News

2013年3月3日(日)

登壇者の口から飛び出た“初春のポロリ”とは!? 『超電磁砲』チームによる『劇場版 とある魔術の禁書目録』舞台あいさつレポをお届け

文:スズタク

 本日3月3日、東京・立川の「立川シネマ・ツー」で、『劇場版 とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-』の大ヒット御礼舞台あいさつが開かれた。

 『劇場版 とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-』は、鎌池和馬先生が原作を手掛ける小説シリーズ『とある魔術の禁書目録』(電撃文庫)の劇場映画版。原作小説にはない完全オリジナルストーリーで構成されており、現在各劇場で絶賛上映中の作品だ。また、劇場では来場者特典として、書き下ろし文庫『とある魔術の禁書目録 -ロード トゥ エンデュミオン-』が10万3000冊限定で配布されているのも特徴(※特典文庫はなくなり次第配布終了)。

 2月23日の公開初日舞台あいさつに続き、大ヒット御礼を兼ねて行われた今回の舞台あいさつ。登壇者には佐藤利奈さん(御坂美琴役)、新井里美さん(白井黒子役)、豊崎愛生さん(初春飾利役)、伊藤かな恵さん(佐天涙子役)が招かれ、映画収録の思い出や4月に放送予定のアニメ『とある科学の超電磁砲S』についてのトークを繰り広げた。

 まずは劇場版についての全体的な感想を聞かれ、佐藤さんは本当にギリギリだったスケジュールのツラさと、実際に完成した時の映像美の感動を語った。新井さんと豊崎さんはそれぞれ「言葉が出なかった」「立ち上がれないくらいだった」と初鑑賞時の感想を口にし、衝撃の深さを物語っていた。また伊藤さんが、『禁書目録』にて佐天役で出演するという悲願を達成できたと話すと、会場からは盛大な拍手が!

 続いて、登壇者それぞれへの個別質問が行われた。アフレコ現場について聞かれた伊藤さんは、『禁書目録』チームに参加するのは初めてだったが、違和感なくすぐに馴染めたと語った。豊崎さんは、劇中の“黒い初春(通称黒春)”について指摘されると、初春から黒子への毒舌シーンがあることをコメント。そのシーンの様子を「初春のポロリもあるよ」と表現し、来場者の笑いを誘った。

 新井さん演じる黒子について、当初よりセリフが多くなったことを話されると、新井さんは思わず苦笑い。さらに、一部の場面で黒子のセリフがSE(効果音)に沈んでしまったことを聞かされ、「クッソー! もっと(力入れて)演技すればよかった!!」と悔しさをにじませた。そんな新井さんに対し、佐藤さんが「むしろ(新井さん自体が)SEだよね?」と漏らすと、会場は爆笑に包まれた。なお、セリフがSEに沈んだのは劇場の予想以上の音響の高さが原因であり、新井さんの演技力不足ではないことを補足しておく。新井さんの演技については、制作サイドも「演技に絵がついていった」と評価するほどだった。

 佐藤さんは美琴の持つ『禁書目録』と『超電磁砲』の2作品の立ち位置の違いについて聞かれ、普段は演じ分けるのが難しいけど、映画収録の時は『超電磁砲』チームがいてくれたので迷わなかったと話す。ちなみに、4月に放送開始予定の『とある科学の超電磁砲S』は、あらゆる面で前作からパワーアップしているとのこと。特に、新井さんの演技はいつも「やりすぎ」とダメ出しを食らうらしいが、とうとう監督が「もういつもの新井さんでいいんじゃないか」と根負け(?)したそうだ。

 トークがひとしきり盛り上がったところで、最後に登壇者からメッセージが贈られた。4人それぞれが、これから映画を観る人のために思いを語り、拍手とともに舞台あいさつは幕を閉じることに……。

●佐藤利奈さんより

 映画の中には、学園都市のモチーフと言われる立川に似た光景が見られますので注目してください。本当に息つく間もない90分ですので、みんなと気分を共有しながら楽しんでほしいですね。劇場版のあとには、すぐに『とある科学の超電磁砲S』も始まるので、こちらもよろしくお願いいたします。

●新井里美さんより

 この映画を観たら、『禁書目録』がますます好きになりますよ~。本当に、もうね、とにかくイイんだこれが。私はあえて多くを語りませんので、ぜひ実際に観てください。

●豊崎愛生さんより

 舞台挨拶でいろいろ語るとハードルが上がると言われますが、この作品についてはどれだけハードルを上げても皆さんの想像の上を行くと思います。本当に超カッコイイですから!

●伊藤かな恵さんより

 劇中にはたくさんのキャラクターが登場しますが、その1人1人に見せ場があります。もちろん佐天さんも活躍しますので、楽しみにしてください。

 ちなみに、映画のアフレコについての話題は、『とある魔術と科学の群奏活劇(アンサンブル)』特集の声優インタビューでも少しだけ言及されているので、気になる人は要チェック。なお、『とある魔術と科学の群奏活劇』は劇場版の前日譚が描かれる作品なので、まだ遊んでいない人はぜひとも手にとってほしい!

■『劇場版 とある魔術の禁書目録(インデックス)-エンデュミオンの奇蹟-』
【公開日】2013年2月23日

【スタッフ】(※敬称略)
 原作:鎌池和馬(『とある魔術の禁書目録』アスキー・メディアワークス刊)
 イラスト:はいむらきよたか
 監督:錦織博
 ストーリー原案・構成:鎌池和馬
 脚本:吉野弘幸
 キャラクターデザイン:田中雄一
 音楽:井内舞子/I’ve sound/IMAGINE
 アニメーション制作:J.C.STAFF
 製作:PROJECT-INDEX MOVIE
 配給:ワーナー・ブラザース映画

【キャラクター&キャスト】(※敬称略)
 上条当麻:阿部敦
 インデックス:井口裕香
 御坂美琴:佐藤利奈
 鳴護アリサ:三澤紗千香
 神裂火織:伊藤静
 ステイル=マグヌス:谷山紀章
 姫神秋沙:能登麻美子
 土御門元春:勝杏里
 月詠小萌:こやまきみこ
 白井黒子:新井里美
 初春飾利:豊崎愛生
 他

(C)鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX MOVIE

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。