News

2012年11月1日(木)

【週刊ガンダム バトオペ】プレイレポ連邦編――バージョンアップ来たる! 新たにバランスが取り直された戦場へいざ出撃!!

文:ophion

 バージョンアップごとに、毎回戦況がガラリと変わるPS3用オンラインACT『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』。今回の“週刊ガンダム バトオペ”では、10月25日に行われたばかりのバージョンアップ情報を地球連邦軍の視点からレポートしていきます。

『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』

■広大な砂漠での制圧戦に出撃!

 今回のバージョンアップでまず気になったのは、砂漠地帯での制圧戦の追加です。出撃前には、3カ所の中継地点が開けたところにあるので、足が遅く中継地点を制圧するのが苦手な支援型モビルスーツ(MS)も、敵MSの制圧を邪魔する役割として活躍できるのでは? と予想していました。そこで、制圧戦では戦果を挙げにくいと言われている支援型MSの中からジム・キャノンを選んで、試しに出撃してみました。(味方の皆さん、こんな予想だけで支援型に乗ってごめんなさい)

 実際の戦場ですが、やはり無人都市とはマップの広さが違うことが大きな要素になっています。特に今回は4vs4での試合だったため、どちらの軍勢も最低1カ所の中継地点をノーマークにせざるをえませんでした。そのため、無人都市以上に制圧したりされたりの流れが激しかったです。

 そして肝心のジム・キャノンの戦果ですが……どうにか勝利することはできたものの、無人都市よりはマシといった程度でした。敵MSの足止めをできるのは確かなのですが、当然その間は自分の足も止まってしまいます。また、トップクラスの攻撃力を持つ格闘型MS・ズゴックEが、制圧戦に適したMSというのも支援型MSの扱いの難しさに拍車をかけています。ベーシックと比べて単機で行動する機会が多いだけに、立ち回りには課題が残る結果となりました。

『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』
▲ズゴックEに殴られると4,000近い機体HPが消し飛びます(泣)。

 ただ、支援型の名の通り汎用型MSと一緒に行動すれば、汎用型や格闘型の敵MSの2機に対して有利な試合運びを演出しやすいのも事実。また広場の中央に陣取れば、3カ所の中継地点への支援も可能です。ベーシックと同様、無人都市よりも狙撃がしやすいので、6vs6の試合なら1~2機の支援型MSを入れた編成もアリかもしれません。

『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』 『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』
▲支援型MSに乗るなら制圧戦でも開けたほうに進み、敵MSの足止めを重視するべきでしょう。

→バージョンアップで強化されたMSをチェック!(2ページ目)

(C)創通・サンライズ

1 2

データ

▼『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PS3
■ジャンル:ACT
■配信日:2012年6月28日
■価格:無料(アイテム課金)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。