News

2013年2月4日(月)

新感覚ドラマチック格闘ACTの魅力を3行で語ろうとしたら、1万文字を超えてしまった『HEROES’ VS(ヒーローズバーサス)』座談会はこちらです

文:うま

『HEROES’ VS(ヒーローズバーサス)』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

■大ボリュームのストーリーの中でも、VICE(悪)の物語が熱い!

カネキング:自分は今回、対戦をメインにプレイして、“ストーリー”モードはほとんどプレイしていないんですけど、クリアにどれぐらいかかるんです?

そみん:僕の場合は、レベル上げも含めて、1キャラクターでクリアするのに5~6時間かかりましたね。とはいえ、ACTがうまければ、もっと短時間でいけると思います。

カネキング:ちょっと、5時間×18キャラクターで90時間だから、本当に100時間以上かかりそうですね(笑)。

『HEROES’ VS(ヒーローズバーサス)』 『HEROES’ VS(ヒーローズバーサス)』
▲各ステージはターン制で進行。プレイヤーが1回動くと敵も1回動き、同じディスクに止まるとバトルに突入する。▲メインのクリア条件となるミッションの他に、サブミッションと呼ばれる高難易度の目標も存在。これを達成すると、クリア時の成績がよくなる。

うま:ちゃんとサブミッションまでクリアしようとすると、さらに時間がかかりますね。まあ、サブミッションはやり込み要素の部分だから、基本的には初回プレイで達成するのは難しいですけど。

そみん:中盤以降のステージは敵の数が多いし、移動するディスクが増えてきて時間かかるんですよね。

うま:パズル的な要素が多いステージは、ちょっと面倒に感じる人もいるかも。

そみん:初プレイだと、ワープの罠にひっかかりますね。だから1回目のプレイでルートをちゃんと把握して、2回目以降でサブミッションも含めて完全クリアする感じで、コンプリートに時間がかかっちゃうことが多いかな。

うま:それでいて、サブミッションの中には、かなり育成しないと倒せない超強敵もいますしね。なんにせよ、やりこみ要素は多いと思います。

そみん:HPを回復できる宿屋みたいなディスクもあるんですけど、バトルごとにそこに戻っていたら、ターン数がかかりすぎて、クリア時の評価が悪くなっちゃうジレンマが……。一部のステージは、HP回復系のデッキを作って、なんとか乗り切りました。

カネキング:“ストーリー”モードは、もうちょっとオマケ的なものかと思っていたんですけど、かなり力が入っているんですね。

そみん:むしろ、本作のメインモードだと思います。キャラクターごとのストーリーもおもしろいですし。

『HEROES’ VS(ヒーローズバーサス)』 『HEROES’ VS(ヒーローズバーサス)』
▲善悪18ヒーローそれぞれについて、しっかりとしたストーリーが用意されている。もちろん、作品の枠を超えたクロスオーバーな展開も大きな魅力だ。

うま:やっぱり、作品の枠を超えたクロスオーバーな展開ばかりなので、原作を知っているほど楽しいですね。あの名ゼリフが、まさかこんな意外なシチュエーションで使われるとは! みたいな感じで、熱い展開や笑える展開が多くてオススメです。

カネキング:熱い展開はわかるけど、笑える展開ってどういうことですか(笑)。

そみん:“仮面ライダー電王”は、そもそもキャラクター的にコミカルな部分もあるじゃないですか。いい意味でトラブルメーカーなので、彼がからむとストーリーが盛り上がることが多かったですね。

 それから、“ウルトラマンゼロ”もケンカっ早い部分があるというか、短気でおっちょこちょいな部分があるので、いろいろとユニークな展開が多かったです。

うま:JUSTICE(善)ヒーローのストーリーもいいですけど、このゲームを遊ぶなら、VICE(悪)ヒーローのストーリーをプレイしないのは損ですね。

そみん:まあ、VICE(悪)ヒーローは、基本的に群れない一匹狼系ですからね。同じVICE(悪)勢でぶつかり合うことが多いんですけど、思わぬ共闘もあったりして、先が読めないストーリーが展開するのが魅力です。

『HEROES’ VS(ヒーローズバーサス)』 『HEROES’ VS(ヒーローズバーサス)』
▲己の欲望のままにぶつかり合うVICE(悪)勢だが、時には意外な共闘も!? 先の読めない展開が続出!

→経験値稼ぎやカード集めの楽しさは、まさに1人用RPG!(4ページ目へ)

(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 (C)石森プロ・東映 (C)創通・サンライズ (C)創通・サンライズ・MBS (C)円谷プロ
※画面は開発中のもの。
(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 (C)石森プロ・東映 (C)創通・サンライズ (C)円谷プロ
(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 (C)石森プロ・東映 (C)創通・サンライズ (C)創通・サンライズ・MBS (C)円谷プロ

データ

イメージ
▼『HEROES’ VS(ヒーローズバーサス)』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:アクション
■発売日:2013年2月7日
■希望小売価格:5,981円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『HEROES’ VS(ヒーローズバーサス)』ダウンロード版
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP(ダウンロード専用)
■ジャンル:ACT
■発売日:2013年2月7日
■価格:6,280円(税込)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。