News

2012年9月23日(日)

CERO“B”から“C”になった原因もポロリ!? 出演声優や歌手も駆けつけた『時と永遠~トキトワ~』ステージ

文:電撃オンライン

 本日9月23日、東京ゲームショウ2012のバンダイナムコゲームスブースで行われたPS3用ソフト『時と永遠~トキトワ~』のステージをレポートする。

 10月11日と発売が迫った本作は、主要なキャラクターやフィールドウォーク、バトルシーンなどがアニメで描写されている挑戦的なRPG。キャラクター原案をVOFANさんが、アニメーションをサテライトが、開発をイメージエポックがそれぞれ担当する。

CERO“B”から“C”になった原因もポロリ!? 出演声優や歌手も駆けつけた『時と永遠~トキトワ~』ステージ

 出演者は、バンダイナムコゲームスの広野啓プロデューサー、イメージエポックの御影良衛さんに加えて、出演声優や主題歌を担当している歌手もゲストとして出演した。ちなみに広野さんは、重要キャラクターであるビコードの服装でステージに登場した。

CERO“B”から“C”になった原因もポロリ!? 出演声優や歌手も駆けつけた『時と永遠~トキトワ~』ステージ CERO“B”から“C”になった原因もポロリ!? 出演声優や歌手も駆けつけた『時と永遠~トキトワ~』ステージ

 まずは、世界初となる“アニメーションRPG”を開発することになったきっかけについてトークが展開。広野さんによると、「3年くらい前に御影さんからアニメを動かすゲームを作りたいと話を聞いて、実際にやってみたら大変でした(笑)」とのこと。

 アニメでゲームを作るのは本当に大変だったようで、御影さんも「ポリゴンで作るより3~4倍は大変だった気がします」と答えていた。ちなみにゲーム中に使われるアニメのカット枚数は2万枚で、これは劇場用アニメに匹敵するほど多いという。

 ここで、ゲストとなる3人の出演声優がステージに登場。主人公役の代永翼さん、レージョ役のゆかなさん、マキモナ役の遠藤綾さんが登場して、それぞれが演じるキャラクターについて語った。

CERO“B”から“C”になった原因もポロリ!? 出演声優や歌手も駆けつけた『時と永遠~トキトワ~』ステージ

 代永さんが演じる主人公は、ゲーム序盤で死んでしまう展開で、台本を読んだ時に驚いたという。ただ、その魂はヒロインのトキが飼っているペットのドラゴンに乗り移って、ちゃんとたくさんしゃべれてよかったとのこと。

 ゆかなさんが演じるレージョは、トキの友人であるお嬢様。楽しいガールズトークの部分の他、女の子同士の友情の複雑な部分にも注目してほしいと語った。

 遠藤さんが演じるマキモナは、物語の鍵を握る謎の占い師。見た目は妖艶でかっこよさそうなのに、台本でのセリフがぶっ飛んでいて、どこまで壊れたキャラクターで演じていいのか悩んだと明かした。

 続いて、二重人格のヒロインを演じるトキ役の花澤香菜さんと、トワ役の喜多村英梨さんからのビデオメッセージが到着。2人のメッセージによって、本作の主人公は“変態紳士”というか、“変態”的な行動をとることもあると明かされた。

 ここで司会から、「トキとトワのどちらが好きですか?」との難しい質問が代永さんへ。少しだけ困りつつも、代永さんは「トキです」とコメント。「トワもツンデレみたいで好きなんですけど、トキに優しくされたいんです! 癒されたいんです!」と、その理由について語った。

 続いては、実機を使ってプレイ画面を見せるコーナーへ。物語冒頭の部分と、マキモナとのボス戦のデモプレイが行われた。

CERO“B”から“C”になった原因もポロリ!? 出演声優や歌手も駆けつけた『時と永遠~トキトワ~』ステージ CERO“B”から“C”になった原因もポロリ!? 出演声優や歌手も駆けつけた『時と永遠~トキトワ~』ステージ

