News

2012年11月8日(木)

管理人さんの肌着をすーっはーっ!? 『デモンゲイズ』に登場するキャラクターとゲームシステムについて紹介

文:電撃オンライン

『デモンゲイズ』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 角川ゲームスは、2013年1月に発売するPS Vita用ソフト『デモンゲイズ』の新情報を公開した。

『デモンゲイズ』

 『デモンゲイズ』は、呪われた地“ミスリッド”を舞台に、記憶を失い、魔眼の力を携えるハンターとなって、迷宮深くに残された財宝を求めながら、己の謎を解き明かしていくRPG。開発はダンジョンRPGの制作に定評があるエクスペリエンスが担当している。

 今回明らかになったのは、登場キャラクターやゲームシステムについて。なお、本日発売された『電撃PlayStation Vol.530』(アスキー・メディアワークス刊)には、これ以外の新情報や、より詳細な情報が掲載されているので、チェックしてほしい。

■□■ 登場キャラクター ■□■

●ランスローナ・ベオウルフ
『デモンゲイズ』
(CV:田中敦子)

 引退した元ナンバー1賞金稼ぎ。主人公に似た“邪眼”の持ち主でもある。何かと主人公を気にかけ面倒を見てくれる。

●ピーネ
『デモンゲイズ』
(CV:沼倉愛美)

 竜姫亭に住み込み働くネイ族の少女。いつも元気にドタバタと駆け回っては、いらぬ噂話に耳を傾けている。

『デモンゲイズ』 『デモンゲイズ』
▲冒険の拠点となる竜姫亭には個性豊かな住人が集う。ダンジョン探索から竜姫亭へ戻ると、さまざまなイベントが主人公を待ち受けている。▲ピーネの隠れた本性が明らかに!? 「なんで管理人さんの肌着って…こんないい香りが…すーっ…はーっ…するのかにゃ~…」

■□■ ゲームシステム ■□■

 プレイヤーには2つの目的が存在する。1つ目は、賞金稼ぎとして生きること。主人公は新人賞金稼ぎとして竜姫亭に住みながら、迷宮に挑み、隠された財宝を探し求めることになる。

 2つ目は、デモンゲイザーの使命を全うするということ。デモンゲイザーの使命はすべてのデモンを狩り尽くすこと。デモンは倒した後、仲間として使役することができる。それぞれのデモンが持つ特徴を把握し、ダンジョン攻略に生かしていこう。

『デモンゲイズ』
▲仲間にしたデモンは、“オープンデモン”で召喚できるが、時には暴走して、敵味方関係なく攻撃することも。
『デモンゲイズ』 『デモンゲイズ』
▲新たに判明したデモンのクロノス。通常状態(左)と暴走状態(右)を比べると、より荒々しくなっているのがわかる。
『デモンゲイズ』 『デモンゲイズ』
▲こちらはネプトゥヌスの通常状態(左)と暴走状態(右)。服装だけでなく、攻撃に使うと思われる武器も変化している。

(C)2013 KADOKAWA GAMES / Experience

データ

▼『電撃PlayStation Vol.530』
■発行:アスキー・メディアワークス
■発売日:2012年11月8日
■価格:650円(税込)
 
■『電撃PlayStation Vol.530』の購入はこちら
Amazon.co.jp
イメージ
▼『デモンゲイズ』
■メーカー:角川ゲームス
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年1月24日
■希望小売価格:5,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。