News

2012年9月20日(木)

ナルホドくんの新たな相棒はアメリカ帰りの新米弁護士! 新情報が満載の『逆転裁判5』スペシャルステージレポ

文:電撃オンライン

 カプコンは、東京ゲームショウ(TGS)2012の同社ブース内ステージにおいて、3DS用AVG『逆転裁判5』の“ナルホド!復活スペシャルステージ!”を開催した。

『逆転裁判5』

 『逆転裁判5』は、同社が展開する人気AVG『逆転』シリーズの最新作。今年1月に開催されたイベント“逆転裁判10周年特別法廷”で制作が発表され、この9月に続報が公開された。TGSでは、カプコンブースで体験版の試遊もできる。

 スペシャルステージには、本作のプロデューサー・江城元秀さんと、シナリオディレクター・山﨑剛さんが出席。『逆転裁判5』についてトークを繰り広げた。気になる新情報も多数飛び出したこのイベントの模様を、写真とあわせてレポートする。

『逆転裁判5』
▲左が江城元秀プロデューサーで、右が山﨑剛シナリオディレクター。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 イベントは、TGSのために作られたというプロモーションムービーの上映からスタート。映像中では、主人公として復活したナルホドくんこと成歩堂龍一や新キャラクターの姿に加えて、荒れ果てた法廷というショッキングな場面も見られた。

 続いて、江城プロデューサーと山﨑ディレクターの口から、数々の新情報が飛び出した。本作の舞台は前作『逆転裁判4』から1年後で、物語のテーマは“法廷崩壊”。『4』でナルホドくんが語っていた、法の秩序が崩壊してえん罪やねつ造が横行している“法曹界の暗黒時代”を描いているという。

『逆転裁判5』 『逆転裁判5』 『逆転裁判5』

 江城プロデューサーによると、『5』の主人公を誰にするか社内でモメにモメたとのこと。しかし『4』の最後でナルホドくん自身が「もう一度、弁護士の資格を取ろうかな」とコメントを残していることもあり、彼に登場してもらうしかないと思ったそうだ。『逆転裁判3』からすでに8年がたっていることもあり、今作のナルホドくんのデザインは大人っぽいものを意識したと話す山﨑ディレクター。スーツは前を開けてベストを着用、前髪は少し垂らして、『4』でしていたネックレスを胸ポケットに入れている。

 また、これまでイラストのみが公開されていたナルホドくんの新たな相棒もお披露目された。名前は希月心音(きづき ここね)、アメリカ帰りの新米弁護士で、勝ち気で負けず嫌いな性格をしている。彼女のデザインを決める際もまたモメにモメたが、最終的にイメージカラーはイエローとなったそうだ。山﨑ディレクターいわく、「彼女のネックレスと手袋には、秘密が隠されています」とのこと。

『逆転裁判5』 『逆転裁判5』

 続いて、新システムの情報が公開された。裁判パートで新たに搭載されるシステム“ココロスコープ”は、証人の“証言と感情の矛盾”を突くもの。矛盾を指摘することができると、新たな証言や証拠を手に入れられる。この後、山﨑ディレクターによる“裁判パート”と“探偵パート”の実機デモプレイが行われた。

『逆転裁判5』 『逆転裁判5』
『逆転裁判5』 『逆転裁判5』
▲裁判パートでは、シリーズユーザーにはおなじみのサイバンチョとアウチ検事が登場。このパートは、カプコンブース内の試遊台で体験できる。
『逆転裁判5』 『逆転裁判5』
『逆転裁判5』 『逆転裁判5』
▲ナルホドくんとココネがさまざまな場所を調べる探偵パート。3Dのポリゴンで表現された部屋を、視点を切り替えながら調べていく。

 すべて3Dで描かれている今作の裁判パート。グラフィックには相当なこだわりがあるようで、江城プロデューサーは「ポリゴンでいかに『逆転裁判』シリーズならではの2Dのよさを描けるかに注力した」と語った。

 探偵パートの説明では、3Dで描かれた背景に言及。これまでのシリーズ作品は1枚の絵を切り替えていく形だったが、今作では1つの部屋をポリゴンで作っている。そのため視点を切り替えつつ、気になる場所をさまざまなアングルから調べることが可能に。その部屋の中で実際に自分が調べているかのような臨場感を味わえる。

 さらに、本作にはアニメパートが存在することが明らかになり、その一部が公開された。アニメ制作はボンズが手掛けている。アニメパートはフルボイスで、ゲーム中のさまざまな重要な場面で挿入されるという。また、アニメのキャストが裁判パートの音声も担当する。

『逆転裁判5』

 この後は、宝塚歌劇『逆転裁判』第3弾や3DS用ソフト『レイトン教授VS逆転裁判』などコラボレーションに関する告知が行われ、物販ブースで販売されているグッズについて言及された。そして最後に、『逆転裁判5』の発売時期が2013年と発表され、ステージは幕を閉じた。

『逆転裁判5』 『逆転裁判5』
『逆転裁判5』 『逆転裁判5』

 なお、カプコンブース内の試遊台では、裁判パートを遊ぶことができる。プレイするとノベルティグッズももらえるので、22日からの一般公開日は同ブースで『逆転裁判5』をプレイしてみてはいかがだろうか。

『逆転裁判5』

■東京ゲームショウ2012 開催概要
【開催期間】
 ビジネスデイ……2012年9月20日~21日 各日10:00~17:00
 一般公開日……2012年9月22日~23日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込)
※小学生以下は無料

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。