 結婚式のシーンでは、トキへの永遠の愛を“誓いません”という選択肢が選ばれ、会場で笑いの声があがった。そしてボス戦では、時間を止めたり早送りして戦うという、本作ならではの要素を実演しながら、ゲーム紹介が行われた。

 最後にゲストとして登場したのは、本作の主題歌『Rewind』を歌うMay J.さん。この歌の作詞は、ゲームのあらすじを読んだMay J.さんが行ったとのことで、時間を戻せるという本作の特徴からイメージをふくらませて、“もし大切な人と一緒に過ごした時間に戻れたら、もっとうまくやり直せたのだろうか”といった部分を歌詞にしていったことを明かした。

CERO“B”から“C”になった原因もポロリ!? 出演声優や歌手も駆けつけた『時と永遠~トキトワ~』ステージ

 こうしてステージは、May J.さんによる『Rewind』の熱唱で幕を閉じた。なお、『Rewind』が収録されたCDは、ゲーム発売の前日となる10月10日に発売され、『トキトワEdition』には新クエストをダウンロードできるシリアルコードが封入されるとのこと。

 ステージの最後に、出演者からファンへのメッセージが贈られた。そのコメントを以下で紹介する。

●May J.さん:この主題歌を大勢の前で歌うのは初めてで、ちょっと緊張しました。自分自身で作詞もしましたので、ぜひゲームとあわせて楽しんでください。

●ゆかなさん:何回もタイムリープをして歴史や出来事を変えていくという、ゲームならではの仕掛けがおもしろいと思います。本当の人生はやり直しがききませんが、このゲームの中でいろいろと試してみてください。

●遠藤綾さん:アフレコ中は私のキャラだけが浮いちゃうんじゃないかと心配でしたが、先ほどのバトルシーンを見たら、ちゃんとかけあいになっていて安心しました(笑)。本当に個性的なキャラばかりなので、ぜひ楽しんでください。

●代永翼さん:皆さんもこのゲームをプレイして、僕と一緒に“変態紳士”になりましょう(笑)。ドラゴンになったのをいいことに、いろんなイタズラをする場面もあるので、ご期待ください!

●御影良衛さん:世の中にシリアスなゲームは多いですが、今回は笑いが絶えないストーリー構成をコンセプトにしました。ぜひ1人で笑いながら遊んでください。ガールフレンドやお母さんの前でプレイすることはオススメしません(笑)。

●広野啓さん:遊びやすいRPGになっていて、イージーモードもあるので、忙しくて最近のRPGを遊べていない人にもオススメです。ここまで長い時間をかけて作ったゲームは初めてですし、アニメRPGというコンセプトもおもしろいので、ぜひプレイしてほしいですね。

 これでステージイベントは終わり、出演者は退場していったが、最後に広野さんと御影さんが残り、PVのラストに収録されているような、ちょっとHなイベントグラフィックに関する秘話を語った。

 広野氏によると、CEROのレーティングは“B(12歳以上推奨)”の予定だったが、これらのイベントグラフィックを入れたことで“C(15歳以上推奨)”になったとのこと。たしかにPVを見てみると、なかなか際どいイベントグラフィックがちらほら。そういった部分も含めて、ぜひ『トキトワ』に注目してほしい!

CERO“B”から“C”になった原因もポロリ!? 出演声優や歌手も駆けつけた『時と永遠~トキトワ~』ステージ

■東京ゲームショウ2012 開催概要
【開催期間】
 ビジネスデイ……2012年9月20日~21日 各日10:00~17:00
 一般公開日……2012年9月22日~23日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込)
※小学生以下は無料

(C)2012 NBGI

データ

▼『時と永遠~トキトワ~ LIMITED EDITION』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PS3
■ジャンル:RPG
■発売日:2012年10月11日
■希望小売価格:9,505円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『時と永遠~トキトワ~』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PS3
■ジャンル:RPG
■発売日:2012年10月11日
■希望小売価格:7,600円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。