News

2013年3月8日(金)

飛び込みで『マジック:ザ・ギャザリング』を楽しめちゃう! グランプリ横浜のサイドイベントに参加しちゃいました!!

文:カワカミ雁々

 3月3日、国内最大の参加者数をもって大盛況のうちに閉幕したTCG『マジック:ザ・ギャザリング(以下、MTG)』のイベント“グランプリ横浜”。本戦のアツい戦いはもちろん見どころなのですが、グランプリの楽しみはそれだけではありません。

 数多く開催されるサイドイベントもまた、『MTG』のお祭りであるグランプリが持つ魅力の1つです。ここでは、電撃オンラインスタッフによるサイドイベント参加レポートと、会場で発見したアイテムを使ったゲームレポートをお届けします。

■8人スタンダードトーナメントに出てみたよ!■

『マジック:ザ・ギャザリング』

 今回のグランプリのような『MTG』の大きな大会の併催イベントは、大きく分けて2種類あります。1つは、開始時間の決まったトーナメント。今回のグランプリ横浜では、『MTG』のほぼすべてのカードが使えるオールスター戦である“日本レガシー選手権”や、来年に『MTG』開発のおひざ元のシアトルで開かれる“スーパーサンデーチャンピオンシップ”の参加権をかけた“スーパーサンデーシリーズ”などが開かれました。

 そしてもう1つが、参加希望者8人が集まるごとに開催されるミニトーナメントです。ミニトーナメントは、8人による3回戦の勝ち抜き戦で、1回でも負けてしまえばそこまでですが、優勝者にはブースターパック1ボックスが進呈されるという太っ腹なトーナメントです。

 ミニトーナメントは人数が集まりしだい開催されるので、時間があれば何度もチャレンジすることが可能で、それこそ1日中大会に出場し続けることもできます。今回はスタンダードでこのミニトーナメントに出場してみました。

■さっそく第1回戦!■

 筆者が使用したのは青白赤のコントロールデッキです。《雲散霧消》のような打消し呪文と《熟慮》《スフィンクスの啓示》のようなカードを引き増す手段、《灼熱の槍》のようなクリーチャー除去手段で相手の攻撃をさばいていくオーソドックスなかたちのものです。

『マジック:ザ・ギャザリング』 『マジック:ザ・ギャザリング』 『マジック:ザ・ギャザリング』
▲スタンダード環境でもおなじみのコントロールデッキの向けのカードたち。

 もちろん、守っているだけでは勝てないので、相手を攻撃する手段が必要になってくるのですが、今回はそこに『ギルド門侵犯』で新たに登場した《軍勢の集結》を採用してみました。

『マジック:ザ・ギャザリング』
▲モリモリとトークンを生み出すエンチャント。遅いカードにも見えますが、生み出されるトークンが速攻を持っているので出した次のターンには1点、次は3点、次は6点と馬鹿にできない攻撃力を持っているカードだと思います。

 1回戦の対戦相手は赤単に少し白を加えたデッキ。《ボロスの反攻者》や《ぬいぐるみ人形》といった、自身に与えられたダメージをはね返すクリーチャーと《冒涜の行動》のコンボデッキでした。

『マジック:ザ・ギャザリング』 『マジック:ザ・ギャザリング』
▲自ら《ボロスの反攻者》に大ダメージを与えて、対戦相手にそれをはね返します。《ボロスの反攻者》が2体いれば、それだけで26点ものダメージを与えられる一撃必殺のコンボです。

 しかし、コンボデッキと言いつつも《ボロスの反攻者》や《雷口のヘルカイト》といった強力なアタッカーも採用されているので、実際は通常のビートダウン戦術とコンボの二刀流デッキといったところでしょうか。

 1ゲーム目は《ボロスの反攻者》にとにかく気を配りつつ、他のクリーチャーを全体除去呪文などで対処することに成功し、勝利することができました。

 《軍勢の集結》から大量のトークンが出るため《冒涜の行動》のマナ・コストがほとんどタダのようになっていましたね。そこに1体でも《ボロスの反攻者》がいたら負けていました。

『マジック:ザ・ギャザリング』 『マジック:ザ・ギャザリング』
▲相手の攻めをしのぎつつ、《軍勢の集結》で攻めにかかります。今回はなかなか《軍勢の集結》が引けませんでしたが、終盤に唱えた《スフィンクスの啓示》で2枚まとめて引いたので一気に展開!

 2ゲーム目は《雷口のヘルカイト》ともなぐり合える《ドラグスコルの肉裂き》をサイドボードから1枚加えてみました。

『マジック:ザ・ギャザリング』
▲7マナと重いですが除去されにくく、ライフとカードを供給してくれる強力なカードです。

 2ゲーム目は《流城の貴族》に何度か攻撃されるものの《至高の評決》から《月の賢者タミヨウ》《軍勢の集結》とスムーズに戦場を制圧できるカードをプレイできたので、そのまま勝利することができました。

『マジック:ザ・ギャザリング』
▲タップしているカードは、《軍勢の集結》から出た兵士トークンです。早い段階でこうできれば、コントロールとしては盤石といったところでしょうか。

→そして第2回戦へ……!(2ページ目へ)

(C)1995-2013 Wizards of the Coast LLC, a subsidiary of Hasbro, Inc. All Rights Reserved.

1 2

データ

▼『ギルド門侵犯』ブースターパックBOX日本語版
■発行:ウィザーズ・オブ・ザ・コースト
■発売日:2013年2月1日
■価格:13,230円(税込)
 
■『ギルド門侵犯』ブースターパックBOX日本語版の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『ギルド門侵犯』ブースターバトルパック日本語版
■発行:ウィザーズ・オブ・ザ・コースト
■発売日:2013年2月1日
■価格:1,029円(税込)
 
■『ギルド門侵犯』ブースターバトルパック日本語版の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『ギルド門侵犯』イベントデッキBOX日本語版
■発行:ウィザーズ・オブ・ザ・コースト
■発売日:2013年2月22日
■価格:15,750円(税込)
 
■『ギルド門侵犯』イベントデッキBOX日本語版の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『ギルド門侵犯』ファットパック英語版
■発行:ウィザーズ・オブ・ザ・コースト
■発売日:2013年2月1日
■価格:3,675円(税込)
 
■『ギルド門侵犯』ファットパック英語版の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。