News

2013年1月11日(金)

格闘ACTの猛者が感心した『HEROES’ VS(ヒーローズバーサス)』プレイレポート! そして、みなぎる原作愛にも超絶感動の巻

文:うま

『HEROES’ VS(ヒーローズバーサス)』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

■一瞬の判断が命取りに! 常に“読み合い”を必要とする、熱い駆け引き!

 さて、続いては本作が格闘ACTとしてどれだけ楽しめるかをテーマとして、気になるポイントをピックアップして紹介していきましょう。 

『HEROES’ VS』 『HEROES’ VS』
▲情報量が多いゲームなので、最初は戸惑うかもしれませんが、基本的には格闘ACTなので、遊び始めればすぐに慣れます!

 まずは、大枠の部分について。先に結論から言ってしまいますが、とにかく“読み合いが熱い”のです!

 たとえば、相手の攻撃をガードした場合。このゲームのガードは、Lボタンを押している間、正面からの攻撃をガードし続けることが可能です。しかし、背後からの攻撃はガードできません。さらに、各種必殺技や『ウルトラマン』シリーズキャラの溜め攻撃など、ガード不能の攻撃もたくさん用意されています。

 そのため、攻撃側の選択肢として、相手に通常攻撃(1発目)をガードされた場合、側面や背面に回り込むか、ガード不能の攻撃を繰り出すかが基本となります。逆に防御側は、相手の攻撃の隙を見てガードを解き、回避行動に移るのがセオリーとなります。

 とはいえ、それはあくまでセオリーの1つ。防御側の裏をかいて、あえて通常攻撃を続けることで相手の呼吸を乱したり、ガード不能の効果があるカードを使って、強引にコンボ攻撃を決めたりと、とにかく多彩な選択肢があるので、その読み合いが楽しいんですよね。

 ちなみに、攻防の駆け引きをグンと深くしているのが、ジャスト回避の要素です。これは相手の攻撃に合わせてタイミングよくボタンを押すことで、一瞬だけ無敵状態となり、素早くステップを踏んで相手の側面に移動するアクションです。この要素により、攻撃を仕掛けられていた側が一瞬で反撃に転じることができるので、どんな時でも攻防の入れ替わりが起こりうる、スリリングな戦いが楽しめるようになっています。

『HEROES’ VS』 『HEROES’ VS』
▲格闘ACTでよく見られるワンサイドゲームの展開は、意外とこのゲームでは少ないはずです。アクションやカードを使いこなすことで、いつでも自分が戦いに勝てるチャンスを引き寄せられるようになっています。

■簡単操作とは裏腹に、SPをめぐる駆け引きは本格的!

 これだけ奥が深いシステムになっているのに、操作はいたって簡単です。相手との距離で遠距離攻撃と近距離攻撃を自動的に使い分けてくれるうえに、近距離攻撃がヒットしたら、そのまま攻撃ボタンを連打するだけで、簡単に連続技へとつなげられます。必殺技のコマンドもLボタンと△ボタンを同時に押すだけと、非常にシンプル。さらに、追撃ができるタイミングでは追撃用のコマンドも表示してくれるので、複雑な操作が苦手な人でも問題なく遊べると思います。

 コンボ攻撃を途中でキャンセルして、必殺技へとそのままつなげるタイミングも甘めなので、“格闘ACTは難しそう……”という人もご安心ください。

『HEROES’ VS』 『HEROES’ VS』
▲ほぼすべてのアクションをワンボタンで行えて、必殺技ですら2ボタン同時押しで出せるという簡単操作! 自分は複雑なコマンド入力でもドンとこいですけどね。

 逆に操作が簡単すぎると、対戦ゲームとしての展開が単調になってしまうことを危惧する人がいるかもしれません。そこで声を大にして言いたいのが、SPをめぐる駆け引きの部分のおもしろさです。

 SPとはスピリッツパワーの略で、主に必殺技を使うために必要なものです。そう聞くと普通に感じると思いますが、本作ではこのSPを奪い合うことができるのがポイントなんです!

 相手のSPを奪える“SPクラッシュ”攻撃は決して無制限に使えるものではなく、使用回数(SPクラッシュカウント)が設定されててり、さらにその“SPクラッシュカウント”の増加方法もシリーズごとに違います。この貴重で便利な“SPクラッシュ”攻撃をいかに効果的に使い、相手のSPを奪って有利に立ち回るかが、本作における“熱い駆け引き”になるわけですね。普通の格闘ACTが相手の体力を減らすことだけを目的とするのに対して、本作はSPにも気を配る必要があるわけです。これはなかなか独特のプレイ感覚でした。

 ちなみに、この“SPクラッシュ”攻撃は単発で出してもバレバレなので、基本的にはコンボ攻撃の途中にキャンセル技として組み入れるのがセオリーとなります。また、意外と攻撃の判定が強いので、連続攻撃が途切れそうな時に使うことで遠くの敵を拾える=連続攻撃を続けやすい部分もメリットです。1つの攻撃に複数の役割が設定されていることで、戦略やアクションの幅が広がっている気がします!

『HEROES’ VS』 『HEROES’ VS』
▲相手のSPを奪う“SPクラッシュ”攻撃も、△ボタン押しでOK。発動までの隙が長い場合もあるので、コンボ攻撃の途中に組み込むことで隙を減らすことが大事です。

→格闘ACTとカードゲームの相性がこんなにいいなんてビックリ!(3ページ目へ)

(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 (C)石森プロ・東映 (C)創通・サンライズ (C)創通・サンライズ・MBS (C)円谷プロ
※画面は開発中のもの。

データ

イメージ
▼『HEROES’ VS(ヒーローズバーサス)』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:アクション
■発売日:2013年2月7日
■希望小売価格:5,981円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『HEROES’ VS(ヒーローズバーサス)』ダウンロード版
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP(ダウンロード専用)
■ジャンル:ACT
■発売日:2013年2月7日
■価格:6,280円(税込)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。