News

2013年3月5日(火)

新キャラクターの誕生秘話や開発の裏話も! シリーズの集大成を実現した『真・三國無双7』開発者インタビューの前編

文:電撃オンライン

『真・三國無双7』の購入はこちらから

Amazon.co.jp
前へ 1 2 3 4

■新武将をデザインする時に立ちはだかった人気武将とは!?

『真・三國無双7』

――蜀について言うと、関一族が増えたなという印象を受けましたね。

鈴木:関勢力ができたというのは、よく言われます。蜀に関しては、実は選定には苦労しました。身内だけが増えていくのもどうかという意見は、社内でもありました。

 蜀だと他に要望が高い武将として、廖化とか王平などがいます。彼らを出すことも考えたのですが、各勢力の新キャラクター枠を考えた時に、王平を入れた場合、張苞を削るのか、それとも関興を削るのかということになる。

 でも関興と張苞はペアだろうというのがあったり、関銀屏を外した場合には女性の新キャラが1人でいいのかという全体のバランスがあったり……。そのような色々な条件が複雑に絡み合った結果、現在のようになりました。

――個人的な考えかもしれないですけど、王平と聞いた時に、少し地味な所があると思うんですよね。いぶし銀じゃないですけど。

鈴木:はい、そうですね。物語としてどちらの武将を入るべきなのかということも考慮して、こういうラインナップになったのです。

『真・三國無双7』

――『無双OROCHI2』のインタビューで「左慈は物語にかかわりが深いとは言えないので、無理に出さないようにしている」と言われていました。本作で登場した理由はどこにあったのでしょうか?

鈴木:今回はifを導入しようと考えていたので、盛り込みやすかったということが一番大きな理由です。あとは、先ほどもふれたのですが本作では集大成を掲げていたので、過去シリーズに登場した武将が出ていないのはさみしいかなと思ったためです。

 ただし、伏犠と女禍は、『無双OROCHI2』でデザインが完全に変わって登場しているので、こちらは登場させませんでした。

――追加武将の中で、難産だったのは誰ですか?

宮内:キャラクター設定についてはほぼ想定通りです。ビジュアルに関しては、当初から二転三転している武将もいます。

鈴木:最初に武将を選定した後、キャラクターの設定自体は開発の方で固めてしまうので、その辺は全体的にそこまでの苦労はなかったですね。どちらかというとその設定をビジュアルに起こす段階ですごく苦労しました。例えば韓当であれば、おじさんにするのは決まっていたんですけど、このビジュアルになるには結構大変でしたね。

宮内:キャラデザを担当するスタッフが「どこにでもいるようなおじさんみたいな武将に仕上げてもらわないと、イメージと合わないんだ」って言うんですけど、「そんなキャラを誰が使いたいんだよ!」って言ってもめたり……。

鈴木:一番最初は、本当に普通の汎用武将みたいなルックスでした。

宮内:で、ちょっと待ってくれよと(笑)。それでも「私の思う韓当はこうなんだ」というやりとりがありました。その結果、髪型がソフトモヒカンというか、いまの感じになったんです。

――そうですね、ちょっとおもしろいと思いました。

『真・三國無双7』

宮内:我々の視点からすると、何か引っかかる所がないとおもしろくないというのが、あります。やりとりを重ねて現在のデザインに落ち着きました。

鈴木:胸の韓の字や手ぬぐい、この鎖が象徴ですね。鎖は黄蓋とおそろいという、色々細かい設定があります。色々工夫して、なんとなく印象に残るキャラクターになったかなと思いますね。

――毎回作戦のシーンで、「あれ、俺への指示は!?」というやりとりがあって、「おっ、またやってくれた」という安定感があったという印象でした。

(一同笑)

鈴木:彼は、苦労したけど成功したキャラだと思ってます。

――他に苦労したのは?

