News

2012年11月27日(火)

『仮面ライダー 超クライマックスヒーローズ』をプレイ! 本人による新録の「ホントに裏切ったんですか!?」が聞けたりサイクロンが出たり熱すぎ

文:カネキング

『仮面ライダー 超クライマックスヒーローズ』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 ども、電撃オンラインの大きなお友だち、カネキングです。皆さん、日曜の朝は元気に起きていますか? 今回はちゃんと毎週早起きをして『仮面ライダー』を見ている人たちがチョーサイコーに楽しめるゲームをご紹介します!

『仮面ライダー 超クライマックスヒーローズ』

 今回プレイレポートをお届けするのは、11月29日に発売されるPSP/Wii用ソフト『仮面ライダー 超クライマックスヒーローズ』。超はスーパーと読みます。今作は、仮面ライダー――主に平成ライダーがズラリと登場する対戦アクションゲーム『クライマックスヒーローズ』略して『クラヒ』の最新作。『仮面ライダー』ファンならば聞いたことぐらいはあるのではないでしょうか。番組の合間にCMもやっていますしね。

 本作は、歴代シリーズをプレイしている猛者はもちろん、『仮面ライダー』ファンや格闘ゲームファンも楽しめるタイトルです。アクションゲームをまったくできない人でも、Wii版にある“イージー”操作で遊べば、Aボタンを連打しているだけで爽快にプレイできますので、ちょっとでも興味がある方はぜひ記事を読み進めてみてください!

『仮面ライダー 超クライマックスヒーローズ』 『仮面ライダー 超クライマックスヒーローズ』
▲イージー操作を使えば、それこそ主婦の方でも達人のようなプレイができます。今まで使っていなかった人にも、今作のイージー操作は本当にオススメです。

■最初から最後までクライマックス! ライダーアーツが簡単で爽快!!

 では早速、どのへんが“超”になったのかというところからご紹介していこうと思います。まずパッと見で前作から大きく変わったのは、“フリーラン”になったことでしょう。前作までは、ライダー同士が向き合って戦う、いわゆる3D格闘ゲームだったのですが、今作ではステージ内を自由に動き回って戦うことができるようになりました! 新しい『クラヒ』の誕生だよ!

『仮面ライダー 超クライマックスヒーローズ』 『仮面ライダー 超クライマックスヒーローズ』
▲奥行きができたことで、飛び道具がさらに重要になりました。戦術や読み合いもより深く。

 特に大きく変わるのは遠距離の戦い方ですね。遠距離は必然的に飛び道具の撃ち合いになるので、コンボを決めるのが難しいという人は飛び道具が強いライダーを使えば楽しく遊べるでしょう。逆に接近戦ではカメラが横に回り込み、格闘ゲームのような雰囲気になりますので、今までのシリーズと同じ感覚で駆け引きができます。

『仮面ライダー 超クライマックスヒーローズ』 『仮面ライダー 超クライマックスヒーローズ』
▲接近戦では、普通の格闘ゲームのような画面に。従来のシリーズのノウハウが通用します。

 さて、フリーランになると聞いて、こう思った人も多いと思います。「遠距離から飛び道具(ルナトリガーとか)を連発していれば勝てるのではないか」。もちろん遠距離は飛び道具が強いのですが、インファイトが得意なライダーには、飛び道具を回避したり無効にしたりしつつ距離を詰めるシステムが搭載されていますので、ちゃんと立ち回ればインファイターでも問題はありません。それでもまぁ、ルナトリガーは追尾弾を連射できるという極強な性能ですが(笑)。

『仮面ライダー 超クライマックスヒーローズ』 『仮面ライダー 超クライマックスヒーローズ』
▲追尾弾を連射できるルナトリガーですが、移動システムをちゃんと使いこなせれば一応対処できます。

 自分の得意な距離に持ち込むのに一番手っ取り早いのは、新システム“ライダーアーツ”を使うことでしょう。これは、ライダーゲージを消費することで、一瞬で間合いを詰めたり、ハイジャンプをしたり、銃を撃ちながら跳び退いたりできるというものです。

 ライダーによってはここから必殺技ボタンを押すことで、番組再現を意識した攻撃に派生したりもします。オーズ プトティラ コンボや、ファイズ ブラスターフォームなど、飛行能力を持っているライダーはゲージを消費しつつ空を自由にホバリングすることも可能。ライダーアーツは、どれも今までのシリーズにはない立体的な動きをするので、既にシリーズに参戦しているライダーでも新鮮なプレイ感を楽しめますよ!

『仮面ライダー 超クライマックスヒーローズ』 『仮面ライダー 超クライマックスヒーローズ』
『仮面ライダー 超クライマックスヒーローズ』 『仮面ライダー 超クライマックスヒーローズ』
▲ライダーアーツ中に必殺技ボタンで出る派生攻撃をヒットさせたりすると、ライダーによってはムービー演出とともに特殊な技が出ます。番組内で印象的だった技やシチュエーションを再現したものが多いです。
『仮面ライダー 超クライマックスヒーローズ』 『仮面ライダー 超クライマックスヒーローズ』
▲ライダーアーツで飛べるライダーも。ここから通常技や派生攻撃を繰り出せます。

 中でも個人的に気に入ったのは、カブトやアクセルトライアルの、高速移動するタイプのライダーアーツです。超カッコイイ。相手の銃撃を見た瞬間、瞬時にジグザグに弾幕を掻い潜り、強力な一撃を叩き込む! 絶望がお前のゴールだ……。また、派生技の中には、今までのシリーズになかった新技もありますので、欲しかった技が収録されているかもしれませんよ!

『仮面ライダー 超クライマックスヒーローズ』 『仮面ライダー 超クライマックスヒーローズ』
▲ジグザグに移動して、瞬時に間合いを詰めるライダーアーツ。アクセルトライアルは、派生攻撃がヒットするとキックの連打をお見舞いします。

→まさかの新規参戦ライダーが!(2ページ目へ)

※画像はWii版の開発中のものです。一部PSP版のものを使用しています。
(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
(C)石森プロ・東映
(C)2012 NBGI

1 2 3 4 5 6

データ

イメージ
▼『仮面ライダー 超クライマックスヒーローズ』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:アクション
■発売日:2012年11月29日
■希望小売価格:5,981円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『仮面ライダー 超クライマックスヒーローズ』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:Wii
■ジャンル:アクション
■発売日:2012年11月29日
■希望小売価格:5,981円+税
▼『仮面ライダー 超クライマックスヒーローズ』ダウンロード版
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:ACT
■発売日:2012年11月29日
■価格:6,280円(税込)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。