News

2013年3月7日(木)

日本一ソフトウェア制作のカードバトルRPGが登場! 『Z/X(ゼクス) 絶界の聖戦』がPS3で発売決定

文:電撃オンライン

『Z/X(ゼクス) 絶界の聖戦(クルセイド)』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

  日本一ソフトウェアは、PS3用ソフト『Z/X 絶界の聖戦(ゼクス ぜっかいのクルセイド)』を5月23日に発売すると発表した。価格はパッケージ版が7,140円(税込)、ダウンロード版が6,000円(税込)。

『Z/X(ゼクス) 絶界の聖戦』 『Z/X(ゼクス) 絶界の聖戦』

 TCG、コミック、アニメなど、多彩なメディアで展開が進む『Z/X -Zillions of enemy X-』は、メディアミックス型の大規模プロジェクト。コンシュマーゲーム版『Z/X 絶界の聖戦』では5人の主人公が登場し、5つの都市を舞台にそれぞれのストーリーが展開する。

『Z/X(ゼクス) 絶界の聖戦』

■ワールド(世界観)

 20XX年――
 世界各地で異世界に通じる超空間ゲートが発生。

 ゲート出現と、
 そこから現れた異形――“Zillions of enemy X”通称ゼクスの侵攻により
 人類は甚大な被害を受ける。

 もっとも大きな超空間ゲートは5箇所。

 アメリカ合衆国/ワシントンDC
 アルゼンチン/ブエノスアイレス
 フランス/パリ
 南アフリカ共和国/プレトリア
 そして、日本/東京

 各ゲートは直径100キロ規模の不可侵領域(BP/ブラックポイント)を形成。
 その場にあった5都市は、一瞬にして消失した。

 5都市のゲートは
 それぞれ別の異世界と接続しており、
 異なる特徴を持つゼクスが各ゲートから侵攻を開始。

 人類の必死の抵抗もむなしく、
 ゲート発生後7日を経て、各都市周辺は壊滅的な状況を呈す。

 後の世で語られる
 “黙示録の日(Days of Apocalypse)”である。

 黙示録の日から数年後、
 人類はゼクスの脅威に立ち向かうための
 力を手に入れる。

 “カード型デバイス”
 それは、その内部に
 ゼクスや異世界の現象を封じた兵器。
 ゼクスの力を用いてゼクスを討つ切り札である。

 デバイスの登場により、
 圧倒的劣勢が続いていた戦いの流れは大きく変化。
 人類は戦況を巻き返すことに成功する。

 それから数十年――今、5つの都市で、5人の物語が動き出そうとしていた。
 

『Z/X(ゼクス) 絶界の聖戦』
▲5つの都市に出現した超空間ゲートは、それぞれが異なる異世界につながっており、BP(ブラックポイント)内にはその異世界独自の文化・文明を持つゼクスが出現する。
『Z/X(ゼクス) 絶界の聖戦』 『Z/X(ゼクス) 絶界の聖戦』
▲アメリカ/ワシントンBP:青の世界。科学技術の発達に狂騒する世界。▲アルゼンチン/ブエノスアイレスBP:白の世界。精神エネルギーが肉体を凌駕する世界。
『Z/X(ゼクス) 絶界の聖戦』 『Z/X(ゼクス) 絶界の聖戦』 『Z/X(ゼクス) 絶界の聖戦』
▲フランス/パリBP:緑の世界。植物に飲み込まれつつある世界。▲南アフリカ共和国/プレトリアBP:赤の世界。肉体に代わる器を生み出そうとする世界。▲日本/東京BP:黒の世界。暴走した死の概念に魅入られた世界。

■5人の主人公キャラクター

●加賀楓(CV:松岡禎丞)
・国籍:日本
・職業:闇デバイス業者

 ゼクスを狩り、デバイスを売りさばく闇業者の青年。デバイス戦闘の優れた才を持つ。また身体能力もずば抜けており、一時的なら生身でもゼクスとわたり合えるほど。施設出身で天涯孤独。冷めた性格に見えるが本質は情にあつく、仲間思い。

『Z/X(ゼクス) 絶界の聖戦』
「(ゼクスを狩るのは)仕事だ。楽しいとか楽しくないとか、そういう問題じゃない」

【プロローグ】

 ゼクスを狩り、ブランクデバイスに捕獲し、非正規のルートで客に売る。生まれ育った施設を15歳で出て以来、加賀は“ゼクスを狩る”ことで生計を立ててきた。

 東京BPを抱える日本は、違法デバイスを扱う3大マーケットの1つとして世界的にも有名となっていた。加賀が籍を置く“東京メビウス”も、関東有数の違法デバイス販売会社だ。

