News

2012年12月28日(金)

世界最速の対戦動画をお届け! 『HEROES’ VS(ヒーローズバーサス)』で開発スタッフと電撃オンラインが激突

文:うま

『HEROES’ VS(ヒーローズバーサス)』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

【第2試合】
リボーンズガンダム(kbj) VS ダブルオーライザー(T)

 2回戦となる中堅戦に挑むのは、電撃オンラインで多くの対戦企画に参加してきたkbj。対する開発スタッフは、東大卒をウリとする自称・頭脳派ゲーマーのT。なお、対戦ゲームを得意とするkbjだが、いきなりのお願いで今回の対戦に参加することになったため、ゲームシステムを把握しきれていなかった。カードの効果や特徴がよくわからない状況ながら、自慢のテクニックで対抗しようと意気込むが……。

 序盤は『ガンダム』シリーズのキャラが得意とする、ロングレンジでの射撃戦がメインとなる展開に。アクションゲームが得意なkbjだけに、ある程度は健闘するが、しだいにTが使うカードの効果や、ゲーム自体のやり込み度合いの差から押されていく。最終的には“フィニッシュ必殺技”を見事決められて、開発スタッフTに敗北した。


【第3試合】
仮面ライダーエターナル(うま) VS 仮面ライダーW(ダブル)(数えきれない罪)

 2連敗で電撃オンラインの負け越しは決まったものの、なんとか一矢報いたいところ。最後の戦いは、かつて格闘ゲームの大会などに参加しまくっていた実力派ゲーマーのうま。一方、プロデューサーの数えきれない罪も本作をかなりやり込んだ実力派で、自分よりも強いヒーローを探し続けているらしい……。

 『仮面ライダー』シリーズのキャラはコンボがつながりやすいため、攻撃が1発でもヒットしたら、そのまま華麗な連続技が決まり続けることが多い。お互いにラッシュを狙うが、カードの効果で相手の攻撃をさえぎりあう接戦が展開する。

 だが、最後に勝敗を分けたのは“ジャッジメント”。まだ詳しいルールを把握できていないうまに対して、容赦なく的確なカード選びを行うプロデューサー。必殺技攻撃力を3倍にする強力な効果を持つ“ヒーローカード”をうまが使った瞬間、即座に“効果打消”の効果を持つカードで打ち消したプロデューサーが、そのまま勝利をつかんだ。

 こうして電撃オンラインは、1回も勝てずに完敗してしまうことに……。

『HEROES’ VS』
▲無念にも全敗してしまった電撃オンラインのスタッフたち。何がいけなかったのか、戦い方の基本を開発スタッフに聞く!

→開発スタッフの強さの秘密とは!? 戦い方のセオリーを聞く!(3ページ目へ)

(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 (C)石森プロ・東映 (C)創通・サンライズ (C)創通・サンライズ・MBS (C)円谷プロ
※画面は開発中のもの。

データ

▼『HEROES’ VS(ヒーローズバーサス)』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:アクション
■発売日:2013年2月7日
■希望小売価格:5,981円+税
▼『HEROES’ VS(ヒーローズバーサス)』ダウンロード版
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP(ダウンロード専用)
■ジャンル:ACT
■発売日:2013年2月7日
■価格:6,280円(税込)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。