News

2012年9月21日(金)

『モンスターハンター4』の大剣を体験――新技の“強なぎ払い”は大剣の豪快さを象徴するフィニッシュブロー!

文:電撃オンライン

『モンスターハンター4』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 千葉の幕張メッセで開催されている東京ゲームショウ2012のカプコンブースにて、3DS用ソフト『モンスターハンター4』を体験したので、その模様をお届けする。

東京ゲームショウ2012

 2日目も、前日同様に取材班4人によるマルチプレイを実践。今回は、過去シリーズから慣れ親しんでいる大剣で狩りをしてみることに! 納刀からの縦斬りから始まり、なぎ払いや斬り上げへとエンドレスに繋げられる連係は健在。とっさの時に役立つガードも残っていたし、使い勝手は変わらずよいといったところ。

東京ゲームショウ2012

 新たに追加された攻撃アクションの“強なぎ払い”。これは、崖や段差を利用したジャンプ攻撃後と、強溜め斬り後に繰り出せるフィニッシュ技になっていた。攻撃後は、他の攻撃アクションや回転回避につなぐことはできないが、正面前方約180度の範囲内にいる敵を一掃する豪快な一撃を放てる。ちなみに、もう1つの新攻撃アクションであるジャンプ攻撃は、動作は縦斬りに近く、派生できる攻撃は強なぎ払いのみとなっていた

 強なぎ払いは、連係からしか繰り出せないことと、出した後の硬直時間が結構長いことを加味すると、モンスターがダウン状態や罠から復帰するまでの時間を計算して使うのがベターかと。その際、強溜め斬りの溜め段階で時間を微調整するやり方がオススメ。総合的に、複雑な連係がなくダイナミックな狩りができる大剣らしさが、今作でより強調されていたという印象だ。

 なお、電撃オンラインでは、東京ゲームショウ2012で各武器についての体験レポートを掲載している。会場に足を運べなかった人はもちろん、プレイした人もぜひチェックしてほしい。

⇒操虫棍の体験レポートはこちら!
⇒太刀の体験レポートはこちら!
⇒片手剣の体験レポートはこちら!
⇒双剣の体験レポートはこちら!
⇒ハンマーの体験レポートはこちら!
⇒狩猟笛の体験レポートはこちら!
⇒ランスの体験レポートはこちら!
⇒ガンランスの体験レポートはこちら!
⇒スラッシュアックスの体験レポートはこちら!
⇒ライト・ヘビィボウガン&狂竜ウイルスの体験レポートはこちら!
⇒弓の体験レポートはこちら!

■東京ゲームショウ2012 開催概要
【開催期間】
 ビジネスデイ……2012年9月20日~21日 各日10:00~17:00
 一般公開日……2012年9月22日~23日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込)
※小学生以下は無料

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

データ

▼『モンスターハンター4』
■メーカー:カプコン
■対応機種:3DS
■ジャンル:アクション
■発売日:2013年9月14日
■希望小売価格:5,705円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。