News

2013年2月20日(水)

【ソードアート・トゥデイ】一緒に冒険するとしたら誰と……? キャスト陣への直撃インタビューのラストを飾るのはキリト役・松岡禎丞さん!

文:てけおん

『ソードアート・オンライン -インフィニティ・モーメント-』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 バンダイナムコゲームスから2013年3月14日に発売されるPSP『ソードアート・オンライン -インフィニティ・モーメント-』。その情報を毎週紹介する特集企画“ソードアート・トゥデイ”の第12回をお届けする。

『ソードアート・オンライン -インフィニティ・モーメント-』

 本作は、川原礫先生が手がける小説『ソードアート・オンライン』と、そのTVアニメをモチーフにしたPSP用ゲーム。原作では、100層もある巨大なダンジョン・浮遊城《アインクラッド》を75層でクリアしたが、ゲームでは76層からさらに上の階層を目指していくという、ゲームオリジナルの展開とマルチエンディングが待ち受けている。

 今回は、物語の主役であり、ゲームではプレイヤーの分身となるキリトを演じた、松岡禎丞さんのインタビューをお届け。 なお、本特集の第8回ではリーファ役・竹達彩奈さんとユイ役・伊藤かな恵さんインタビューを、第9回ではシリカ役・日高里菜さんとリズベット役・高垣彩陽さんのインタビューを掲載。そして第11回ではアスナ役の戸松遥さんのインタビューも掲載しているので、ぜひこちらもチェックしてほしい!

『ソードアート・オンライン -インフィニティ・モーメント-』
▲これまでのインタビューに参加してくれた声優陣。

■目の前の作品に全力で挑んでいきたい■

――まず『ソードアート・オンライン』(以下、SAO)のTVアニメ2クールとゲームの収録を終えての感想を聞かせて下さい。

 本当にアっという間でした。役が決まってから監督と飲みに行かせていただいたんです。その時監督に「2クールを通してすべて出るのは、松岡くんしかいないから」という話をされました。以前、先輩方から「主役はその作品の座長として、みんなを引っ張っていかなければならない」ということを言われていたので、それなら「座長として、出演者の方々に何かできることはないか」「初めて現場に来られた方にもこの現場に親しんでもらうにはどうすればいいのか」と、よく考えました。

 それで、思いっきり声を出してこの現場の空気を感じてもらうのが、その方々への一番の礼儀になるのではないかと思って、とにかく思いっきり演じていきました。それが結果的に、現場の士気を上げることになったのかなと思っています。

――アフレコはそうしたプレッシャーとの戦いだったわけですね。

 キリトは本当に叫ぶシーンが多い役どころで、アフレコは本当に命をけずっていくような感じで臨んでいたのですが、最初のころはマネージャーさんに「次の現場のことも考えてね」って注意されたこともありました。でも、個人的には作品を作る上で中途半端というのが一番キライなので、精一杯演じていきました。

――もしもキリトにメッセージを送るとしたら?

 そろそろ落ち着いてもいいんじゃない? って(笑)。キリトはまだ16~17歳くらいの男の子ですけど。

――「落ち着いてもいいんじゃない?」とはどういう意味ででしょうか?

 アスナというお嫁さんもいるわけですし、いろんな意味でもうキリトくんは……身を固める覚悟をしたほうがいいんじゃないかと(笑)。

『ソードアート・オンライン -インフィニティ・モーメント-』 『ソードアート・オンライン -インフィニティ・モーメント-』

――確かにそうかもしれませんね(笑)。もし松岡さんが《SAO》にログインしてしまったとしたら、どんなことをして過ごすと思いますか?

 死なないゲームだったら攻略組にはなってみたいですね。でも《SAO》だと死の危険性もあるわけで、恐怖感との戦いでもあるんですよね。

――では、演じてみたいキャラクターとかはいますか?

 それなら敵を演じてみたいですね。

――敵というとモンスターとかですか?

 ラフィン・コフィンなどの悪役ですね。悪役って、キャラクターにもよりますけれどモラルに縛られることがないじゃないですか。演じるにあたっても、役者が持っている悪の像というのを惜しみなく出していける場でもありますし。《SAO》の世界だったらどんな悪事が働けるんですかね(笑)。「ヒャッハーーーー!」って言いながら暴れてみたいですね(笑)。あとはヒースクリフのようなラスボス的な悪役も一度は演じてみたいなと。

『ソードアート・オンライン -インフィニティ・モーメント-』

  →もしも松岡さんが冒険するとしたら、誰をパートナーに選ぶ?(2ページ目へ)

(C)川原 礫/アスキー・メディアワークス/SAO Project (C)2013 NBGI
※画面は開発中のもの。

1 2

データ

▼『ソードアート・オンライン -インフィニティ・モーメント-』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年3月14日
■希望小売価格:5,981円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ソードアート・オンライン -インフィニティ・モーメント-(初回限定生産版)』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年3月14日
■希望小売価格:9,505円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ソードアート・オンライン -インフィニティ・モーメント-』ダウンロード版
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年3月14日
■価格:6,280円(税込)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。