News

2012年10月5日(金)

【とある魔術と科学の週刊詳報】鎌池和馬先生をはじめとした本作のキーマンたちによる座談会をお届け!

文:電撃オンライン

 バンダイナムコゲームスから2013年2月21日に発売されるPSP用ソフト『とある魔術と科学の群奏活劇(アンサンブル)』。その特集企画“とある魔術と科学の週刊詳報”が本日よりスタート。

『とある魔術と科学の群奏活劇(アンサンブル)』
▲こちらは限定生産版のパッケージ画像。

 『とある魔術と科学の群奏活劇』は、2013年2月23日に公開されるアスキー・メディアワークス創立20周年記念作品、 映画『劇場版 とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-』の前日譚が楽しめる“群像クロスアドベンチャー”だ。『とある』シリーズでは初となる、『とある魔術の禁書目録』と『とある科学の超電磁砲(レールガン)』の2作がコラボする作品で、シナリオは“魔術編”と“科学編”のそれぞれ表・裏ルート(合計4ルート)で構成される。

『とある魔術と科学の群奏活劇(アンサンブル)』 『とある魔術と科学の群奏活劇(アンサンブル)』
▲鎌池和馬先生が手がける電撃文庫の大人気作『とある魔術の禁書目録』。小説だけでなく、アニメやゲーム、スピンオフコミック『とある科学の超電磁砲』とさまざまに展開。画像は劇場アニメのビジュアル(画像左)と『とある科学の超電磁砲』の表紙(画像右)。

 ゲームは各ルートごとに主人公が存在する構成となっており、学園都市に起こるさまざまな事件を解決していくストーリーとなっている。ちなみに、本作のルートの一部を鎌池先生が担当する他、劇場アニメ『とある魔術の禁書目録』のストーリーともリンクしているシーンがあるとのことなので、ファン必携のゲームになるに違いない! さっそく今回からはじまる特集記事“とある魔術と科学の週刊詳報”の第1回は、『とある魔術の禁書目録』原作者・鎌池和馬先生と、本作のプロデューサー・伊藤翔平さん、そして鎌池先生の担当編集である三木一馬電撃文庫副編集長の座談会をお届けする!

 ……と、その前に、『とある魔術の禁書目録』をあまりよく知らないという人のために、簡単に本作を紹介していこう。

†『とある魔術の禁書目録』とは?†

『とある魔術と科学の群奏活劇(アンサンブル)』

 2004年に電撃文庫から第1巻が刊行された小説で、現在は新章として展開する『新約』シリーズをはじめ20巻以上も巻を重ねている大人気シリーズだ。物語の舞台は、超能力が科学的に解明されており、さらに魔法が存在する世界となっている。

 能力開発や最先端技術の研究を目的として作られた“学園都市”の高校に通う“無能力者(レベル0)”の少年・上条当麻(かみじょう とうま)。そんな彼が、10万3000冊の魔導書を記憶するシスター・インデックスと出会ったことで、これまで知らなかった魔術の世界に関わることに。ここから科学と魔術が交差する壮大な物語が幕を開けるのだった。

†メインキャラクター紹介†

上条当麻 CV:阿部敦
『とある魔術と科学の群奏活劇(アンサンブル)』

 “無能力者(レベル0)”の烙印を押され落ちこぼれ扱いされている少年。しかし、実は右手に“幻想殺し(イマジンブレイカー)”という、あらゆる異能の力を打ち消す能力を持っている。その能力は神の祝福すらも打ち消すほどで、当麻はいつも不幸な目に遭っている。面倒くさがりだが正義感が強く、それゆえに異能がらみのトラブルに巻き込まれたり、自分から首を突っ込んだりする。

禁書目録(インデックス) CV:井口裕香
『とある魔術と科学の群奏活劇(アンサンブル)』 『とある魔術と科学の群奏活劇(アンサンブル)』

 イギリス清教の“必要悪の教会(ネセサリウス)”という組織に所属していたシスターで、10万3000冊もの魔導書をすべて記憶している少女。一般常識には少し疎いが、魔術にかんする知識は右に出るものがいないほど。小さい見かけとは裏腹にとても食欲おう盛かつ大食い。現在は当麻の家に居候として同居しており、当麻の財布を(食欲的な意味で)悩ませている。

御坂美琴(みさか みこと) CV:佐藤利奈
『とある魔術と科学の群奏活劇(アンサンブル)』 『とある魔術と科学の群奏活劇(アンサンブル)』

 学園都市に7人しか存在しない“超能力者(レベル5)”の第3位の少女。電気を発生・制御する能力“電撃使い(エレクトロマスター)”の使い手で、その力を利用して放つ“超電磁砲(レールガン)”が得意技。お嬢様学校である常盤台中学に通っており、同級生や後輩からの信頼も厚い。自分のことを“ビリビリ”と呼ぶ当麻のことをいろいろな意味で気にかけている。

  →次ページから鎌池先生をはじめとするゲームのキーマン3人による座談会をお届け!(2ページ目へ)

(C)鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX
(C)鎌池和馬/冬川基/アスキー・メディアワークス/PROJECT-RAILGUN
(C)2012 NBGI
※画面は開発中のもの。

1 2

データ

▼『とある魔術と科学の群奏活劇(アンサンブル)』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:ADV
■発売日:2013年2月21日
■希望小売価格:5,981円+税
▼『とある魔術と科学の群奏活劇(アンサンブル)(初回限定生産版)』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:ADV
■発売日:2013年2月21日
■希望小売価格:9,505円+税
▼『とある魔術と科学の群奏活劇(アンサンブル)』ダウンロード版
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:AVG
■発売日:2013年2月21日
■希望小売価格:6,280円

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。