ(笑)! 『ソウル・サクリファイス』のメディアセッションをレポート

 最初に提示されたキーワードは“共闘”。今回のTGSでプレイできる体験版でもマルチプレイが可能となっている。本作は単純な協力プレイだけでなく、自分や仲間を生贄にする特殊なシステムが用意されており、より複雑な意味での“共闘”となることがアピールされていた。

“救済”か“生贄”か…って、迷いなく“生贄”選びすぎ(笑)! 『ソウル・サクリファイス』のメディアセッションをレポート “救済”か“生贄”か…って、迷いなく“生贄”選びすぎ(笑)! 『ソウル・サクリファイス』のメディアセッションをレポート “救済”か“生贄”か…って、迷いなく“生贄”選びすぎ(笑)! 『ソウル・サクリファイス』のメディアセッションをレポート

 次に提示されたキーワードは“ゲームシステム”。供物を捧げることで魔法を使えるようになるというシビアな世界観を持つ作品だけに、他にはない独特なシステムが多数用意されている。

 その例として示されたのが、“心眼”と“人魂”。“心眼”は心の眼で地形に隠された供物や敵の弱点などを見抜く要素で、“人魂”はプレイヤーの操作キャラクターが死んでも、引き続きバトルに干渉できるシステムとなる。

 特に“人魂”はユニークで、画面上の敵をタッチして弱体化したり、仲間をタッチして強化したりと、死んだ後でもサポート役としてプレイを続けることが可能だ。

“救済”か“生贄”か…って、迷いなく“生贄”選びすぎ(笑)! 『ソウル・サクリファイス』のメディアセッションをレポート “救済”か“生贄”か…って、迷いなく“生贄”選びすぎ(笑)! 『ソウル・サクリファイス』のメディアセッションをレポート
“救済”か“生贄”か…って、迷いなく“生贄”選びすぎ(笑)! 『ソウル・サクリファイス』のメディアセッションをレポート “救済”か“生贄”か…って、迷いなく“生贄”選びすぎ(笑)! 『ソウル・サクリファイス』のメディアセッションをレポート

 続いて、4人でのマルチプレイを見せるプレイ動画が公開され、鳥山さんの解説のもと、かなり長時間にわたって動画とともに紹介された。動画内では、敵味方とも派手な攻撃を使った応酬が繰り広げられた他、随所で“心眼”や“人魂”など、本作ならではのシステムを見せる動画となっていた。

 中でも注目したいのが、死んだ仲間を“生贄”にして強力な魔法を放つ場面と、ボス敵を倒した後の選択だ。本作のボスは基本的に、もともとは人や動物であった存在が異形となったもの。本来の人間の姿を取り戻したボスに対して、“救済”と“生贄”のどちらを選ぶのかが見どころだ。

 ちなみに今回の動画では、一瞬の迷いもなく“生贄”が選ばれていた。

“救済”か“生贄”か…って、迷いなく“生贄”選びすぎ(笑)! 『ソウル・サクリファイス』のメディアセッションをレポート “救済”か“生贄”か…って、迷いなく“生贄”選びすぎ(笑)! 『ソウル・サクリファイス』のメディアセッションをレポート “救済”か“生贄”か…って、迷いなく“生贄”選びすぎ(笑)! 『ソウル・サクリファイス』のメディアセッションをレポート
▲4人でプレイ。まずはザコ的な小型の敵を倒しながら進む。
“救済”か“生贄”か…って、迷いなく“生贄”選びすぎ(笑)! 『ソウル・サクリファイス』のメディアセッションをレポート “救済”か“生贄”か…って、迷いなく“生贄”選びすぎ(笑)! 『ソウル・サクリファイス』のメディアセッションをレポート “救済”か“生贄”か…って、迷いなく“生贄”選びすぎ(笑)! 『ソウル・サクリファイス』のメディアセッションをレポート
▲しばらく進むと、巨大なボス敵が出現! なお、ボスはもともと人間だったため、その思念的な言葉が赤いメッセージで表示される。
“救済”か“生贄”か…って、迷いなく“生贄”選びすぎ(笑)! 『ソウル・サクリファイス』のメディアセッションをレポート “救済”か“生贄”か…って、迷いなく“生贄”選びすぎ(笑)! 『ソウル・サクリファイス』のメディアセッションをレポート “救済”か“生贄”か…って、迷いなく“生贄”選びすぎ(笑)! 『ソウル・サクリファイス』のメディアセッションをレポート
▲死んだ仲間を“生贄”にして強力な魔法を発動!
“救済”か“生贄”か…って、迷いなく“生贄”選びすぎ(笑)! 『ソウル・サクリファイス』のメディアセッションをレポート “救済”か“生贄”か…って、迷いなく“生贄”選びすぎ(笑)! 『ソウル・サクリファイス』のメディアセッションをレポート
▲死んだキャラクターは人魂となり、サポートを行える。
“救済”か“生贄”か…って、迷いなく“生贄”選びすぎ(笑)! 『ソウル・サクリファイス』のメディアセッションをレポート “救済”か“生贄”か…って、迷いなく“生贄”選びすぎ(笑)! 『ソウル・サクリファイス』のメディアセッションをレポート “救済”か“生贄”か…って、迷いなく“生贄”選びすぎ(笑)! 『ソウル・サクリファイス』のメディアセッションをレポート
▲人の姿となったボス敵を、容赦なく“生贄”とするプレイヤーたち。この後味の悪さや選択の重さも含めて、かなり個性的なゲームと言える。

 その後、本作の音楽は光田康典さんと鋒山亘さんが担当しており、彼らが手がける重厚な音楽がフルオーケストラ&フルコーラスでレコーディングされていることがピールされた。

 なお、セッションの最後には簡単な質疑応答が行われ、“キャラメイクの要素があること”や“武器も防具も魔法という扱いで、成長要素的なものもある”など、さまざまな要素の存在が匂わされた。

 ちなみに鳥山さんが個人的にどんなプレイスタイル(“救済”と“生贄”のどちらを重視するのか)なのかを聞いたところ、「強大な力を求めちゃうので“生贄”にしてばかりですね(笑)」とのこと。

 それに加えて、「そういった行為の積み重ねがプレイヤーに影響を与えることも……」という意味ありげな言葉もあった。命に対する選択の重さも試されるようなゲームだけに、どんな影響があるのか気になるところだ。

■東京ゲームショウ2012 開催概要
【開催期間】
 ビジネスデイ……2012年9月20日~21日 各日10:00~17:00
 一般公開日……2012年9月22日~23日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込)
※小学生以下は無料

(C)Sony Computer Entertainment Inc.

データ

▼『SOUL SACRIFICE(ソウル・サクリファイス)』
■メーカー:SCE
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:アクション
■発売日:2013年3月7日
■希望小売価格:5,695円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。