 社内の技術者が手がけた加賀のデバイスは、軍用に近い高スペックを誇る。本人の実力もあり、デバイス戦闘での強さは群を抜いていた。

 その日、同僚とともにBP内で“狩り”を行っていた加賀は、奇妙な姿をしたゼクスと遭遇する――


●ナタリア・カンビアッソ(CV:藤村歩)
・国籍:アルゼンチン
・職業:NPO職員

 スラム街に暮らす少女。身寄りのない子どもを引き取り、保護している。南米最大のマフィアの家に生まれ、幼いころから銃器やデバイスの扱いの訓練を受けてきたが、家業や父親への反発もあり、母の死を機に家を出た。思いやりにあふれた優しい性格だが、いざという時には肝が据わった対応をとるなど、芯の強さをあわせ持つ。

『Z/X(ゼクス) 絶界の聖戦』
「怖かったら、眼を閉じていて。大丈夫、わたしがあなたを守るから」

【プロローグ】

 ある日、ナタリアが子どもたちと暮らすスラム街のほど近くに、小型のブラックポイント――マイクロブラックポイント(MBP)が発生する。

 MBPの発生は、一切の前触れもなく起きる。発生に巻き込まれれば生身の人間など、ひとたまりもない。

 ここ数カ月、世界各地で多数のMBP出現が報告されている。今回は運よく被害を免れたが、いつ、施設や子どもたちがその被害に遭うとも知れない。

 脅威を身近に感じたナタリアは、母の形見のデバイスを握り締め、MBPへと足を向ける。起きるかも知れない“その時”に備えるため、少しでも脅威の正体を知るために。


●クイン・フォーサイス(CV:川村拓央)
・国籍:アメリカ
・職業:海兵隊員

『Z/X(ゼクス) 絶界の聖戦』

●セシル・ロワイヤル(CV:伊藤静)
・国籍:フランス
・職業:ジャーナリスト

『Z/X(ゼクス) 絶界の聖戦』

●スティーブ・シバヤ(CV:勝杏里)
・国籍:南アフリカ共和国
・職業:研究員

『Z/X(ゼクス) 絶界の聖戦』

■バトルのカギを握る“デバイス”とは?

 異世界の住人や現象そのものを取り込むことのできる“カード型デバイス”には、その威力の高さから、所持や使用に多くの規制が設けられている。しかし、規制の網を潜り抜けた裏取引は、後を絶たない。高性能なブランクデバイスや、強力なゼクスを封じたデバイスは、日夜高値で取引されている。

 ゼクスを捕獲するには、戦闘中に“コードハック”を仕掛け、屈服させる必要がある。このため、加賀のようにデバイス戦闘に長けた者が、ゼクスを“狩る”者として活躍している。

『Z/X(ゼクス) 絶界の聖戦』

■“BP”という特殊環境が戦いの舞台に

 デバイス使用時に生まれるフィールドにより、人間もBPへと侵入することが可能となる。一方、ゼクスたちは異世界からゲートを介して現れるが、BPの外部に出ると、活動を継続できる時間が制限される。このため、人間とゼクスの戦場はBP内部および周辺地域に集中している。


■MBPでのエピソード ―ナタリアと謎めいた少女―

 ナタリアはある日、訪れたMBPの内部で幼い少女がゼクスに囲まれているのを発見、保護する。少女は“エスペランサ”という名前を口にするが、住まいや家族をたずねても要領を得ない。この謎めいた少女との出会いが、ナタリアの運命を大きく変えていく――。


→気になる戦闘システム、そして各種特典は?(2ページ目へ)

(C)BROCCOLI / Nippon Ichi Software, Inc.
※画面は開発中のものです。

1 2

データ

イメージ
▼『Z/X(ゼクス) 絶界の聖戦(クルセイド)』
■メーカー:日本一ソフトウェア
■対応機種:PS3
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年5月23日
■希望小売価格:6,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『Z/X 絶界の聖戦(クルセイド)』ダウンロード版
■メーカー:日本一ソフトウェア
■対応機種:PS3
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年5月23日
■価格:6,000円(税込)

関連サイト

関連記事

この商品を買った人はこんな商品も買っています (Amazon.co.jpより)

Facebookコメント

注目記事

週間アクセスランキング

[集計期間2014年 04月16日~04月22日]

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。