News

2013年2月22日(金)

TCG『Z/X(ゼクス)』の新たなフリーカードが配布開始! 無料デッキを作って対戦してみたプレイレポートを掲載

文:カネキング

 ども、電撃カードゲームの担当編集・カネキングです。ブロッコリーさんから発売されているTCG『Z/X ‐Zillions of enemy X‐(以下、ゼクス)』の新しいフリーカード『蒼天の獅子&白銀の護騎』の冊子が、本日2月22日ごろから全国のカードショップなどで配布されています。ブロッコリーさんからサンプルをもらいましたので、早速遊んでみたいと思います!

『Z/X(ゼクス) ‐Zillions of enemy X‐』 『Z/X(ゼクス) ‐Zillions of enemy X‐』

 と、その前に「フリーカードとはなんぞや?」という方がいるかもしれませんので、少しご紹介します。『ゼクス』は、“無料で始められるTCG”をうたっておりまして、カードを公式で無料配布しています。

 手に入れる方法は主に2つ。1つ目は、ショップなどで配布されている冊子をもらうこと。2つ目は、公式サイトにアップされるPDFデータをダウンロード&印刷すること。どちらも、紙に印刷されたカードを切り離して、カードスリーブに入れれば完成です。適当なカードも一緒に入れて、中敷きにするといいでしょう。

 オススメは、冊子をもらってくることですね。印刷がしっかりしていますし、切り離しやすいようにミシン目も入っています。さらにルールの解説もついていますので、これが1冊あれば即『ゼクス』デビュー。2冊あればすぐに対戦までできてしまうわけです! 対戦ルールなどは、公式サイトや4月20日に掲載したプレイレポートなどをご覧ください。

『Z/X(ゼクス) ‐Zillions of enemy X‐』 『Z/X(ゼクス) ‐Zillions of enemy X‐』
▲冊子を開いたところ。デッキに必要なカード50枚とルールガイドがワンセットになっていまして、紙質もよいです。

 フリーカードは、ちゃんと50枚1セットになっていて、これだけでプレイ可能。店舗大会はもちろん公式戦でも使用できます。製品版のカードとも混ぜられますので、ちょっとカードが足りない時などは、とりあえずこのフリーカードを挿しておけばデッキになってしまいます。

 また、フリーカードは、今後発売される製品版のカードを元にしたフリーカードで構成されていますので、製品版を買ってバリバリ遊んでいるプレイヤーも、未知のカードを体験するチャンスです。

 では、『蒼天の獅子&白銀の護騎』の主なカードを見て行きましょう! 『ゼクス』は赤、青、白、黒、緑で分けられる5つの世界が戦っているという背景があるのですが、『蒼天の獅子&白銀の護騎』は、その中の青と白で構成されたデッキですね。

『Z/X(ゼクス) ‐Zillions of enemy X‐』 『Z/X(ゼクス) ‐Zillions of enemy X‐』
▲ゼクスたちを操るプレイヤーカードは、《戦斗怜亜》と《弓弦羽ミサキ》の2人が収録されています。それぞれ、青と白に属するキャラクターですね。
『Z/X(ゼクス) ‐Zillions of enemy X‐』
▲《金鯱変形ナゴヤーン》は、イグニッションアイコン持ちのパワー4000。チャージにエヴォルシードアイコンを持つカードがあると、パワーが+1000されます。“エヴォルシードアイコン持ちは、このデッキには4種収録されていますね。
『Z/X(ゼクス) ‐Zillions of enemy X‐』 『Z/X(ゼクス) ‐Zillions of enemy X‐』
『Z/X(ゼクス) ‐Zillions of enemy X‐』 『Z/X(ゼクス) ‐Zillions of enemy X‐』
▲エヴォルシードアイコンを持つ4枚。青の2枚は、ゼクスをライブラリーに戻す効果やドロー効果を持ちます。白の《イヴィルベイン エルブルース》は、スクエアにあるすべての相手ゼクスのパワー-1000となかなか強力な効果。《ガーディアンハート》は、手札とこのカードを入れ換えられるのですが、相手にバレてしまうのがちょっと難点かもしれませんね。
『Z/X(ゼクス) ‐Zillions of enemy X‐』 『Z/X(ゼクス) ‐Zillions of enemy X‐』 『Z/X(ゼクス) ‐Zillions of enemy X‐』
▲《ソードレヴォリューション》は、[バトルドレス]とシナジーがあるイベントカード。収録カードでは、《サイバーレイピア アルファルド》や、《バトルヒーロー マルカブ》が[バトルドレス]です。
『Z/X(ゼクス) ‐Zillions of enemy X‐』 『Z/X(ゼクス) ‐Zillions of enemy X‐』 『Z/X(ゼクス) ‐Zillions of enemy X‐』
『Z/X(ゼクス) ‐Zillions of enemy X‐』 『Z/X(ゼクス) ‐Zillions of enemy X‐』 『Z/X(ゼクス) ‐Zillions of enemy X‐』
▲この他、女の子や動物、メカなど、多彩なカードが収録されています。最大パワーを持つのが、かわいらしい《面倒見の良いサイベリアン》と、ギャップがおもしろいです(笑)。

 ではこのカードたちを冊子からペリペリはがして、スリーブに1枚1枚入れていきます。これでデッキが完成! 他のフリーカードのデッキと対戦してみます!

『Z/X(ゼクス) ‐Zillions of enemy X‐』 『Z/X(ゼクス) ‐Zillions of enemy X‐』
▲ミシン目があるので、軽く折ってあげると手でもキレイに切り離せます。
『Z/X(ゼクス) ‐Zillions of enemy X‐』 『Z/X(ゼクス) ‐Zillions of enemy X‐』
▲カードと一緒にスリーブに入れます。フリーカード分厚みは出ますが、見た目はすごくキレイです。
『Z/X(ゼクス) ‐Zillions of enemy X‐』 『Z/X(ゼクス) ‐Zillions of enemy X‐』
▲せっせと作業をして、デッキが完成! 遊んでみますよー!

 フリーカードは能力が単純なものが多いので、イグニッションオーバードライブの成功回数がカギを握る気もしますが、それなりに戦術はありますね。

 何戦かやってみて、今回のデッキは自軍エリアのスクエアにあるすべての自分のゼクスのパワーを+1000する、《運命のデスティネ》が非常に活躍しました。コストが安く、並べやすいのがいいですね。

『Z/X(ゼクス) ‐Zillions of enemy X‐』
▲コストも安く、イグニッションアイコンとヴォイドブリンガーを持つ《運命のデスティネ》。自分もパワーアップするのがいいですね。
『Z/X(ゼクス) ‐Zillions of enemy X‐』
▲まずは同じデッキ同士で対戦。イグニッションオーバードライブが全然成功せず、負けてしまいました。
『Z/X(ゼクス) ‐Zillions of enemy X‐』
▲別のフリーカードのデッキとの一幕。《運命のデスティネ》がイグニッションオーバードライブでめくれ、さらに手札から追加して~と理想的な動きでした。

 というわけで、フリーカード冊子をご紹介しました! フリーカードは、製品版のカードより性能がやや低かったり、背景が少々味気なかったりしますので、これで『ゼクス』を楽しんだら、製品版デビューしてみるのもいいでしょう。他のフリーカードと組み合わせて、より強いフリーカードのデッキを組むのも楽しいです(笑)。ぜひ、あれこれ工夫して『ゼクス』ライフを満喫してください!

(C)BROCCOLI/Nippon Ichi Software,lnc.

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。