News

2012年9月20日(木)

次世代ゲーム機を使った新感覚の遊びがココに! 『リトルビッグプラネット PlayStation Vita』体験プレイレポート

文:電撃オンライン

 東京ゲームショウ2012のSCEブース内に出展されているPS Vita用ソフト『リトルビッグプラネット PlayStation Vita』の試遊台を、PS Vitaを初めて触るゴローがプレイしてきました!

東京ゲームショウ2012

 本作は、人気ACT『リトルビッグプラネット』シリーズの最新作。従来のシンプルな操作性に加え、PS Vitaのタッチスクリーンやモーションセンサーなどを使用した新ギミックで、布や紙で作られたようなステージを駆け巡ります。ステージクリエイトでは、PS Vitaのカメラやマイクで、オリジナルの素材をステージに取り込めるようです。

東京ゲームショウ2012

 体験できたのは、“クロスプレイ(PS3とPS Vitaを連動させたプレイ)”による、主人公のリビッツがお姫様を救うことを目的にしたシングルモード専用のステージ。このステージでは、PS Vitaの機能をフルに使った、本作ならではのギミックがたくさん散りばめられているとのこと。PS Vitaのいろいろな機能を同時に味わえるだなんて、ありがたき幸せです!

 そんな前情報を聞き、意気揚々とリビッツを移動させた途端、何の変哲もない通路で床が爆発! え!? どういうこと? と、思って聞いてみると、なにやらメインのゲーム画面となるTVモニターには地雷の位置が示されてなく、ここはPS Vitaのスクリーンで地雷の位置を確認しながら突破するエリアようです。なるほど! これが本作のクロスプレイか。

東京ゲームショウ2012

 その後は、画面をタッチしたまま荷物をスライドさせてスイッチを押す、背面タッチパッドで障害物を作動させて通路の安全を確保するなど、PS Vitaを使って解く多彩なギミックが登場。最後は、メインのゲーム画面がPS Vitaのスクリーンに切り替わり、モーションセンサーを振動させてハッチを開けた後にお姫様と小型ロケットに乗って脱出! 体験版はここで終了しました。

東京ゲームショウ2012

 初めは、横スクロールタイプのアクションゲームということで「懐かしいな」ぐらいにしか思っていなかったのですが、懐かしさの中には未知の新しさもありました。操作もとっつきやすかったし、ギミックの解き方もかなり斬新です! 『リトルビッグプラネット』シリーズのファンだけでなく、クロスプレイやPS Vitaを体験してみたいという人は、SCEブースで本作を触ってみては?

■東京ゲームショウ2012 開催概要
【開催期間】
ビジネスデイ……2012年9月20日~21日 各日10:00~17:00
一般公開日……2012年9月22日~23日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込)
※小学生以下は無料

(C)Sony Computer Entertainment Europe. Developed by Tarsier Studios and Double Eleven Limited.

データ

▼『リトルビッグプラネット PlayStation Vita』
■メーカー:SCE
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:アクション
■発売日:2012年9月20日
■希望小売価格:3,790円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『リトルビッグプラネット PlayStation Vita』(ダウンロード版)
■メーカー:SCE
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:ACT
■発売日:2012年9月20日
■価格:3,200円(税込)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。