宮内:女性の2人、関銀屏と張春華はルックスの面で難産でした。

鈴木:ビジュアルの確定にはすごく時間が掛かりましたね。

『真・三國無双7』

宮内:『6』で新たに登場した王元姫という武将が、ナンバー1の人気になってしまった。女性武将を出す以上は、彼女に追いつけ追い越せというようにして作っていくわけですね。そうすると「このキャラで王元姫に勝てるか」というような雰囲気になり、本当に難産でした。王元姫の人気はちょっとすごすぎますね……。

――王元姫はなぜあそこまで人気が出たと思いますか?

宮内:どうなんでしょう。逆にどうしてだと思われます? 我々としては普通に魅力的な女性として描いたつもりですけど、あそこまで人気が出るとは思わなかったのです。

鈴木:あそこまでぶっちぎるとは思ってなかったので、逆に意見を聞きたいです。

――王元姫は金髪でわかりやすいツンデレだったことや、衣装デザインがすごくカワイらしかったというのはあると思いますね。あと胸を強調してるのは、男性プレイヤーとしてはちょっと気になるのかなと思います。

鈴木:なるほど。今回は全武将のプレイ動画を公式サイトに上げたのですが、新キャラ以外だと、やはり彼女の再生数は多かったです。

宮内:でも関銀屏の人気はなかなか高いようなので、頑張った甲斐はあったのかなと思いますね。

鈴木:そうですね、関銀屏の反応はいいですね。

『真・三國無双7』

――個人的にはすごい好きです。足を露出している元気なキャラというのも今までのキャラクターとはちょっと違いますし。

鈴木:そう言っていただけるとうれしいですね。足を出させたの、私なんです(笑)。最初は出していなかったんですが、出すようにって。

――なるほど、そうだったんですね。実は次に、「今回は女性キャラの胸推しがすごいような気がすると感じたのですが、これはどなたの趣味なんでしょうか?」という質問をしようと思っていたのですが……。

鈴木:これは宮内じゃないの?

宮内:違いますよ(笑)。男性スタッフ陣の総意ですよ!

――リリースのスクリーンショットも胸がアップになっているような気がするんですよね。

『真・三國無双7』 『真・三國無双7』 『真・三國無双7』
『真・三國無双7』 『真・三國無双7』 『真・三國無双7』
▲各種スクリーンショット。バストアップが多いように思える。

宮内:これに関して言うと……ほとんど私のチョイスですね(笑)。……なんでと言われると、わかりませんが。

鈴木:意識しないで選んでいるんじゃない?

――無双乱舞の時にカメラがガッと寄って胸がアップになったり、なぜか前屈みになってたりしているので「本作は胸を強調してるのかな?」と思っていたのですが、そういう意識はあまりないんでしょうか。

(一同笑)

宮内:いや……あまりないですよ。でも、こうやって見せられちゃうと説得力に欠けますけど(笑)。むしろ私は、CEROチェッカーとして色気には厳しいんですよ。「こんなに脱いでいる必要ないんじゃないか」ってよく言っていました。

鈴木:確かに、キャラデザの段階でお色気に厳しいのは宮内です。デザインチームには女性もいるのですが、彼女たちが上げてくる案の方が、露出度が高かったです。

宮内:ただ、指摘されると気になりますね。何百枚もある画像の中から、そんなシーンばかり私が採用している。おかしいな……。

鈴木:おかしくないよ。潜在意識がそうさせているんだって(笑)。


 明日掲載する後編では、アクションやモード、コラボについて質問している。ぜひそちらもチェックしてほしい。

(C)2013 コーエーテクモゲームス All rights reserved.

データ

▼『真・三國無双7』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:PS3
■ジャンル:アクション
■発売日:2013年2月28日
■希望小売価格:7,200円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『真・三國無双7(トレジャーBOX)』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:PS3
■ジャンル:アクション
■発売日:2013年2月28日
■希望小売価格:12,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『真・三國無双7』ダウンロード版
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:PS3
■ジャンル:ACT
■発売日:2013年2月28日
■価格:6,600円(税込)

関連サイト

前へ 1 2 3 4

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。