News

2012年9月21日(金)

『モンスターハンター4』のガンランスを体験――対空砲火が本作のカギに!? 卵の運搬についても記載

文:電撃オンライン

『モンスターハンター4』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 千葉の幕張メッセで開催されている東京ゲームショウ2012のカプコンブースにて、3DS用ソフト『モンスターハンター4』を体験したので、その模様をお届けする。

『モンスターハンター4』

 今回の記事でスポットを当てるのは、ガンランス。基本はガード主体の手堅い立ち回り、さらに相手の隙を見て砲撃を狙っていくというガンランスは本作でも健在。とくにモーションが大きく変化しているというわけでもないので、前作で愛用していたハンターはそのままの感覚で使っていけるはず。

■ジャンプ後の行動が重要!

 高低差を生かしたモーションとしては、まずは“武器出しジャンプ叩きつけ”が光る。これは納刀状態でジャンプしたときにRボタン+Xボタン+Aボタンを押すことで、武器を出しつつ叩きつけを行うというもの。基本的な性能はクイックリロード後に出せる叩きつけに近いため、そのままフルバーストまで派生することが可能! 従来のフルバーストは撃つまでの下準備が面倒であったが、高低差のある場所ならば比較的容易に狙えるようになったわけだ。

 ただし、この武器出し叩きつけは終了後の硬直が長く、通常の突きなどには派生ができないため、フォローを利かせづらい。モンスターが暴れているような状況では注意して使う必要があるだろう。

■ジャンプの後はリロード? それとも砲撃?

 段差を使ったアクションでもうひとつ追加されているのが“ジャンプリロード攻撃”だ。こちらは、踏み込み斬り(スライドパッド↑+Xボタン)で段差に突っ込むとそのまま発動。読んで字のごとく、空中で攻撃を繰り出しながら砲撃数を回復できるというガンランスにとっては貴重なアクションとなる。リロードのモーションは一切存在しないため、これだけ見るとかなり便利に感じられるが、残念なことに砲撃数は1発しか回復することができない。

 とはいえ、無駄なリロードを減らすことができるのは大きく、残弾数が少ない種類であれば、かなり便利になるのは間違いない。

 また、踏み込みながらの砲撃で段差に向かって突っ込むと空中で砲撃を行なうこともできる。空中で砲撃をした時点で慣性が止まってしまうために切り込みとして使うにはパンチが弱いかもしれないが、上空からモンスターの硬い部位を狙う際には重宝するかも……?

■驚愕! 卵を持ちながら崖を降りられる!

『モンスターハンター4』

 今回のTGSでプレイできる“遺跡平原”には“飛竜の卵”を採取できるポイントがあったため、卵の運搬についても調べてみた。

 マップの凹凸が激しくなったため、卵の運搬は厳しいのでは……と思ったが、今回はハンターの握力が上がったのか(?)ちょっとした段差では卵を落とさなくなっている。軽い起伏であればそのまま突っ込むことができる。

 しかも今回は卵を運搬しつつ、崖を降りることも可能! 崖に近づくと特殊なアイコンが表示され、そこでAボタンを押すと片手で卵を持ちながらハンターがするすると崖に捕まっていく。これによって運搬クエストにもかなりの幅が出そうだ。なお、普通に走って崖に向かうと勢い余ってそのまま飛び降りて卵がペチャンコになるという不慮の事態も発生したため、崖際では安全運転に切り替えた方がよさそうだ。

 なお、電撃オンラインでは、東京ゲームショウ2012で各武器についての体験レポートを掲載している。会場に足を運べなかった人はもちろん、プレイした人もぜひチェックしてほしい。

⇒操虫棍の体験レポートはこちら!
⇒大剣の体験レポートはこちら!
⇒太刀の体験レポートはこちら!
⇒片手剣の体験レポートはこちら!
⇒双剣の体験レポートはこちら!
⇒ハンマーの体験レポートはこちら!
⇒狩猟笛の体験レポートはこちら!
⇒ランスの体験レポートはこちら!
⇒スラッシュアックスの体験レポートはこちら!
⇒ライト・ヘビィボウガン&狂竜ウイルスの体験レポートはこちら!
⇒弓の体験レポートはこちら!

■東京ゲームショウ2012 開催概要
【開催期間】
 ビジネスデイ……2012年9月20日~21日 各日10:00~17:00
 一般公開日……2012年9月22日~23日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込)
※小学生以下は無料

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

データ

▼『モンスターハンター4』
■メーカー:カプコン
■対応機種:3DS
■ジャンル:アクション
■発売日:2013年9月14日
■希望小売価格:5,705円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。